NEWS inspirationANA
 

第13‐040号
2013年5月29日


ANAグループ キャビンアテンダント・地上旅客係員
新ユニフォームのデザイナーを発表!

〜ANA史上初!外国人デザイナーを採用〜

 ANAグループは、昨年の創立60周年を契機とし、新たにユニフォームをリニューアルすることをすでに発表しておりますが、このたび、新ユニフォームのデザイナーをニューヨークの新進気鋭のデザイナー、プラバル・グルン氏に決定いたしました。グルン氏の手がけたデザインはこれまで数々の賞を受賞し、ミシェル・オバマ米国大統領夫人や英国キャサリン妃、レディー・ガガなど多くの一流セレブリティ達も愛用し、現在最も注目されているデザイナーです。

 今回デザイナーを選定するにあたり、まずグループユニフォーム導入会議を設置し、社員ならびにお客様対象のユニフォームイメージ調査の結果を参考に、新ユニフォームのコンセプトを設定しました。その後、ANAグループの新ユニフォームのコンセプトをいかに具現化できるかの検討を重ね、ANAグループ経営ビジョンである「世界のリーディングエアライングループ」に向けさらなるグローバル化に挑戦するANAの思いと合致した、世界で活躍するプラバル・グルン氏を採用することに決定いたしました。

 新ユニフォームは、ANAグループのキャビンアテンダントおよび地上旅客係員あわせて約1万人が着用予定です。新ユニフォームのデザインは、年内に改めて発表いたします。

 ANAグループは、ANAブランドを象徴するユニフォームをリニューアルすることにより、フルサービキャリアとしてさらに進化するANAをお客様に感じていただき、ますますお客様にご満足いただけるエアラインを目指してまいります。

 
1.新ユニフォームの基本コンセプト
  (1) 昨年創立60周年を迎え、グローバルな認知度向上に向け「挑戦」をキーワードに、お客様に「強く生まれ変わる」「進化する」「きらめく」ANAを感じていただけるものであること
  (2) お客様の心に寄り添い、「安心感」「信頼感」を感じていただけるものであること
  (3) お客様に「日本のホスピタリティ」を感じていただけるものであること

2.新ユニフォームの導入時期

  2014年下期を予定しております。

3.デザイナー紹介
  (1) プラバル・グルン(Prabal Gurung)
ニューヨークの新進気鋭デザイナーとして注目を集めるグルン氏は洗練されたデザインでこれまで数々の賞を受賞し、高い評価を受けている確かな実力と能力のもち主。彼が手がける独創的で優雅な服は、ミシェル・オバマ大統領夫人、英国キャサリン妃、レディー・ガガなど多くの一流セレブリティや一流ファッションジャーナリスト達が愛用し、現在最も注目されているデザイナー。
  (2) 経歴
1999年   ニューヨークに移住し、名門パーソンズ大学に在学中の「ダナ・キャラン」のインターンを経て、「シンシア・ローリー」のデザインチームに2年加わったあと、2004年に「ビル・ブラス」のデザイン・ディレクターに就任。
2009年   自身のコレクション「PRABAL GURUNG」を立ち上げ
2010年   CFDA(*)ヴォーグファッション基金準優勝
2011年   CFDA(*)新人賞にあたるスワロフスキー賞(ウィメンズウェア部門)受賞
株式会社オンワード樫山と契約。ICB NYチーフデザイナー就任。
2012年   セフォラ(SEPHORA)スタッフ・ユニフォームデザイン製作

(*) CFDA(Council of Fashion Designers of America)アメリカン・ファッション・デザイナーズ協議会。顕著な貢献をした人に送られる賞のことをいう。年一回毎年行われる別名、ファッション業界のオスカー賞ともいわれるほど有名な賞。

〜プラバル・グルン氏からのメッセージ〜
「めまぐるしい成長を遂げているアジア圏のなかで、ANAとパートナーになれることを大変光栄に思っています。ANAのスタッフと実際に交流する中で、彼らがお客様に対しどれだけ真剣に、より良いブランドやサービスを作ろうとしているか、真摯な姿勢がよく伝わってきました。自分にとってもとても良い経験となっています。自分のデザインがANAを通じて世界中の空を飛び回る日を、心から楽しみにしています。」
 
 
以上
 
 
(印刷をされる方はこちらをご利用ください)
ANAグループ キャビンアテンダント・地上旅客係員 新ユニフォームのデザイナーを発表!
 

PDF形式ファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。Get ADOBE® READER®

ページトップへ戻る

Copyright©ANA