福岡県 久留米市 Kurume,Fukuoka ANA FURUSATO Payment of taxes

久留米の山と川、そして親子二代の熱意が育む絶品の巨峰

筑後地方の中心都市として賑わう久留米市は、豊かな自然に囲まれた暮らしやすい土地だ。自慢のひとつは、なんといってもグルメ。久留米ラーメン? いやいや、実は果物も絶品! なかでも驚きのおいしさは巨峰だ。さすが開植の地と誰もが驚く、とんでもない味わいとは?
SCROLL
イメージ
池尻農園 池尻 和守さん

「栄養周期栽培」という特別な農法で渋みのまったくない巨峰が誕生!

江戸時代には21万石の城下町として名を馳せ、明治以降は筑後地方の商業の中心地として栄えた福岡県久留米市。久留米ラーメンに久留米やきとり、筑後うどんなどB級グルメのまちとして全国に知られるが、実は福岡県最大の農業都市でもある。とりわけ評価が高いのが果物だ。とくに田主丸地区は巨峰栽培発祥の地としても知られている。

「作物の成長ペースに合わせて肥料を調整する『栄養周期栽培』という農法を取り入れているんです。糖度と栄養価が高く、本当に美味しいんですよ」

イメージ

池尻農園の代表、池尻和守さんは語る。実がパンパンに詰まった果皮から、プルンとした果肉を頬張ると、巨峰の果汁が口いっぱいに弾けて広がる。爽やかな甘さに笑みがこぼれてしまう。そして驚くのが、渋みがまったくないことだ。

「これが特徴なんです。現在は主に百貨店に卸しているんだけど、全国にファンがいますよ」

イメージ
池尻農園 池尻 和博さん

農業を盛り上げて後継者に託したい。制度を通して、地域の発展を期待

訪れたのは蝉が鳴く7月の暑い日。雄大な耳納連山を望む農場では、鈴なりの巨峰たちがお盆シーズンの出荷を今か今かと待っている。ふるさと納税の返礼品も、この翌日には出荷されるとか。

「地域を盛り立てようと、楽しい農業をして後継者を残そうという気持ちがあってね。おいしい付加価値を付けて販売をするのが私らの役目。農業を盛り上げて、後継者も増やしていきたいですね。こうやって息子が後を継いでくれていますが」

イメージ

傍らには2代目の和博さん。親子で汗を流すのだ。

「親父の言う通り、日本で初めて巨峰の栽培に成功し、その後にシャインマスカットやピオーネ、ロザリオなど多品目が栽培されています。ふるさと納税をきっかけに久留米に来ていただいて、観光も楽しんでほしいですね。ふるさと納税から地域の発展につながるなら、本当に嬉しいですよ」

イメージ
久留米市総務部 箔谷 恵さん

ふるさと納税は、住民も知らない魅力を気づかせてくれる

「生産者さんとお話しする機会が増えて、改めて久留米の魅力に気づきました」

こう語るのはこの4月からふるさと納税の担当となった久留米市総務部の箔谷恵さん。ひとりの市民として考え方も大きく変わったという。

「自分たちの地元にどんないいものがあるのか、調べる機会になりました。実際に住んで仕事をしていても、意外と知らないことは多いんですよね。たとえば伝統工芸の久留米絣や籃胎漆器など、携わる人の熱意や創意をあらためて感じられるようになりました」

イメージ

箔谷さん、「いい街なんですよ」と胸を張る。

「久留米はお医者さんが人口に対して、全国比でも極めて高いんです。病院が多く、妊娠されてもどこで産むか、産婦人科を選べるくらい。鉄道や高速道路のクロスポイントにも近くどこに行くにも本当に便利ですよ。豊かな自然の安らぎと、都市の快適さが両方感じられる街です」

聞けば、都会に出て行った若者が久留米市に戻って腰を据えて生活をするケースも多いのだとか。