国内旅行(ツアー)の予約ならANA SKY WEB TOUR

トップへ戻る


CaptainからのRoute Information パイロットしか知らない、空の旅の見どころを航路毎に紹介いたします。vol.59 大阪(伊丹)→福岡線




ルートの見どころ - The highlight of a route 出発から到着まで - From departure to arrival フライト豆知識 - Flight knowledge
※掲載されている写真は、同乗スタッフが撮影したものです。
vol.59 大阪(伊丹)→福岡線

ルートマップ
この度はANA大阪(伊丹)-福岡線をご利用いただきありがとうございます。
今回の路線では、大阪国際(伊丹)空港を離陸後、中国地方の真上を飛行し福岡空港へと向かいます。
今月のご案内役 B767 機長 山田尚弘
こんにちは。B767機長の山田です。
日本列島は猛暑の季節がやってまいりました。地上気温は30℃を超える日が続きますが上空では外気温マイナス50℃を下回ることもあります。大変な温度差です。
飛行機はそんな過酷な条件でも、文字通り「涼しい顔」で元気いっぱいに飛ぶことができます。すごいですね。そんな頼もしい機体とともに、今日は皆様を九州最大の都市福岡へ、安全運航にてご案内いたします。
ルートの見どころ - The hightlight of a route
離陸・上昇

本日の巡航予定高度は3万フィート(約9100m)です。実はこの高度、気象データや燃料効率など色々なことを考慮して決められるので毎日変わるのです。 今日は3万フィートが最適と判断されたわけです。B767型機では離陸後15分足らずで3万フィートに到達します。B767はANAの飛行機の中では古株ですが、これがなかなか、実にパワフルなのです。



明石海峡大橋

飛行機は離陸すると、一旦南へ機首を向けた後、福岡へ向け西に変針します。
右下には、阪神タイガースの本拠地、甲子園が見えてきます。シーズン中のナイターでは、甲子園は一際明るく浮かび上がり、虎ファンの熱気が今にも機上に伝わってきそうです。 その後上昇を続けると、左下には明石海峡大橋が見えてきます。夜にはライトアップもされていて、実に幻想的です。こうしてみるとこの路線、夜のフライトもオススメ度満点です。


巡航

中国地方の内陸部の真上を通るため、飛行中、左側にはずっと瀬戸内海がご覧いただけます。 明石海峡大橋、瀬戸大橋、しまなみ海道、そして関門橋と橋フリークにはたまらない路線と言えそうです。 これを機会に橋に興味を持つ方もいらっしゃるかもしれません。


瀬戸大橋

降下・着陸

さて巡航も終盤に差し掛かりました。いよいよ降下の準備です。
飛行機は、基本的に推力を目いっぱい絞った状態、つまりアイドリングで降下します。
3万フィートからの降下であれば、左下に山口県光市(←私の出身地です)を通過するころには、降下を始めなければなりません。 故郷を懐かしみながら徐々に高度をおろし、左手に関門海峡を通過するころには、客室では着陸前の最終点検が行われます。 今日は南風、飛行機は海の中道から福岡空港へ進入し、風に向かって着陸します。
一仕事終えたB767ですが、休む間もなく次の目的地へ向け出発の準備に取り掛かります。 今日もこのあと、沖縄へのフライトです。旅の途上、今度は空からどんな景色が見えるのでしょう…楽しみですね。
皆さんもぜひ、ANAでの空の旅を満喫してください。お待ちしています。


パイロットのおすすめ情報
福岡空港に着いて小腹が空いたときには、福岡空港第二ターミナルビル2階にある三日月屋のクロワッサンがお勧めです。 100%天然酵母にこだわったクロワッサンで、一口食べた瞬間に芳醇なバターの香りが口いっぱいに広がります。 プレーン味の他にごま、アップル、シナモンと色々な味が楽しめるのですが、私のお勧めは紅茶味のクロワッサンです。焼きたてがとくに美味しいですよ。
福岡を楽しむなら「旅作」で!

福岡へのご旅行は、フライト・ホテルが自由に組み合わせられる「旅作」をオススメします!



三日月屋 福岡空港店
住所:福岡市博多区大字下臼井767-1 福岡空港第二ターミナルビル2F
TEL:092-623-9683
営業時間:8:00〜21:00
ANAの旅作 新しい旅行スタイル
国内旅作についての詳細はこちら>>