2012年12月11日
(英国、ロンドン時間)
 
ヒースロー空港ターミナル2がスターアライアンスの新拠点に

ヒースロー空港においてスターアライアンス全加盟会社が
「一つ屋根の下」に集結します。

スターアライアンスは、世界有数の重要な国際空港であるヒースロー空港のターミナル2を、加盟会社の新たな拠点に指定すると本日発表しました。

スターアライアンスCEOのマーク・シュワブは「本日の決定より、加盟会社の顧客に対して新たな旅の体験を提供することが可能になったことに加え、ロンドンにおける効率性の高いハブ空港を運用できるようになり、非常に喜ばしく思います。私たちはヒースロー空港のコリン・マシュー氏のチームと共に、世界トップレベルのアライアンスターミナルの開業計画を数年間にわたり集中的に取り組んできましたが、今回、実施段階へと移行できることになりました。」 と述べています。

英国における貿易と観光産業の最重要ゲートウェイであるヒースロー空港にてスターアライアンスは、アライアンスグループとして第2の規模を有し、提供座席総数は21パーセントを超えています。

多くの革新的な特徴を備えた、真のアライアンスターミナルの創造に向けた方向性が明確になっております。最新のテクノロジーや、加盟会社間で統合された施設および整合性の取れたプロセスが、お客様の渡航体験の大幅改善に寄与していきます。さらに、スターアライアンスのすべての加盟会社がターミナル2に集結することで、フライト間の乗り継ぎ時間がこれまでの半分の最短45分に短縮され、これに伴い乗り継ぎが可能となる便数も31%増加いたします。

新しいターミナル2が2014年に開業した後、ヒースロー空港に乗り入れるスターアライアンスの加盟23社は現在のターミナルから段階的に移転することになります。

ヒースロー空港第2ターミナルのプロジェクトの詳細については、以下のWEBサイトをご参照願います。

http://www.heathrowairport.com/about-us/rebuilding-heathrow/heathrow's-new-terminal-2


スターアライアンスについて:
スターアライアンスは、1997年に世界で初めての正式なグローバル航空会社連合として設立され、世界規模のネットワークとシームレスなサービスを提供しています。エア・トランスポート・ワールド誌のマーケットリーダーシップ賞、ビジネストラベラー誌およびスカイトラックスによるベスト・エアライン・アライアンス表彰など数多くの賞を受賞し、高い評価を得ています。現在の加盟航空会社は、アドリア航空、エーゲ航空、エアカナダ、中国国際航空、ニュージーランド航空、ANA、アシアナ航空、オーストリア航空、アビアンカ-タカ航空、ブリュッセル航空、コパ航空、クロアチア航空、エジプト航空、エチオピア航空、LOTポーランド航空、ルフトハンザ・ドイツ航空、スカンジナビア航空、深圳航空、シンガポール航空、南アフリカ航空、スイス インターナショナル エアラインズ、TAM航空、TAPポルトガル航空、トルコ航空、タイ国際航空、ユナイテッド航空、USエアウェイズで、今後、エバー航空、の加盟が合意されています。スター アライアンスネットワークは、計194カ国の1,329空港へ、毎日21,900便以上の便を運航しています。

 
 
お問い合わせ先
Star Alliance Press Office
Tel: +49 69 96375 183
Fax: +49 69 96375 683
Email: mediarelations@staralliance.com
www.staralliance.com
 
 
(印刷をされる方はこちらをご利用ください)
ヒースロー空港ターミナル2がスターアライアンスの新拠点にヒースロー空港においてスターアライアンス全加盟会社が「一つ屋根の下」に集結します。
 

PDF形式ファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。Get ADOBE® READER®

ページトップへ戻る

Copyright©ANA