NEWS ANA

第15‐073号
2015年10月14日


羽田=上海線の増便について
~ 中国における春節前の2016年2月1日より、羽田=上海(浦東)線を増便します! ~
~ 羽田と成田を合わせて、東京~上海間は1日6往復を運航します! ~

 ANAは、今年5月の日中両国における政府間協議の合意を踏まえ、来年2月1日(月)より羽田=上海線を増便することを決定いたしました。

 ANAは、2014年春の羽田空港の発着枠拡大を契機に、羽田は国際線と国内線の乗り継ぎ拠点空港として、成田は主に北米~アジア間の国際線乗り継ぎ拠点空港としてそれぞれネットワークを強化し、「首都圏デュアルハブモデル」を強化してまいりました。

 現在、1日1往復で運航している羽田=上海線は、2015年ウィンターダイヤ(今年10月25日~)からは1日2往復に増便することを決定していますが(*)、中国の春節前の来年2月1日より新たに深夜早朝便を運航し、1日3往復に増便いたします。既存の「羽田 朝発・夕方着」、10月より運航を開始する「羽田 夕方発・昼着」に加え、来年2月からは「羽田 夜発・早朝着」の運航を開始することにより、ダイヤの選択肢がさらに拡充します。なお、成田=上海線と合わせ東京~上海間は本邦航空会社として最大の1日6往復を運航することとなり、2都市間の渡航利便性が大きく向上します。
(*)詳細はANA NEWS第15−045号(2015年8月4日付)をご参照ください。

 新たに運航する深夜早朝便ダイヤでは、中国から訪日されるお客様も日本での滞在時間を長く設定できることに加え、羽田において豊富なANA国内線ネットワークと乗り継ぐことにより、日本各地へと足を運びやすくなります。また、首都圏のみならず、国内各地からの中国へのご出張・ご旅行もますます便利になります。

 運航ダイヤ等の詳細は以下のとおりです。航空券の予約・販売は明日10月15日より開始いたします。

 なお、成田=成都線につきましては、2015年ウィンターダイヤ期間中は減便により4往復/週の運航となります。

 ANAでは、引き続き、お客様に便利にご利用頂ける航空ネットワークの拡充に努めてまいります。ますます便利になるANAを是非ご利用ください。
※これらの計画は、関係当局への申請・認可を前提としております。



※1 増便の上海発便は2月2日からの運航となります。
※2 変更前は虹橋空港、浦東空港発着便を各7往復/週運航していますが、浦東空港発着便を14往復/週に増便いたします。
 
■羽田=上海線 増便ダイヤ


※ 当日の運航状況により、運航機材が変更となる場合がございます。
 
【参考】 2015年ウィンターダイヤにおける羽田=上海線の運航ダイヤ


※ NH971は10月25日から、NH972は10月26日から運航します。
※ NH967は来年2月1日から、NH968は来年2月2日から運航します。
※ NH969・NH970は虹橋空港発着便、NH971・NH972およびNH967・968は浦東空港発着便です。
 
【参考】 2015年ウィンターダイヤにおける成田=上海線の運航ダイヤ


※ 全ての便は浦東空港発着便です。
 
 
以上

(印刷をされる方はこちらをご利用ください)
羽田=上海線の増便について
 

PDF形式ファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。Get ADOBE® READER®

ページトップへ戻る

Copyright©ANA