快適で安全な空旅のために

家族の一員である大切なペットをお預かりするにあたり、ご確認いただきたいことがあります。
ANAではペットが快適に過ごせるよう十分配慮いたしますが、 慣れない環境はペットの健康状態にさまざまな影響を与える可能性がございます。 ペットをお預けいただく前に、以下の点についてご確認をお願いいたします。

健康状態は良好ですか?

下記のいずれかに該当する場合、ストレスや気温の変化の影響を受けやすく体調を崩すおそれがありますので、事前に獣医師にご相談されることをおすすめいたします。

  • ・ 長時間、飼い主と離れることに慣れていない
  • ・ 長時間、ペットケージに入ることに慣れていない
  • ・ 生後4ヵ月以内の若齢、もしくは老齢である
  • ・ 心臓疾患や呼吸疾患がある
  • ・ 短頭犬種(※)である
  • ※ 毎年6月1日~9月30日は、他の犬種と比較して高温に弱く、熱中症や呼吸困難を引き起こすおそれのある 「短頭犬種」のお預かりを中止させていただいております。
    上記期間以外でも、気温が高い日のお預けには十分にご留意ください。

お預かりを中止している短頭種犬

ブルドッグ、フレンチ・ブルドッグ、ボクサー、シーズー、ボストン・テリア、ブル・テリア、キングチャールズ・スパニエル、チベタン・スパニエル、ブリュッセル・グリフォン、チャウチャウ、パグ、チン、ペキニーズ

ペットの輸送環境についてご確認ください

チェックイン後、ペットはご搭乗時刻まで空調の効いた場所でお預かりし、航空機の貨物室(バルクカーゴルーム)に慎重にお乗せいたします。室内環境は以下のとおりです。

【照明】
飛行中は照明が消え、暗室となります。

【湿度・温度】
空調機にて温度や湿度を管理しておりますが、外気温などの影響により客室とは環境が異なる場合がございます。 特に夏場は気温や反射熱の影響を受けて高温になることも考えられます。
また、航空機への移動、乗り降りは屋外となるため、夏場や冬場は温度・湿度に大きな変化が生じる場合がございます。

【音】
離着陸時や飛行中は、機械操作音や風切り音がします。
また、航空機への乗り降りの際には、航空機や地上車両の音が聞こえます。

ご留意ください

日常生活とは異なる輸送環境においては、お預かりしたペットの体に変調をきたし、衰弱もしくは死傷するなど、不測の事態が生じる場合がございます。

熱中症予防、ストレス対策のために

ペットの体調が悪くなってしまう主な原因は、不安感からくるストレスと気温の上昇といわれます。ペットたちが機内で快適に過ごせるよう、ご配慮ください。

【給水器(ノズル式)の設置】
ペットの熱中症や脱水症状を予防するため、また興奮状態を落ち着かせるためにも、給水器(ノズル式)を取り付けることをおすすめいたします。

  • ※ 給水器は水漏れのないようしっかりフタを締め、ケージに固定してください。
  • ※ お預けいただける給水器はノズル式のものに限ります。受け皿タイプの給水器は、水がこぼれる恐れがあるためお預かりできません。

【暑さ・寒さ対策について】

  • ・夏場はクールマットや保冷剤などの冷却グッズ、冬場は毛布やペット用カイロをご用意いただくなど、暑さ・寒さ対策へのご協力をお願いいたします。
  • ・室内で飼育されている犬や猫などはアンダーコート(下毛)が多いケースもございますので、夏季期間のご旅行の際には下毛のお手入れをおすすめいたします。

[国内線をご利用のお客様へ]
ANAでは、夏季期間(6月1日~9月30日)にペットケージに保冷剤を取り付けるサービスを行っております。
ご希望のお客様は係員までお申しつけください。