STAR ALLIANCE
   
ロンドン・ヒースロー空港第2ターミナル(クイーンズターミナル)が
エア・トランスポート・ワールドのAIRPORT OF THE YEARを受賞

2015年2月26日(アメリカ、ワシントンD.C.)−ロンドン・ヒースロー空港とスターアライアンスは、ヒースロー空港に共同で第2ターミナルをオープンした功績を称えられ、エア・トランスポート・ワールド(以下ATW)誌による第41回エアライン・インダストリー・アチーブメント・アワード(Airline Industry Achievement Awards) のワールズ・エアポート・オブ・ザ・イヤー(World’s Airport of the Year)を合同受賞しました。2月25日にワシントンD.C.にて、ロンドン・ヒースロー空港の航空事業開発部門長、アンディ・ガーナー氏および、スターアライアンスCEO、マーク・シュワブ氏がこの栄誉ある賞を受賞しました。

ATW編集長のカレン・ウォーカー氏は、「ロンドン・ヒースロー空港は、第2ターミナルの改装における優れた取り組みに加え、空港と航空会社が手を携えることに生まれる相乗効果を示し、際立った成果を収めました。ヒースロー空港とスターアライアンスが創り上げた素晴らしい施設は、あらゆる面で乗客に恩恵をもたらしています」と述べています。

今回の賞は、2014年6月4日にオープンした第2ターミナル「クイーンズ・ターミナル(The Queen’s Terminal)」に授与された最初の賞となります。この最先端の施設は、ヒースロー空港、スターアライアンスおよびスターアライアンス加盟航空会社が、世界有数の国際空港の1つであるヒースロー空港で、シームレスなハブを構築することを目的に共同で構想したものです。スペイン人建築家のルイス・ビダル氏が設計を手がけたシンプルで直感的なデザインは、明るく広々とした雰囲気を演出しています。この改装は、過去5年間に渡り合計110億ポンドを投じたヒースロー空港全体の改装事業の一環として、25億ポンドを費やし実施されました。

マーク・シュワブ氏は、「私たちは昨年6月ヒースロー空港にて、お客様、加盟航空会社、そして従業員にとっての新時代を切り拓きました。これまで寄せられた声を受け、お客様に上質な空の旅を提供するとともに、加盟航空会社には新たなビジネスを創出し、従業員にとってより良い環境を整えることができたと確信しています。空港とエアライン、アライアンスが、合同でATWの栄誉ある賞を受賞するのは今回が初めてのことであり、私たちの共同の取組みがこのような形で結実したことを嬉しく思います。」と述べています。

また、アンディ・ガーナー氏は次のように述べました。「念願の受賞を果たすことができ、とても光栄に思います。航空業界にとっても非常に貴重な栄誉です。今回の複雑なプロジェクトが成功裏に実現できたのは、180以上の組織、特にスターアライアンスとの強力な連携体制があってのことです。お客様にもご満足いただいており、当空港の顧客満足度評価においては、第2ターミナルが独立した空港であったならば欧州最高となるサービス品質スコアを獲得しました。ここまでの成果には大変誇りを持っており、この受賞によって世界最高の空港の仲間入りを果たすという目標に向けた一歩を踏み出すことができました。」

ヒースロー空港の1つのターミナルに集結して運航することにより、スターアライアンス加盟航空会社は、当空港を利用する年間1,200万人以上のお客様に乗り継ぎ時間の短縮を含め、さらに進化した空の旅を提供しています。

搭乗手続きカウンターは、特にスピードと効率性を重視して設計されています。航空会社はゾーンごとにグループ分けされていますが、搭乗手続きや荷物タグの印字には81の共用の自動チェックイン機がご利用可能であり、お客様はその後、手荷物を預けるためのデスクにお進みいただきます。
ファーストクラス、ビジネスクラスご利用のお客様や、スターアライアンスゴールド会員のお客様のために、フルサービスの従来型搭乗手続きカウンターもご用意しています。またこれらの会員のお客様は、保安検査場へと素早く進めるゴールドトラックのオプションをお選びいただくこともできます。
第2ターミナルのBサテライトにある12の搭乗口のうち、8つはセルフボーディングが可能で、お客様は航空券を機械に通すだけでご搭乗が可能です。

スターアライアンスゴールド会員などプレミアム会員のお客様には、3つのラウンジをご用意しています。これらのラウンジはメインターミナルとサテライトに設置され、ご利用になるお客様には搭乗口に近いエリアでおくつろぎいただけます。また今後数ヶ月のうちに、4つ目のラウンジがオープンする予定です。

ヒースロー空港に現在運航しているスターアライアンスメンバーは、エーゲ航空、エアカナダ、中国国際航空、エア・インディア*、ニュージーランド航空、ANA、アシアナ航空、オーストリア航空、アビアンカ-タカ航空、ブリュッセル航空、クロアチア航空、エジプト航空、エチオピア航空、エバー航空、LOTポーランド航空、ルフトハンザ・ドイツ航空、スカンジナビア航空、シンガポール航空、南アフリカ航空、スイス インターナショナル エアラインズ、TAPポルトガル航空、トルコ航空、タイ国際航空とユナイテッド航空です。これらスターアライアンス加盟各社では、1日に合計121便以上、26ヶ国47の目的地に就航しています。これらの便は193ヶ国1,321の空港へ毎日18,500便以上を運航するスターアライアンス全体へのネットワークの架け橋となっています。
* 現在はターミナル4から運航しています。


スターアライアンスについて
スターアライアンスは、1997年に世界で初めての正式なグローバル航空会社連合として設立され、世界規模のネットワークとシームレスなサービスを提供しています。エア・トランスポート・ワールド誌のマーケットリーダーシップ賞、ビジネストラベラー誌およびスカイトラックスによるベスト・エアライン・アライアンス表彰など数多くの賞を受賞し、高い評価を得ています。現在の加盟航空会社は、アドリア航空、エーゲ航空、エアカナダ、中国国際航空、エア・インディア、ニュージーランド航空、ANA、アシアナ航空、オーストリア航空、アビアンカ-タカ航空、ブリュッセル航空、コパ航空、クロアチア航空、エジプト航空、エチオピア航空、エバー航空、LOTポーランド航空、ルフトハンザ・ドイツ航空、スカンジナビア航空、深圳航空、シンガポール航空、南アフリカ航空、スイス インターナショナル エアラインズ、TAPポルトガル航空、トルコ航空、タイ国際航空、ユナイテッド航空です。アビアンカ航空グループのアビアンカブラジル航空は近くネットワークに加盟予定です。スターアライアンスネットワークは、計193カ国の1,321空港へ、毎日18,500便以上の便を運航しています。

 
 
お問い合わせ先
Star Alliance Press Office
Tel: +49 69 96375 183
Fax: +49 69 96375 683
Email: mediarelations@staralliance.com
www.staralliance.com
Twitter : @staralliance
www.facebook.com/staralliance

またはHeathrow press office: media_centre@heathrow.com or +44 208 745 7224
 
 
(印刷をされる方はこちらをご利用ください)
ロンドン・ヒースロー空港第2ターミナル(クイーンズターミナル)がエア・トランスポート・ワールドのAIRPORT OF THE YEARを受賞
 

PDF形式ファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。Get ADOBE® READER®

ページトップへ戻る

Copyright©ANA