コンテンツへ

    掲載日:2020.11.26

    CAが行く!食べて遊んで盛りだくさんの鳥取女子旅1泊2日

    【2日目 9:00】かわいらしい“妖怪”たちに、朝から癒やされる♪

    鳥取旅2日目は、境港市へ。境港といえば…そう、『ゲゲゲの鬼太郎』の生みの親として親しまれてきた、水木しげる先生の出身地として知られていますよね。鬼太郎にちなんで、境港市は「妖怪の町」として海外からの観光客のみなさんにも人気のあるスポットです。

    そんな「妖怪の町」の中心にある、「水木しげるロード」を散策してみましょう♪

    どこに妖怪が潜んでいるかわかりますか??
    どこに妖怪が潜んでいるかわかりますか??
    通りのいたるところに鬼太郎をはじめとする妖怪のキャラクターが♪
    通りのいたるところに鬼太郎をはじめとする妖怪のキャラクターが♪

    通りには『ゲゲゲの鬼太郎』にちなんだおみやげ屋さんなどのショップが並んでいますが、水木しげるロードの人気の原点は、やはりキュートな「妖怪ブロンズ像」の数々。通りが誕生した当初は全部で23体だったブロンズ像ですが、その数は年々増加。なんと、2018年には177体まで増えました! 像は意外と小ぶりで、とってもかわいらしいです。

    ぬりかべも小さくてかわいい!
    ぬりかべも小さくてかわいい!
    やっと鬼太郎に会えました! エリア内に鬼太郎の像は10体あるそうです
    やっと鬼太郎に会えました!エリア内に鬼太郎の像は10体あるそうです
    「鬼太郎さん、どこ見てるの?」(藤井CA)
    「鬼太郎さん、どこ見てるの?」(藤井CA)
    「目玉おやじさん、小さくてかわいいです」(石津CA)
    「目玉おやじさん、小さくてかわいいです」(石津CA)

    妖怪ブロンズ像は、「森にすむ妖怪たち」、「身近なところにひそむ妖怪たち」…など、エリアによって分類されています。もし遊びに行ったら、お目当ての妖怪をぜひ見つけてみてください♪

    妖怪神社にもお参りしました! よ~く見ると、鳥居があの妖怪キャラです。わかりますか??
    妖怪神社にもお参りしました! よ~く見ると、鳥居があの妖怪キャラです。わかりますか??
    鳥居の横には「目玉おやじ清め水」が。目玉おやじをイメージした御影石の球体がクルクルと回っていました
    鳥居の横には「目玉おやじ清め水」が。目玉おやじをイメージした御影石の球体がクルクルと回っていました
    水木しげるロード

    住所:鳥取県境港市大正町
    URL:http://mizuki.sakaiminato.net/road/
    ©水木プロダクション

    【2日目 10:30】鳥取のご当地ラーメン、いただきます!

    かわいらしい妖怪たちに癒やされたら、すっかりおなかがペコペコに。車で40分弱の「道の駅」に、鳥取県民にはおなじみの絶品B級グルメ「牛骨ラーメン」が食べられるお店があると聞き、やってきました!

    道の駅「琴の浦」内にあるお食事処「琴浦うまいもんや」では、鳥取のご当地ラーメン「牛骨ラーメン」が食べられます。牛骨ラーメン目当てのお客さんで、連日昼時には満席になるそうです
    道の駅「琴の浦」内にあるお食事処「琴浦うまいもんや」では、鳥取のご当地ラーメン「牛骨ラーメン」が食べられます。
    牛骨ラーメン目当てのお客さんで、連日昼時には満席になるそうです

    牛骨ラーメンとはその名の通り、牛の骨をベースにスープをとったラーメンのこと。東京など関東ではあまり見慣れませんが、鳥取ではポピュラーなラーメンです。

    さっそくふたりは、一番人気の「琴浦セット」(牛骨ラーメン+あごカツカレーのセット)を仲良くオーダー。

    琴浦セット(しょうゆ味の牛骨ラーメン+あごカツカレーのセット) 950円(税込)
    琴浦セット(しょうゆ味の牛骨ラーメン+あごカツカレーのセット) 950円(税込)
    麺はやや太麺で、スープにしっかりからんでいます
    麺はやや太麺で、スープにしっかりからんでいます
    牛骨ラーメンは初めてという石津CA&藤井CA。いただきます~♪
    牛骨ラーメンは初めてという石津CA&藤井CA。いただきます~♪

    こちらの牛骨ラーメンのこだわりは、なんといってもこの透明度の高いスープ。毎日、数十種もの野菜と共に煮込み、おいしさとにごりのなさを維持しているのだとか。実は、牛の骨からスープを取るのは難しく、独特の臭みが出てしまう場合が多いといいます。琴浦うまいもんやさんのスープには、いっさい臭みがありませんでした。

    また、セットのカレーに乗っているあごカツも、鳥取のソウルフード。あご(トビウオ)のすり身をカツにして揚げたものなのですが、これがまた絶品! 中はジューシーで外はサックサクです。カレーのルーにもこだわっているそうで、インドから取り寄せたスパイスをふんだんに使い、毎日店内で煮込んでいるとのことです。

    デザートは、鳥取銘菓「大風呂敷」の入った「大風呂敷ソフトクリーム」400円(税込)。ソフトクリームには大風呂敷に付属している蜜と同じ、二十世紀梨を使用した梨蜜がかかっています
    デザートは、鳥取銘菓「大風呂敷」の入った「大風呂敷ソフトクリーム」400円(税込)。
    ソフトクリームには大風呂敷に付属している蜜と同じ、二十世紀梨を使用した梨蜜がかかっています

    「牛骨スープのラーメンは初めて食べましたが、とてもおいしかったです! ちょっとこってり気味なのかな?とイメージしていましたが、すっきりしていて最後まで飲み干してしまいそうでした。太めの麺もよく合います。東京に帰っても食べたくなってしまいそうです(笑)」(石津CA)

    「私も牛骨ラーメンは初めてでしたが、とても口当たりが良く、上品な味のスープだなぁと思いました。あごカツも初めていただいたのですが、本当にサクサク! おみやげに買って帰りたいです。カレーもスパイスが効いていて、程よい辛さでとてもおいしかったです」(石津CA)

    食事処のお隣は、おみやげ屋さんフロアになっています。こちらで「大風呂敷」や「大風呂敷ソフトクリーム」、あごカツを購入できます
    食事処のお隣は、おみやげ屋さんフロアになっています。こちらで「大風呂敷」や「大風呂敷ソフトクリーム」、あごカツを購入できます
    琴浦うまいもんや(物産館ことうら内)

    住所:鳥取県東伯郡琴浦町別所1030-1
    TEL:0858-55-6566
    営業時間:9:00~18:00(11~2月は~17:30)/1月1日休
    URL:http://kotoura-umaimonya.jp/p/umaimonya/

    【2日目 12:30】おみやげを買うならココ!

    そろそろ旅も終盤。鳥取のおみやげもおさえていきたい時間帯です。そこで鳥取の有名なお菓子メーカー「寿製菓」のお菓子が大集合する「お菓子の壽城」へやってきました。

    米子東インターチェンジを下りるとすぐに見えてくるのは…、ホンモノのお城?
    米子東インターチェンジを下りるとすぐに見えてくるのは…、ホンモノのお城?

    こちらは米子城をモチーフにして作った建物だそうで、天守閣にもしっかり入れます。

    気になって天守閣に上ってみると、「ツイてる神社」がありました。1階で販売されているツイてるシールを貼って鐘をつき、お願いをすると、願いが叶うかも?
    気になって天守閣に上ってみると、「ツイてる神社」がありました。
    1階で販売されているツイてるシールを貼って鐘をつき、お願いをすると、願いが叶うかも?
    1階には、壽城の和洋菓子のラインナップだけでなく、珍味や天ぷら、調味料など、鳥取ならではの特産品が所狭しと並んでいます
    1階には、壽城の和洋菓子のラインナップだけでなく、珍味や天ぷら、調味料など、鳥取ならではの特産品が所狭しと並んでいます
    栃の実で作った珍しい「とち餅」は、代表的なお菓子。栃の実は一般的にアク抜きが難しいと言われていますが、秘伝の製法でアクを抜いているそうです
    栃の実で作った珍しい「とち餅」は、代表的なお菓子。
    栃の実は一般的にアク抜きが難しいと言われていますが、秘伝の製法でアクを抜いているそうです
    洋菓子も充実しています
    洋菓子も充実しています
    「抹茶フォンデュ」は、最近大人気のスイーツ。濃厚なブリュレ生地と、二層のクリームを絶妙なバランスで構成したスイーツです。バターたっぷりのタルト地もクセになるおいしさ! 季節ごとに限定フレーバーも登場するので、要チェックです
    「抹茶フォンデュ」は、最近大人気のスイーツ。濃厚なブリュレ生地と、二層のクリームを絶妙なバランスで構成したスイーツです。
    バターたっぷりのタルト地もクセになるおいしさ! 季節ごとに限定フレーバーも登場するので、要チェックです
    お菓子の壽城

    住所:鳥取県米子市淀江町佐陀1605-1
    TEL:0859-39-4111
    営業時間:9:00~17:00/無休(年末休有り)
    URL:http://www.kotobukijo.jp/

    【2日目 13:00】鳥取に行ったら、絶対に立ち寄りたい“あの”カフェ

    おみやげ選びをひとしきり楽しんだあとは、2階にある「すなば珈琲」へ。すなば珈琲は、東京でも有名ですよね!? 鳥取へやってきたら記念に立ち寄りたいカフェです。

    あこがれのすなば珈琲へ!
    あこがれのすなば珈琲へ!
    広々した店内に、ゆったりできるソファは、旅行中の休憩スポットとしても◎。晴れの日は景色もキレイです
    広々した店内に、ゆったりできるソファは、旅行中の休憩スポットとしても◎。晴れの日は景色もキレイです

    空港へ向かう前のしばしのカフェブレイクに、定番のブレンドコーヒーと、スイーツをオーダーすることにしました。せっかくなので和と洋両方頼んでみよう!ということで、女子人気の高い特製パンケーキと、網の上で自分で炙るタイプのお団子をチョイス。

    すなば珈琲スペシャルブレンド(M)330円(税込)
    すなば珈琲スペシャルブレンド(M)330円(税込)

    定番のブレンドはサイフォンで淹れたこだわりのコーヒー。濃厚な味わいが特徴で、マメ本来の味を楽しむことができますよ。淹れている様子が少し試験管の実験チックで、眺めているとワクワクします。

    すなばパンケーキ 1,320円(税込)
    すなばパンケーキ 1,320円(税込)

    「フルーツと生クリームをたっぷり使ったオリジナルのパンケーキは一見すごく大きく見えますが、中のパンケーキ自体は普通サイズなので、女子2人でも食べ切れますね。アイスクリームが絶妙なアクセントになっていました!」(石津CA)

    炙りみたらし団子 440円(税込)
    炙りみたらし団子 440円(税込)

    「自分で炙るタイプのお団子は、なんだかワクワクしました! 途中、本当に焼き色がついているのか何度か不安になりましたが、ちゃんと焼けていてよかったです(笑)。自分で調理している感覚になれるメニューは楽しいですよね」(藤井CA)

    お店のロゴもかわいいです
    お店のロゴもかわいいです
    すなば珈琲 壽城店

    (1F テイクアウト専門店「すなば珈琲プレミアム」/2F 展望茶楼「すなば珈琲ワールド」)
    住所:鳥取県米子市淀江町佐陀1605-1
    TEL:0859-21-4649
    営業時間:9:00~17:00/不定休
    URL:http://www.sunaba.coffee/

    【2日目 15:30】復路は鬼太郎が“お見送り”

    楽しい鳥取旅も、あっという間にフィナーレを向かえようとしております。行きは鳥取砂丘コナン空港から鳥取県に入りましたが、境港市から米子市へと回ってきたため、帰りは鳥取県の西の玄関口「米子鬼太郎空港」から羽田空港へと向かいます。

    入り口にも大きな鬼太郎のイラストが!
    入り口にも大きな鬼太郎のイラストが!
    外のタクシー乗り場ひとつひとつに、かわいい妖怪が立っています
    外のタクシー乗り場ひとつひとつに、かわいい妖怪が立っています
    朝に見学した水木しげるロードのブロンズ像とはまた少し雰囲気の異なる鬼太郎がいました
    朝に見学した水木しげるロードのブロンズ像とはまた少し雰囲気の異なる鬼太郎がいました

    鳥取砂丘コナン空港もそうでしたが空港内をよく観察しながら歩いてみると、さまざまなところに鬼太郎や妖怪たちが潜んでいるので、探してみてください。

    ターミナルビルの2階ロビーにあるステンドグラス「妖怪たちの森」。幅が約10.2mもある巨大な作品で、85色、2,595ピースのガラスが使用されています
    ターミナルビルの2階ロビーにあるステンドグラス「妖怪たちの森」。
    幅が約10.2mもある巨大な作品で、85色、2,595ピースのガラスが使用されています
    美しい色使いで繊細に描かれた妖怪たちは、大迫力。通行人やロビーで飛行機を待っている人々の目を奪います
    美しい色使いで繊細に描かれた妖怪たちは、大迫力。通行人やロビーで飛行機を待っている人々の目を奪います
    1階のチェックインフロアには、パイロットのような装いの鬼太郎がいました!
    1階のチェックインフロアには、パイロットのような装いの鬼太郎がいました!

    鳥取旅の最後に“妖怪の世界”をたっぷり楽しんだ石津CAと藤井CAは、16:35米子発の便で帰路につきました。

    米子鬼太郎空港

    住所:鳥取県境港市佐斐神町1634
    URL:https://www.yonago-air.com/
    ©水木プロダクション

    「自然が豊かなのはもちろん、想像していたより海の幸や山の幸といったグルメが豊富で、鳥取は本当に素晴らしいところでした! 特に印象に残っているのは、砂の美術館です。鳥取旅行中にチェコ/スロバキア旅行もしながら、さらに雪まつりにも参加しているかのような気分が味わえました(笑)。グルメでは、かろばんやさんの元祖いか丼が、強烈なインパクトとおいしさでした。お店の前が漁港で、のんびりした景色を見ながらお食事できたのが至福でしたね。これからはカニの季節にもなりますので、松葉がにを食べに、絶対にもう一度鳥取に行こうと思っています!」(石津CA)

    「鳥取の魅力を再発見できた、とても充実した2日間でした。鳥取の黒毛和牛やモサエビ、牛骨ラーメン…など、初めていただくものばかりでしたが、本当に何を食べてもおいしくて感動でした! 私はラーメン好きなのですが、牛骨ラーメンは個人ランキングでも上位レベルのお味。癖のない油多めのスープに太めの麺が絡んで、とてもおいしかったです。お店によって味や麺の太さが全然違うそうなので牛骨ラーメンの食べ比べをしに、鳥取に再上陸したいと思います! また、鳥取で出会った方々は本当に温かい方ばかりでした。そしてみなさん、心の底から鳥取愛に溢れていらっしゃった印象です。ワクワクするようなお話をたくさん聞かせていただき、どうもありがとうございました!」(藤井CA)

    あっという間の1泊2日でしたが、かなり濃密だった鳥取旅。「砂丘が有名」、「新鮮な海の幸が味わえる」くらいの知識しか持ち合わせていませんでしたが、実はお肉やB級グルメも絶品だったり、日常の喧騒を忘れられそうな極上の景色・リゾートがあったり、エンタメの世界にどっぷりと浸かれたり…と、かなり魅力的な旅行地であることがよくわかりました。一度足を踏み入れてみたら、「また行きたい!」という気持ちになれる、ステキな旅行スポットです。

    • 記載の内容は2020年9月現在のもので、変更となることがあります。
    • 今回ご紹介した店舗は、新型コロナ対策を実施しております。

    鳥取キャンペーンサイト 「うっとり鳥取ANA」はこちらから

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る