NEWS ANA

第15‐039号
2015年7月27日


ヒューストン空港における「I to I Program」の開始について
~ 全てのユナイテッド航空国際線との乗り継ぎにおいて、
ヒューストン空港での手荷物の引き取りが不要に! ~
~ 本邦航空会社として初めて、米国当局より適用が認められました! ~

 ANAは今年6月、成田より、米国南部・中南米のゲートウェイである米国のヒューストンに就航しましたが、この度、ヒューストン空港におけるユナイテッド航空の国際線との乗り継ぎに関して、米国国土安全保障省 税関・国境取締局(CBP)から、本邦航空会社として初めて「 to Program(International−to−International Baggage Program)」の適用が認可されました。

 これに伴い、ヒューストン空港においてANA174便から全てのユナイテッド航空の国際線にお乗り継ぎされるお客様、並びに全てのユナイテッド航空の国際線からANA173便にお乗り継ぎされるお客様は、同空港で一旦お手荷物を引き取る必要がなくなり、最終目的地まで預ける「スルーバゲージ」が可能となります。ヒューストン空港はジョイントベンチャー・パートナーであるユナイテッド航空がハブ空港としており、メキシコをはじめ中南米諸国に充実した国際線ネットワークを展開していますが、「 to Program」の適用により、これらユナイテッド航空国際線との乗り継ぎが非常に便利になります。

 また、ヒューストン空港以遠では、メキシコをはじめ中南米へユナイテッド航空とのコードシェア便をご利用頂けますが、ユナイテッド航空と乗り継ぎ利便性向上のための調整を行い、2015年ウィンターダイヤでは、2時間以内にお乗り継ぎできるメキシコ国内へのコードシェア便が2都市から7都市へと拡大いたします。「 to Program」の適用も含め、ヒューストン空港においてさらにスムーズなお乗り継ぎが可能となり、日本各地から中南米への渡航がたいへん便利になります。

 「 to Program」の詳細、並びにコードシェア便の詳細は以下のとおりです。

 ANAでは、引き続き、皆様に便利にご利用頂ける航空ネットワークの拡充に努めてまいります。ますます便利になるANAを是非ご利用ください。

 
1.「 to Program」の詳細について


 
 
2.ユナイテッド航空とのコードシェア便について

 ヒューストン空港以遠における、中南米へのユナイテッド航空国際線とのコードシェア便は以下の通りです。
 このうち、メキシコ国内7都市へのコードシェア便については、2015年ウィンターダイヤ(2015年10月25日~)において、2時間以内にお乗り継ぎができるようになります。
(*) メキシコシティ、アグアスカリエンテスにつきましては、2時間以内に乗り継ぎいただけるのは復路(日本着)のみとなります。
(*) 一部除外期間がございます。詳細スケジュールは、ホームページ等でご確認ください。
(*) カンクン、モンテレイの2都市につきましては、2015年サマーダイヤ(~2015年10月24日)においても、往復ともに2時間以内のお乗り継ぎが可能です。


 
 
以上
 
 
(印刷をされる方はこちらをご利用ください)
ヒューストン空港における「I to I Program」の開始について
 

PDF形式ファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。Get ADOBE® READER®

ページトップへ戻る

Copyright©ANA