NEWS ANA

第12‐088号
2012年8月6日


羽田空港に空港業務全般を担うハンドリング会社設立
〜世界をリードする空港サービス品質、オペレーション品質を提供します〜

 全日本空輸株式会社(本社:東京都、社長:伊東信一郎)は、このたび、ANAの戦略的拠点空港である東京国際空港(通称:羽田空港)に、運航支援・旅客ハンドリングなど空港ハンドリング業務全般を行う「ANAエアポートサービス株式会社」を設立しました。

 羽田空港は、2014-15年度に計画されている首都圏空港容量の拡大に合わせ、利用されるお客様の増加が見込まれております。加えて航空自由化の更なる進展等航空業界は大きな転換期を迎えます。
 このような中で、ANAグループの2012-13年度経営戦略であるお客様視点を大切にした「アジアNO.1のクオリティと顧客満足」実現に向けて、その目標のひとつである“世界一の定時性品質を実現”すると共に、更なるコスト効率向上を目指し、このたび、羽田空港の運営機能を集約し、新会社を設立します。
 ANAグループのひとつとして一翼を担う新会社を設立することにより、空港運営に関わる責任・権限を明確化し、自律的な経営を行うことで、判断スピードの向上を実現し、「更なる品質向上」、「効率的な生産体制の確立」、「空港ハンドリング受託の収益性向上」、空港機能全体を俯瞰した全体最適に資する判断を行える「人財育成」を行います。
 新会社は、2013年4月より、ANA東京空港支店として行っている旅客ハンドリング業務と運航支援業務を担い、営業を開始いたします。2014年4月には、羽田空港のグランドハンドリング業務、航空機貨物取扱業務を行っているANAグループのANAエアポートハンドリング株式会社と経営統合し、ANAの戦略的拠点である羽田空港の空港業務を一元化し、世界をリードする空港サービス品質とオペレーション品質を提供してまいります。

 
 【機能強化イメージ図】
 
【新会社概要及び今後の予定】
1.新会社概要
(1)商号 ANAエアポートサービス株式会社(略称:ANAAS)
(英文名) ANA AIRPORT SERVICES Co.,Ltd.
(2)代表者 代表取締役社長 加藤 勝也
(全日本空輸株式会社 執行役員
オペレーション統括本部副本部長 兼 東京空港支店長)
(3)本店所在地 東京都大田区羽田空港
(4)設立日 2012年8月1日
(5)資本金 1,000万円
(6)出資比率 全日本空輸株式会社 80%、ANAエアポートハンドリング株式会社20%
(7)主な事業内容 旅客ハンドリング業務、運航支援業務
 
2.今後の予定
2013年4月 営業開始
2014年4月 ANAエアポートハンドリング株式会社と経営統合
  新会社の採用活動に関する詳細については、準備が整い次第、
以下のホームページにてお知らせする予定です。
【新会社ホームページアドレス : http://www.anaas.ana-g.com/
 
3.運営体制変更スキーム
 
 
以上
 
 
(印刷をされる方はこちらをご利用ください)
羽田空港に空港業務全般を担うハンドリング会社設立
 

PDF形式ファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。Get ADOBE® READER®

ページトップへ戻る

Copyright©ANA