運命を受け入れ、力に変える
王者の魂

4年に1度の国際大会が韓国ピョンチャンで開催される2018年2月は2017-2018シーズン中のため、大舞台へ出場し表彰台を狙う選手にとって、今季はプレシーズンとして大事な一年を迎えたことになる。
フィギュアスケート男子シングル界を牽引し続けるトップスケーター、羽生結弦。昨季は左足甲のじん帯損傷というダメージを負ってシーズンを終え、治療とリハビリを経て氷上練習が再開できるようになったのは、6月中旬。例年であれば、春に短いオフを過ごしたのち、すぐに新プログラムの作成に取りかかり、夏場には9月10月から世界各国で行われる大会に向けてブラッシュアップしているに違いない。8月下旬の取材日、羽生選手は晴やかな表情でカメラの前に立ち、試合後の会見同様、滑らかに話し始めた。
「まだあまり詰めた練習はできていませんが、焦りはありません。プレシーズンですし、(ジャンプなど)難易度の高い技も磨きをかけて、完成させていきたいと思っているので、今季もテーマは『挑戦』です。氷上練習を始めた当初、左足に負担の少ないルッツやループを数多く跳んでいました。4回転ルッツに挑戦してみたい気持ちは少しありますが、プログラムに入れることは現段階では現実的ではないですね」

新技への取り組みやエレメンツのレベルアップなどを冷静に分析しながら、気負いを感じさせることもなく話す羽生選手だが、未曾有の大震災を経験しながらも日本人男子初の金メダリストに輝いた以降も、決して平坦な道を歩んではいなかった。激しい練習により身体が悲鳴を上げた時期があったり、2種類の4回転を跳ぶプログラムにチャレンジしたり、自身で叩きだした世界最高点を自らで破るなど、いくつもの壁を乗り越えながらさまざまな挑戦を重ねて成果を挙げてきた。それは王者の座にあぐらをかかず、己に起きたことをまっすぐに受け止め、思考し、より高みを目指して真摯に努力できる彼だからこそ、何事にも揺らぐことがないのだろう。事実、取材から40日後のシーズン初戦――ISU公認の国際大会で史上初となる4回転ループを成功させ、またひとつ壁をクリアしてみせた。

Back Number