国内旅行(ツアー)の予約ならANA SKY WEB TOUR

トップへ戻る


CaptainからのRoute Information パイロットしか知らない、空の旅の見どころを航路毎に紹介いたします。vol.52 東京-徳島線




ルートの見どころ - The highlight of a route 出発から到着まで - From departure to arrival フライト豆知識 - Flight knowledge
※掲載されている写真は、同乗スタッフが撮影したものです。
vol.52 東京-徳島線

ルートマップ
このたびはANA東京-徳島便をご利用いただき、誠にありがとうございます。

この路線は約7年の運休期間を経て、2010年10月に再就航した路線です。
短いフライトですが、どうぞごゆっくりとANAの空の旅をお楽しみください。
今月のご案内役 ボーイング737 機長 白壁弘次
皆様こんにちは。ボーイング737機長の白壁です。
現在東京-徳島線に就航している737-800型機のコックピットには「Head Up Display」と呼ばれるシステムが搭載されています。 このシステムは、操縦士の目の前にある特殊なガラス板に主要な計器を表示させることができるため、滑走路などの外の景色を見たまま、 ほぼ視線を動かさずに計器を同時に見ることができる、旅客機としては珍しい最新のシステムです。

それでは皆様をこの飛行機で、阿波踊りのまち・自然豊かな徳島へとご案内いたします!
ルートの見どころ - The hightlight of a route
離陸・上昇

空港近辺が北風の時には2010年10月に供用が開始された4本目の滑走路(通称Dランウェイ。羽田の4本の滑走路にはA〜Dの通称がつけられています。)から離陸します。 Dランウェイの一部とそこに接続する誘導路は埋め立てではなく桟橋構造になっており、滑走路手前の誘導路を渡っている際に外を見ていただくとその様子がご覧になれるでしょう。

離陸後、東京湾上空を旋回しながら進路を西に向け上昇します。 しばらくすると右手には富士山、左手には伊豆半島およびその先に点在する伊豆諸島がご覧になれます。 標準の巡航高度は28000フィート(約8500m)ですが、冬場で西風が強い場合や上空に強い揺れが予想される場合にはさらに低い高度を飛行することもあり、 その場合は富士山の雄大な姿をより間近に見ることができます。


 


南アルプス
巡航

離陸後15分前後で巡航に入ります。左手には御前崎や浜名湖、右手には南・中央アルプスの山々を見ながらご搭乗機は西へと進み、伊勢湾上空へさしかかったころ目的地へ向け降下を開始します。

徳島空港近辺は関西空港や神戸空港があり、また非常に交通量の多い空域ですので、通常は管制官から早めに高度を下ろすよう指示されます。 巡航時間が比較的短くなるため、コックピットでの着陸の準備も早めに行っています。

進入・着陸

紀伊半島を横切りながら高度を下げ、いよいよ徳島への最終進入の開始です。着陸前には右手に淡路島や「渦潮」で有名な鳴門海峡もご覧になれます。 残念ながら渦潮が見られるほど近くは飛行しませんので、着陸後にぜひ鳴門の渦潮観光へお出かけ下さい。


鳴門海峡

徳島からのB737-800出発機

また、空港近辺が東風の場合には一旦空港の西側に回り込み着陸しますが、その際には徳島市街の先に映画でも有名になった徳島市のシンボル「眉山(びざん)」がご覧になれます。

パイロットのおすすめ情報
徳島駅前にある濃厚な豚骨スープが特徴の
「徳島ラーメン」のお店です。

昼時には外で待つこともある人気店です。
是非、徳島へお出での際はご賞味ください。
徳島を楽しむなら「旅作」で!

徳島へのご旅行は、フライト・ホテルが自由に組み合わせられる「旅作」をオススメします!



『徳島ラーメン 麺王』 (徳島駅前本店)
徳島市寺島本町東3-4旭ビル1F
TEL:088-623-4116
営業時間/11:00〜24:00 定休日/年中無休
ANAの旅作 新しい旅行スタイル
国内旅作についての詳細はこちら>>