最新鋭機  ボーイング787-9 TAKE OFF!

ANAでは日本で初めてボーイング787-9 型機を受領しました。この機体は7月28日(日本時間29日)にアメリカ・ワシントン州エバレットを出発し、翌29日夜に日本に到着しました。すでに運航している787-8型機と同様、新たなテクノロジーの採用により、客室内湿度、耳への気圧負担感、窓の大きさなど、これまでにない機内快適性を実現しています。

787-8 型機との違い

2機種の、わかりやすい違いとしては、2つ目のドアの前に、787-9型機にはワンブロック分窓が多いのが特徴 787-8型 787-9型 2機種の、わかりやすい違いとしては、2つ目のドアの前に、787-9型機にはワンブロック分窓が多いのが特徴
787-9 型機は、787-8 型機の胴体を延長したモデルで、少し細長くスラリとした印象

スペック

シート

最新鋭の787-9 型機は8月以降、国内線での運航を開始。来年度は国際線へも導入される予定です