2013年12月13日
(ウィーン)

   
スターアライアンスのブラジルにおけるプレゼンスにアビアンカブラジルが貢献
アビアンカブラジルがアビアンカ航空のメンバーシップに加わります

本日、ウィーンで行われた加盟各社CEOで構成される社長会(Chief Executive Board)において、アビアンカ航空のメンバーシップにアビアンカブラジルを含めることを満場一致で決定しました。この決定により、現在スターアライアンスメンバーであるTAM航空がLANチリ航空との合併によりスターアライアンスを脱退した後も、スターアライアンスのブラジル市場におけるプレゼンスの確立が可能となりました。

スターアライアンスのマーク・シュワブCEOは以下のように述べております。
「南米最大の経済圏を有し、航空市場においても南米の最重要国であるブラジルのネットワークにアビアンカブラジルを迎え入れることを大変うれしく思う。アビアンカブラジルはその規模を拡大しており、この決定によりアビアンカブラジルの国際市場における知名度を高めるだけでなく、我々が求めてきたこの市場における乗り継ぎネットワーク確立も可能となり、大変有益である。」

アビンカネットワークのジャーマン・エフロモビッチ会長は以下のようにコメントしております。
「今日は我が社にとって重要な一日である。スターアライアンスファミリーの一員になることは我々自身の発展にとって有益なことであり、今後スターアライアンスのお客様をお迎えすることを大変楽しみにしている」。

アビアンカブラジルとスターアライアンスはまず最初に、アビアンカブラジルのネットワーク拡張に共に取り組みます。これは主要ハブ空港であるサンパウロ(グアルーリョス国際空港)と、リオデジャネイロ(アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港)においてスムーズな乗り継ぎを可能にするためです。

スターアライアンス、アビアンカ航空とアビアンカブラジルは、2014年中にアビアンカブラジルをアライアンスネットワークに組み込むため、今後調整していきます。


スターアライアンスについて:
スターアライアンスは、1997年に世界で初めての正式なグローバル航空会社連合として設立され、世界規模のネットワークとシームレスなサービスを提供しています。エア・トランスポート・ワールド誌のマーケットリーダーシップ賞、ビジネストラベラー誌およびスカイトラックスによるベスト・エアライン・アライアンス表彰など数多くの賞を受賞し、高い評価を得ています。現在の加盟航空会社は、アドリア航空、エーゲ航空、エアカナダ、中国国際航空、ニュージーランド航空、ANA、アシアナ航空、オーストリア航空、アビアンカ-タカ航空、ブリュッセル航空、コパ航空、クロアチア航空、エジプト航空、エチオピア航空、エバー航空、LOTポーランド航空、ルフトハンザ・ドイツ航空、スカンジナビア航空、深圳航空、シンガポール航空、南アフリカ航空、スイス インターナショナル エアラインズ、TAM航空、TAPポルトガル航空、トルコ航空、タイ国際航空、ユナイテッド航空、USエアウェイズです。スターアライアンスネットワークは、計195カ国の1,328空港へ、毎日21,900便以上の便を運航しています。

 
 
Star Alliance Press Office
Tel: +49 69 96375 183
Fax: +49 69 96375 683
Email: mediarelations@staralliance.com
www.staralliance.com
Twitter : @staralliance
www.facebook.com/staralliance
 
 
(印刷をされる方はこちらをご利用ください)
スターアライアンスのブラジルにおけるプレゼンスにアビアンカブラジルが貢献
 

PDF形式ファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。Get ADOBE® READER®

ページトップへ戻る

Copyright©ANA