コンテンツへ

    掲載日:2018.11.29

    〜キャメレオン竹田先生と行くパワースポットの旅〜 キャメさんぽ Vol.6 山口編

    キャメレオン竹田先生とパワースポットを巡る旅、山口編。青い海を背景にずらりと並ぶ鳥居が美しい元乃隅稲成神社をはじめ、大自然と融合したパワースポットをたっぷりご紹介します。神様からのメッセージを受け取れる充実の1泊2日の旅、いざスタート!

    今回まわったルートはこちらです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

    山口宇部空港に到着!

    山口宇部空港に到着!

    「ANA FESTA」をはじめ、空港内には魅力的なおみやげのお店がいっぱい! ここは日本酒「獺祭」か、フグか……と目移りするところですが、帰りのお楽しみにとっておいて、まずは移動手段にレンタカーか観光タクシーを確保しましょう。

    悠久の時を感じる 日本屈指の大鍾乳洞「秋芳洞」

    鍾乳洞の入り口がぽっかりと口を開けています
    鍾乳洞の入り口がぽっかりと口を開けています

    山口宇部空港から車で約40分。最初に向かったのは、広大なカルスト台地の下にひろがる大鍾乳洞・秋芳洞です。国の天然記念物に指定されている上、日本有数のパワースポットのひとつとしても知られていますね。
    「しゅうほうどう」と呼ばれることもありますが、正確には「あきよしどう」と読むのだそう。

    鍾乳洞そのものの奥行きは約10kmと言われていますが、一般の観光ルートは約1km。高低差40m、もっとも広い横幅は200m、もっとも高い天井は40mというダイナミックな景観は圧巻のひとこと! 途中、はしごを登ったり、鍾乳石の間を通り抜けたりする冒険コースもありますよ(入場料:大人1,200円、小学生600円 冒険コースは+300円)。洞内を端から端まで歩くもよし、半分まで歩いてエレベーターで秋吉台へ上がるのもよし。夏はひんやり、冬は暖かい鍾乳洞独特の空気をマイペースで味わいましょう。

    一歩足を踏み入れて入り口を振り返ると、こんな眺めが。スケールの大きさにワクワク!
    一歩足を踏み入れて入り口を振り返ると、こんな眺めが。スケールの大きさにワクワク!
    流れ出る石灰水が波紋のような形に固まったもの。100枚のお皿のように見えるので「百枚皿」と呼ばれていますが、実際は500以上あるそう
    流れ出る石灰水が波紋のような形に固まったもの。
    100枚のお皿のように見えるので「百枚皿」と呼ばれていますが、実際は500以上あるそう
    「傘づくし」と呼ばれるつららのような鍾乳石
    「傘づくし」と呼ばれるつららのような鍾乳石

    洞内を半分まで歩いて、エレベーターで秋吉台に上がることにしました。秋芳洞のチケットを持っていれば、エレベーターで洞内に戻ることも可能です。ただ、キャメ先生いわく、良い気を保つためには、一度エレベーターで外に出たら再び洞内に戻るのはあまりオススメできないとか。

    「秋芳洞」「秋吉台」という表示のついたエレベーターは、間違いなく日本にここだけ!
    「秋芳洞」「秋吉台」という表示のついたエレベーターは、間違いなく日本にここだけ!

    秋吉台へ上がりました。空気が澄んでいて、とっても良い風が吹いています。無数の石灰石は、約3億5,000年前に珊瑚礁として生まれたもの。長い年月を経て、このようなカルスト台地になったそうです。

    エレベーターに乗れば、数秒で秋吉台へ上がれます
    エレベーターに乗れば、数秒で秋吉台へ上がれます

    キャメ先生が受け取った神様からのメッセージ

    「過去のイヤな出来事を思い出したときに、深掘りしてはダメ。今まで忘れていたのは、思い出す必要がなかったから。改めて掘り返すと、波動が悪くなります。そっとフタをして、前に進みましょう!」

    秋芳洞

    住所:山口県美祢市秋芳町秋吉3506-2
    電話:0837-62-0115(秋吉台観光交流センター総合案内所)
    営業時間:8:30~17:30 (12月~2月は16:30に受付締切)
    定休日:年中無休
    URL:https://karusuto.com/spot/akiyoshido/

    エメラルドグリーンの湧水で運気上昇! 「別府弁天池」

    透明度が高いので、地上のものがくっきりと水に映ります
    透明度が高いので、地上のものがくっきりと水に映ります

    なんと美しいエメラルドグリーン!
    眺めているだけで心が浄化されるようなこの別府弁天池の湧き水、1分間に11tも湧き出ているというから驚きです。1985年には「日本名水百選」に選ばれており、実際、長寿の水として飲料水としても人気なのだそうです。併設されている市営の釣り堀では、ニジマス釣りを楽しむ人たちの姿も。

    この弁天池が位置しているのは、別府厳島神社の境内。
    御祭神は、田心姫命(たごりひめ)、湍津姫神(たぎつひめ)、市杵島姫命(いちきしまひめ)。そう、このお三方は福岡県の宗像大社に祭られている「宗像三女神」ですね。市杵島姫命は弁財天だとも言われています。

    この美しい水が湧きだしたのは大昔の話。このあたりが水不足に襲われたときに、村の長者が夢のお告げ通りに弁財天を祀ると水が湧き出したという伝説が残されています。だから、池のそばに弁財天が祀られているのですね!

    弁財天の並びには蛇口が設置されているので、ぜひ味わってみましょう。
    まろやかな味わいにびっくりしますよ!「水を飲むと、体がその水と同じ波動になります」とキャメ先生もおすすめです。

    「御神水で洗うと、パワーストーンが蘇りますよ。ほら、キラキラしてるでしょ?」とキャメ先生
    「御神水で洗うと、パワーストーンが蘇りますよ。ほら、キラキラしてるでしょ?」とキャメ先生
    別府弁天池

    住所:山口県美祢市秋芳町別府水上
    電話:0837-64-0203(美祢市養鱒場)
    営業時間:常時開放
    定休日:常時開放
    URL:https://karusuto.com/spot/beppubentenike/

    長門市を訪れるなら、ぜひここに! キャメ先生おすすめホテル、別邸音信(おとずれ)

    開放感あふれるエントランスホールでは、自然との一体感を感じながら深呼吸を
    開放感あふれるエントランスホールでは、自然との一体感を感じながら深呼吸を
    広い館内に18室しかない客室には、すべて露天風呂がついています
    広い館内に18室しかない客室には、すべて露天風呂がついています

    開湯600年を誇る長門温泉の原点「湯治宿」とモダニズムを融合させた温泉リゾート。ゆったりとしたお部屋から眺める深い緑と満点の星空、長門の食材を用いた会席料理、すべてが旅の夜をやさしく包んでくれます。イギリスのスパブランド「エレミス」によるボディケアのコースもあり。「とっても波動の良いホテルなので、ぜひ、早めにチェックインしてのんびり過ごして」とキャメ先生も絶賛です。

    別邸 音信

    住所:山口県長門市深川湯本2208
    電話:0837-25-3377
    URL:https://otozure.jp/index.html

    ライター:Akiko Tanazawa
    Photo by Hiromi Kurokawa

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る