ロンドンにおける航空保安の強化について
 
 
 
平素よりANA便をご利用いただき、誠にありがとうございます。

イギリス当局の要請を受け、ロンドン・ヒースロー空港ご出発の際の機内持ち込み手荷物が以下の通り制限されております。
(11月5日ご出発分まで適用。11月6日以降ご出発のお客様はこちらをご確認ください。)

●対象便
英国内の空港を出発する全便(国際線、国内線とも)
※ロンドン・ヒースロー到着後、お乗り継ぎのあるお客様も同様となります。

●機内持ち込み手荷物の制限
機内に持ち込み可能な手荷物は、お一人様1個のみとなります。
手荷物は3辺の大きさが56cm×45cm×25cm以内(車輪、ハンドル、ポケットなどの付属物も含む)のものとなります。
ただし、航空会社が規定する寸法がそれより小さい(短い)場合は、各社の規定が適用となります。ANA202便(ロンドン−東京)につきましては、3辺の和が115cm以内で、それぞれの辺は55cm×40cm×23cm以内、重さは10kgまでのものとなります。
なお、上記範囲内の手荷物を複数お持ちになる場合は、それらをひとつにまとめていただきます。
楽器につきましては、2個目の機内持ち込み手荷物として認められます。ただし、箱・袋などから取り出して手荷物検査を受けていただく必要があります。

原則として全ての変量する化粧品および日常生活品を機内にお持ち込みいただくことはできません。

例) 石鹸、クリーム類、歯磨き粉、ヘアスプレーおよびその他のエアゾール製品、防臭剤、日焼け止め製品類、瓶入りのコンタクトレンズ保存液など

固形化粧品の持ち込みが可能になりましたが、液体やクリーム状化粧品などは引き続きお持ち込みいただけません。
喫煙用のライターも機内にはお持ち込みいただけません。

例外として、以下の物品は機内への持ち込みができます。
 
同伴する幼児・小児のミルクならびに容器に入った離乳食
機内にて必要とされるインスリンなどの薬
処方された50mlまたは50mgまでの液体の薬品
機内で必要な女性用衛生用品(タンポン、ナプキンなど)
使い捨てコンタクトレンズ(未開封でかつ飛行中の必要分)
コンタクトレンズケース入りのコンタクトレンズ保存液
変量しない化粧品および日常生活品(くし、コットン類、歯ブラシなど)

免税品につきましては、制限区域内(日本国内/機内販売を含む)で購入された物品であり、それを証明するレシートを所持されている場合には、 液体類も含めて機内持ち込みが可能です。
(米国行きは除く。レシートは日本語の記載でも可)


保安検査前にお求めになりました飲み物を含む液体類、ジャム・ヨーグルトなどを 含むジェル状の食品を所持して保安検査場は通過できません。 英国発米国行きを除き、保安検査通過後搭乗口付近でお求め頂いた液体類、ジェル 状食品については機内持ち込みが可能です。

なお、英国発便にご搭乗になるすべてのお客様に、Xレイによる靴の検査を実施させて頂きます。
引き続き、空港にはお早めにお越し頂きますよう、お願い申し上げます。
成田空港のチェックインカウンターが変更となりました。
成田空港発ロンドン行き(午前便のみ)を、エコノミークラスでご利用のお客様は、 自動チェックイン機はご利用いただけません。Hゾーンの有人カウンターをご利用ください。


お客様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

11月6日ご出発分から
 
 
2006年9月22日
全日本空輸株式会社