NEWS ANA

第15‐029号
2015年6月26日


国際水泳連盟のオフィシャルパートナーに決定
~国際水泳連盟主催「世界水泳選手権大会」および「世界短水路選手権大会」
のオフィシャルパートナーとして協賛~

 ANAは、2015年から2018年の4年間、国際水泳連盟(以下、FINA)が主催する「世界水泳選手権大会」および「世界短水路選手権大会」にオフィシャルパートナーとして協賛することを決定いたしました。

 ANAは、2004年より日本水泳連盟のスポンサーとして競泳チームをサポートするとともに、公益財団法人日本オリンピック委員会が実施するトップアスリート就職支援ナビゲーション「アスナビ」を通じて、競泳選手を採用するなど、日本における水泳競技の発展・強化に深く関わってまいりました。このたび東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、「東京2020」)を見据え、同大会において中核をなす競技である水泳等に対するサポートを強化することが、東京2020の成功にも寄与すると考え、本協賛を決定いたしました。

 世界水泳選手権大会は、世界の約180の国と地域から2,000人を超えるトップ選手が出場し、競泳をはじめとし飛込・水球等の75種目が開催される、世界的にも大きな注目を集めるスポーツイベントの一つとなっております。

 ANAは、国際線を成長の柱として、現在、積極的に国際線ネットワークの拡充を推進しておりますが、この世界的にも大きく注目される「世界水泳選手権大会」等に協賛することにより、ANAの海外での認知度向上およびブランド価値向上にも寄与すると考えております。

 東京2020オフィシャルエアラインパートナーでもあるANAは、スポーツが多くの人々に夢や希望、勇気を与え、活力ある社会の実現と国際社会の平和に寄与すると信じ、今後も東京2020の盛り上げと成功に向けて、各種スポーツを応援してまいります。

 
以上
 
 
<参 考>
1. 国際水泳連盟(FINA)概要
  名 称:国際水泳連盟(FINA:FEDERATION INTERNATIONALE DE NATATION)
  設 立 年:1908年
  所 在 地:スイス ローザンヌ
  主要競技:競泳、水球、シンクロナイズドスイミング、飛び込み、遠泳、 高飛び込み
  加盟国数:世界208カ国(国と地域)
  会長:Dr.Julio C.Maglione(URUGUAY)
 
2. 契約期間内の選手権開催国
  (1)FINA世界選手権大会
   ①2015年7月24日~8月9日 :ロシア カザン
   ②2017年7月~8月の間 :ハンガリー ブタペスト
  (2)FINA世界短水路選手権大会
   ①2016年12月7日~11日 :カナダ ウィンザー
   ②2018年12月 :中国 杭州
  ※開催地は変更する可能性ございます。
 
3. 主な協賛権利
  (1)エアラインカテゴリーにおける独占的マーケティング権
  (2)「企業ロゴ(ANA)」の掲出
   ・会場看板(プールサイド、バックボード、インタビュー背景など)
  (3)ANAが制作する印刷物や商品へのFINA公式マーク使用等の権利
  (4)大会関係者、選手、一般来場者へのPR活動
 
 
(印刷をされる方はこちらをご利用ください)
国際水泳連盟のオフィシャルパートナーに決定
 

PDF形式ファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。Get ADOBE® READER®

ページトップへ戻る

Copyright©ANA