2012年6月22日
アビアンカ-タカ航空およびコパ航空がスターアライアンスに加盟
〜ラテンアメリカにおけるネットワークを戦略的に拡大〜

2012年6月21日(パナマ・コロンビア時間)、アビアンカ-タカ航空とコパ航空はスターアライアンスに加盟いたしました。これにより、ラテンアメリカにおける就航空港が新規に50拡大いたしました。

「スターアライアンス社長会を代表して、アビアンカ-タカ航空とコパ航空のスターアライアンスへの加盟を歓迎いたします。これら品質の高い航空会社の加盟により、ラテンアメリカマーケットにおける我々のプレゼンスは、より強固なものになります。」とスター アライアンスCEOのマーク・シュワブは述べました。「アビアンカ-タカ航空とコパ航空と共に、中央アメリカにおける新たな5つのスターアライアンスのハブ空港を通じて、お客様に全米への乗継の利便性を提供することが可能となります。」

加盟航空会社でネットワークを形成するアライアンスだからこそ、グローバル化した今日の世界において、このような幅広い選択肢を提供することができます。アビアンカ-タカ航空とコパ航空はスターアライアンスの一員として、コパ航空のハブ空港であるパナマシティ(パナマ)とボゴタ(コロンビア)、そしてアビアンカ-タカ航空のハブ空港であるボゴタ(コロンビア)、サンサルバドル(エルサルバドル)、リマ(ペルー)、サンノゼ(コスタリカ)へのシームレスな乗継が中央アメリカ以外の地域から可能となります。

ネットワーク拡大に加えて、アビアンカ-タカ航空とコパ航空のお客様は、スターアライアンスのマイレージプログラムの特典を最大限活用することができます。アビアンカ-タカ航空の“the LifeMiles”とコパ航空の“Mileage Plus programme”のマイレージ会員でステータスの高いお客様は、スターアライアンスのゴールド会員向けの特典(無料手荷物許容量の優待、手荷物優先お受け取り、全世界990のラウンジ利用など)を利用することができます。その他の加盟航空会社のマイレージ会員も、アビアンカ-タカ航空とコパ航空のネットワークを利用する際、同様に特典を享受することが出来ます。

スターアライアンスは、ビジネスとレジャーで利用可能な運賃を更なるメリットとして提供することができます。両社共に地域で急速に規模拡大を実現しており、スターアライアンスの商品である“Corporate Plus”“Conventions Plus”、“Meetings Plus”を拡大するにあたって、理想的なマーケットであります。同時に、人気のスターアライアンス世界一周運賃を活用し、お客様はガラパコス諸島、クスコ、中央アメリカの大自然、カリブのリゾートビーチなどの新たな目的地に行くことができます。

アビアンカ-タカ航空のファビオ・ビリエガスCEOは「アビアンカ-タカ航空のグローバルアライアンスへの加盟は、我々の組織合併とサービス品質の向上の一里塚であります。世界のトップレベルの基準に合致した高品質なサービスを提供することができ、アビアンカ-タカ航空の17,000名以上の従業員は誇りに思っています。」と述べた。

コパ航空のペドロ・ハイルブロンCEOは「スターアライアンスへの加盟は、我が社にとって偉業であります。最大かつ一流のグローバルアライアンスに加盟でき、世界の注目をパナマ地峡に集めることができ、我々は誇りに思っています。」と述べた。「加えて、コパ航空は世界中のマイレージプログラムの会員に多くの特典を提供し、トキュメン空港を通じてラテンアメリカおよびわが国への渡航の選択肢をご用意します。

アビアンカ-タカ航空は150機以上の機材を保有し、世界中の100地点以上に就航しております。従業員は17,000名以上で、マイレージプログラムには300万人以上が加盟しています。アビアンカ-タカ航空は、ラテンアメリカの複数の小規模な航空会社が2009年10月に合併して、アメリカ大陸、カリブ諸島そして欧州へのネットワークを展開しています。

コパ航空とコパ航空コロンビアの持ち株会社であるコパ・ホールディングスは、29カ国、64都市に就航しています。近年、アエロ・リパブリカからコパ航空にブランド変更し、コロンビアでプレゼンスを高めております。コパ航空のハブ空港であるトキュメン国際空港(パナマシティ)はラテンアメリカを代表するハブ空港であり、カリブ諸島・中央アメリカ・南米へのネットワークを有しています。ユナイテッド・コンチネンタル航空との12年間におよぶ提携が、コパ航空のスターアライアンス加盟を促進しました。

本日より、スターアライアンスの加盟航空会社は27社となります。193カ国の1,356空港に21,500便/日が就航するネットワークとなりました。

アビアンカ-タカ航空について
アビアンカ-タカ航空は、ラテンアメリカを代表する民間航空会社であり、米国や欧州など100以上の就航地に運航しています。複数のハブ空港をボゴタ(コロンビア首都)、サンサルバドル(エルサルバドル首都)、リマ(ペルー首都)、サンノゼ(コスタリカ)に有しています。更に詳しい情報は、www.taca.comもしくはwww.avianca.comをご参照ください。

コパ・ホールディングスについて
コパ航空とコパ航空コロンビア(元エアロ・リパブリカ)の持ち株会社であるコパ・ホールディングスは、ラテンアメリカを代表する民間航空会社であり、旅客事業と貨物事業を展開しています。29カ国64就航地に就航し、トキュメン国際空港(パナマシティー)をハブ空港としています。更に詳しい情報は、www.copaair.comをご参照ください。

スターアライアンスについて:
スターアライアンスは、1997年に世界で初めての正式なグローバル航空会社連合として設立され、世界規模のネットワークとシームレスなサービスを提供しています。エア・トランスポート・ワールド誌のマーケットリーダーシップ賞、ビジネストラベラー誌およびスカイトラックスによるベスト・エアライン・アライアンス表彰など数多くの賞を受賞し、高い評価を得ています。現在の加盟航空会社は、アドリア航空、エーゲ航空、エアカナダ、中国国際航空、ニュージーランド航空、ANA、アシアナ航空、オーストリア航空、アビアンカ-タカ航空、ブルーワン航空、ブリティッシュ・ミッドランド航空、ブリュッセル航空、コパ航空、クロアチア航空、エジプト航空、エチオピア航空、LOTポーランド航空、ルフトハンザ・ドイツ航空、スカンジナビア航空、シンガポール航空、南アフリカ航空、スイス インターナショナル エアラインズ、TAM航空、TAPポルトガル航空、トルコ航空、タイ航空、ユナイテッド航空、USエアウェイズで、今後、エバー航空、深セン航空の加盟が合意されています。スター アライアンスネットワークは、計193カ国の1,356空港へ、毎日21,500便以上の便を運航しています。

 
報道関係者のお問い合わせ
 
AviancaTaca
Tel: +502-2279-5700
Tel: +502-2279-5600
Email: claudia.arenas@aviancataca.com
http://news.taca.com
 
Copa Holdings
Tel: +507-304-2672
Email: mmarcos@copaair.com
www.copaair.com
 
Star Alliance Press Office
Tel: +49 69 96375 183
Fax: +49 69 96375 683
Email: mediarelations@staralliance.com
www.staralliance.com
 
(印刷をされる方はこちらをご利用ください)
アビアンカ-タカ航空およびコパ航空がスターアライアンスに加盟
 

PDF形式ファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。Get ADOBE® READER®

ページトップへ戻る

Copyright©ANA