国内旅行(ツアー)の予約ならANA SKY WEB TOUR

トップへ戻る


CaptainからのRoute Information パイロットしか知らない、空の旅の見どころを航路毎に紹介いたします。vol.58 那覇→名古屋(中部)線




ルートの見どころ - The highlight of a route 出発から到着まで - From departure to arrival フライト豆知識 - Flight knowledge
※掲載されている写真は、同乗スタッフが撮影したものです。
vol.58 那覇→名古屋(中部)線

ルートマップ
このたびは、那覇-中部便をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
それではさっそく、南の島沖縄を旅立ち、太平洋上、四国の南沖、紀伊半島を経て中部セントレア空港に至るまでをご案内いたします。
今月のご案内役 エアバスA320型機 副操縦士 杉山正史
エアバスA320型機、副操縦士の杉山正史です。
B737型機を4年乗務した後、A320型機へ移り1年が経ちました。 B737はアメリカ製で、今回皆様にご搭乗いただくA320はヨーロッパ製です。
その設計思想は非常に良くできており、お客様からはもちろん、我々パイロットや客室乗務員からも人気が非常に高い飛行機です。 エアバスファミリー(A330, A340, A350. A380)のコックピットもA320を基に設計され、親和性が非常に良いようです。
では、そんなA320型機に乗りこみ、白い雲を一瞬で抜け出て、目の前に広がる一面の青空を是非お楽しみください。
ルートの見どころ - The hightlight of a route
離陸

那覇を出発する便の特徴は、日焼けしたお客様がたくさんいらっしゃることです。 コックピットからボーディングブリッジ上を歩くお客様を見ながら、きっと大切な思い出を作って来られたのだろうな、と想像しています。

那覇空港周辺は、民間機、自衛隊機、そして米軍機が狭い空域の中で複雑に飛び交っています。離陸する我々の便も決して例外ではなく、時には滑走路直前で離陸を待機するよう指示を受けることもあります。
また離陸後すぐ、ほぼ東京タワーと同じ高度で水平飛行を指示され、我々のすぐ上空を米軍機が飛び越えて普天間基地や嘉手納基地へ飛行することも多々あります。
333mほどの低高度ですから左右の窓からは見とれてしまうほどの綺麗な海がご覧になれます。せっかくですので、再度上昇飛行に移るまで、外の景色をお楽しみください。


沖縄の海


A320

ところで海面近くを飛ぶ飛行機の「お腹」をご覧になったことはありますか?

沖縄のエメラルドグリーン色の海が反射し、下から見ると飛行機の「お腹」が青く映るのです。 那覇空港近辺を散策された際には是非、飛行機の迫力だけでなく、「お腹」の色も探ってみてください。


上昇

沖縄地方は亜熱帯地方に属し、夏は台風の通り道でもあります。 発達した入道雲の隙間から、皆様が沖縄で過ごされた場所が機内から見えるかと思います。

青い空と白い雲。その美しいコントラストに見とれながらも、コックピットではお客様が快適に過ごせるよう上昇中も細心の注意を払っています。 乱気流を伴う積乱雲に入らぬようレーダーを駆使し発達域を避けて飛行したり、上昇率を調整しながら揺れる雲を避けて上昇します。
大きな揺れが予想される高度を越えると一安心、シートベルトサインを消灯し、皆様へのサービスが客室乗務員より開始されます。


入道雲


巡航
巡航

与論島、沖永良部島、徳之島、奄美大島と徐々に面積が大きくなる島々を離れると、中部空港へ向けて北東へ旋回し、しばらく太平洋上の飛行になります。 この路線は本州から南へ遠く離れた洋上を飛行する為、左手に日本列島を遠くに見ながらの飛行になります。

以前種子島宇宙センターから日本のロケットが発射される日に乗務し、ちょうどその時刻あたりに通過しました。 飛行機雲(ロケット雲?)が青い空を背景に綺麗に見え、宇宙は意外と近いところにあると実感しました。 その宇宙センターがある種子島や、四国最南端の足摺岬などの南を飛行し、紀伊半島へ向けて旋回をします。

この飛行経路は梅雨や台風の時期は前線や積乱雲が存在する場所です。 ロケットだったらこのような雲は飛び越えて行けるのですが、コックピットでは揺れの少ない経路、高度を絶えず選びながら注意を払って飛んでいます。


降下・着陸

四国の室戸岬の南を経由して、紀伊半島上空を通ると間もなく着陸態勢になります。 紀伊半島上空通過時には飛行機の右手にリアス式海岸が綺麗にご覧になれます。

また日本有数の降雨量が多い地域で、発達した雲が年間を通して存在します。 日本を見渡しても雲による乱気流が多い空域ですので、コックピットは最後まで気が抜けません。


リアス式海岸


中部国際空港

三重県の伊勢神宮の上空近くを通りいよいよ着陸態勢です。

南風が強い時は南に頭を向けて着陸します。つまり北から南へ着陸するので、左手には名古屋駅や名古屋城がご覧になれます。 反対に北風が強い時は滑走路を北向きに使用し、伊勢湾内を飛び、知多半島を右手に見ての着陸になります。


豆知識ですが、飛行機は鳥と一緒で、風に向かって離着陸をします。実は横風に弱いのです。年に数日ですが冬場の中部空港は、飛行機にとって横風の制限値ぎりぎりの強風が吹き荒れる日があります。 乗務員一同絶対に着陸したいという「想い」がある一方、飛行機の制限を越えて着陸したら皆さまの安全に問題が出てきます。過去に他国では横風によって横転した事例もあります。
もし着陸できない場合は最大限の努力を重ねた上での苦渋の決断ですので、是非我々の「想い」に考えを巡らせていただければ幸いです。

ともあれ通常、中部空港への着陸は全く問題ありません。日本の中でも着陸しやすい空港の一つです。
滑走路から出て駐機場へ目を向けると、時々Boeing社のドリームリフターという、一風変わった形の飛行機が駐機している時があります。 これは工場で製造した飛行機の胴体や主翼をシアトルのBoeing社の工場へと運んでいく特殊な形状の輸送機です。一目でわかるので探してみてはいかがでしょうか。


ドリームリフター

さて、那覇から中部空港への空の旅、比較的自然環境に影響される路線でしたが、いかがでしたでしょうか。
次回は、本物の空の旅でお会いできることを楽しみにしております。
ご搭乗ありがとうございました。

パイロットのおすすめ情報
艶のある「小豆粒あん」は、香り豊かな北海道産小豆を丹念に炊き上げたこだわりの 餡をふんわり・しっとりとした香りの良い焼皮に合わせました。 香りと味わいに優れた地元産(愛知県)の抹茶を使用した「抹茶あん」は、後引く味わいです。 生地にしっとりと馴染む国産白小豆粒入りのまろやかな「紅粒あん」は、 鮮やかな色あいも特徴です。
名古屋を楽しむなら「旅作」で!

名古屋へのご旅行は、フライト・ホテルが自由に組み合わせられる「旅作」をオススメします!



両口屋是清
中部国際空港 旅客ターミナルビル3F セントレア銘品館
営業時間 / 6:30-21:00
ANAの旅作 新しい旅行スタイル
国内旅作についての詳細はこちら>>