2014年9月3日

ANA、ルフトハンザ・カーゴが
日欧間での貨物共同事業について国土交通省のATI 認可を取得

~世界初、航空貨物共同事業がスタートします~

 本日、ANAと世界有数の航空貨物キャリアであるルフトハンザカーゴAG(以下 ルフトハンザ・カーゴ)は、日本=欧州路線での戦略的な航空貨物共同事業(ジョイントベンチャー)について、国土交通省よりATI(独占禁止法適用除外)認可を受けました。航空貨物における共同事業がATI認可を受けた世界初のケースとなります。申請は今年春に両社を代表してANAが国土交通省に対し行い、また欧州ではEU競争法の規定に基づき外部弁護士による事前の自主監査をすでに完了しています。

 ANAおよびルフトハンザカーゴは、日欧間に就航する便についての運航ダイヤ、運賃、営業、空港ハンドリングなどにおいて共同事業を展開するための準備をすすめてまいります。まずは第一弾として2014年冬季スケジュール中から日本発欧州向けで、続いて2015年中に欧州発日本向けで共同事業を開始することを目指し、今後数週間のうちに両社によって共同事業の契約書に調印をする予定です。

 本共同事業により、お客様により多くの便の選択肢と幅広いサービスオプションを提供することで、両社合同で国際航空貨物サービスの向上を図って参ります。特に両社の日欧間直行便および接続ネットワークの活用により、これまで以上にスピーディーかつフリークエントに、より多くの目的地向けの航空貨物サービスを提供することが可能となります。また、成田・中部・デユッセルドルフ・フランクフルト・ミュンヘン(計画中)などの主要空港における貨物上屋を統合することでワンストップのサービスの提供を目指してまいります。

 ANAグループとルフトハンザグループは、スターアライアンスパートナーとして既に旅客事業において共同事業を実施しておりますが、日欧線における貨物事業においても、今後ますますお客様の利便性向上と競争力の強化に努めてまいります。どうぞご期待ください。

 
 
 以 上
 
≪報道関係者のお問い合わせ先≫
ANA広報部 03-6735-1111
 
 

ANAについて

ANA(全日本空輸)は、営業収入で世界8番目(2013年)、また旅客数・貨物搭載量ともに日本最大の旅客機・貨物機を運航するコンビネーションキャリアです。1952年に設立され、国際線36都市、国内線51都市に就航し、と187路線で242機の航空機を運航しています。従業員数約14,000人が在籍し、2013年には4900万人の旅客と1,187千トンの貨物を輸送。1兆6,010億円の営業収入(連結ベ−ス)となりました。ANAは1999年以来、スターアライアンスの中核メンバーとして、太平洋路線におけるユナイテッド航空との旅客共同事業や欧州線におけるルフトハンザドイツ航空、オーストリア航空、スイス航空との共同事業を実施しています。2013年にはエア・トランス・ワールド誌による「エアライン・オブ・ザ・イヤー」を受賞したのに加え、英国SKYTRAX(スカイトラックス)社が運営するエアライン・スター・ランキングで2013年に引き続き、2014年も最高評価となる「5スター」を獲得いたしました。またボーイングの最新鋭機787型機のローンチ航空会社かつ最大機数を運航しています。2014年4月には、貨物事業における企画・マーケティング・販売計画・エアラインセールス・上屋ハンドリング・ソリューション等のグループ内事業を統合し一体的に運営する新たな事業会社である『株式会社 ANA Cargo』の営業を開始し、ANAグループの旅客便貨物スペースとともにボーイング767型機貨物機(10機)による沖縄ハブネットワークとアジア・中国域内貨物直行便の事業を支えています。



ルフトハンザカーゴAGについて

ルフトハンザカーゴは、世界有数の貨物航空会社にランクされており、2013年は貨物・郵便合計で重量は170万トン、約87億トンキロを輸送しました。現在全世界で約4600人の社員が在籍し、空港間を結ぶ航空貨物ビジネスをメインに、ルフトハンザカーゴの貨物専用機のスペースのみならず、ルフトハンザ・ドイツ航空ならびにオーストリア航空の旅客便貨物スペース、さらにはロード・フィーダー・サービス(トラック)ネットワークの販売もあわせ、約100カ国、300地点にもおよぶ目的地をカバーしています。貨物事業の大部分はフランクフルト国際空港に絡むルートで展開されています。ルフトハンザカーゴは、ドイツ ルフトハンザ グループの100%出資子会社です。

 
 
(印刷をされる方はこちらをご利用ください)
ANA、ルフトハンザ・カーゴが日欧間での貨物共同事業について国土交通省のATI 認可を取得 ~世界初、航空貨物共同事業がスタートします~

PDF形式ファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。Get ADOBE® READER®

ページトップへ戻る

Copyright©ANA