コンテンツへ

掲載日:2018.11.29

〜キャメレオン竹田先生と行くパワースポットの旅〜 キャメさんぽ Vol.6 山口編

「日本で最も美しい場所31」に選ばれた 元乃隅稲成神社

これぞ絶景! 123基の鳥居がずらりと並びます

青く澄んだ空、どこまでも広がる海、そして123基ずらりと並ぶ朱色の鳥居。一度見たら忘れられない絶景と出会えるのが、元乃隅稲成神社です。2015年にアメリカのテレビ局CNNで「日本で最も美しい場所31」に選ばれたことから、一躍有名になりました。

1955年、地元の網元・岡村斉さんの夢枕に立った白狐が「これまで漁をしてこられたのは吾(われ)のおかげ。吾をこの地に鎮祭せよ」と語ったために建立されたと伝えられています。
商売繁盛、大漁、海上安全、良縁、子宝、開運厄除、福徳円満、交通安全、学業成就……と、たくさんの願い事を叶えてくれるマルチな神様です。

キャメ先生が受け取った神様からのメッセージ

「自分の面白いところ、エンターテイメント性を前面に出してみましょう。きっと誰かが見つけてくれるはず!入り口を面白くしておかないと相手も見つけづらいから、思い切って出してみて!」

こちらが「日本一入れづらい」とうわさのお賽銭箱

元乃隅稲成神社のお賽銭箱は、入れづらいことで有名。そう、鳥居の上にあるお賽銭をめがけて、ぽーんと投げなければならないのです! 鳥居のまわりでは、お賽銭が入れば拍手をしたり、失敗したら拾ってあげたり、と見知らぬ参拝客同士が賑やかに盛り上がっていました。

「お賽銭が入らなくても、他の人の成功をみんなで喜ぶことで波動が上がりますよ」とキャメ先生。

岬の突端にある大きな鳥居まで、鳥居をくぐって歩きます

鳥居の先にある崖を登ると小さな祠が。このあたりにもっとも強い波動を感じたというキャメ先生。足元に気をつけながら、登ってみて。

すぐ目の前はどこまでも広がる日本海!
元乃隅稲成神社

住所:山口県長門市油谷津黄498
電話:0837-26-0708(長門市観光案内所)
参拝可能時間:日の出から日没まで ※夜間の立ち入り、撮影は禁止
定休日:なし
URL:https://nanavi.jp/sightseeing/motonosumiinarijinja/
※2019年1月1日より、名称が「元乃隅神社」に変更となります。

1株なのに森のように見える 川棚のクスの森

日本三大樟樹のひとつであり、「新日本名木百選」にも選ばれている樹齢約1,000年の巨大な楠

たくさんの木から成る森のように見えることから「クスの森」と呼ばれているけれど、実はこれ、1本の楠です。昨今元気をなくしている……という情報を聞きつけて、訪ねてみました。

「うーん、たしかに少し疲れていますね。才能豊かな人が色々なことに挑戦して、少し疲れてしまった状態に似ています。でも、根本に近い方を見て。まだしっかりしてるでしょう? これは本来のパワーを失っていない証拠。これからきっと復活しますよ。ぜひ、みなさんからもパワーをあげてほしい!」

キャメ先生いわく、ここは、多岐に渡るチャレンジをしたいと思いながらも、なかなか進めずにいる人におすすめのパワースポット。自分の底知れぬパワーに気付くはず!

川棚のクスの森

住所:下関市豊浦町川棚下小野
電話:083-774-1211(豊浦町観光協会)
営業時間:常時開放
定休日:常時開放
URL:http://www.toyoura.net/charm/nature/kusu/

パワースポット巡り、最後は瓦そばで〆! 「瓦そば たかせ」

元祖瓦そば(1,100円・税抜)

ここまで来たら、ぜひ川棚温泉に立ち寄って瓦そばを食べに行きましょう。元祖瓦そば、といえば「たかせ」。1962年に高瀬慎一氏が考案して以来、長きにわたって愛され続けています。

最初はふわっと、最後は熱した瓦で焼けてかりっと……と、次第に食感の変わる茶そばに病みつきになるはず。

瓦そば たかせ 川棚本館

住所:山口県下関市豊浦町大字川棚5437
電話:083-772-2680
営業時間:11:00~20:00(最終受付19:30)
定休日:木曜、金曜(祝日の場合は営業)※東本館、西本館は木曜、金曜も営業
URL:http://www.kawarasoba.jp

川棚で瓦そばを堪能したら、車で約1時間の山口宇部空港から帰途につくもよし、川棚温泉でのんびり一晩過ごすもよし、下関や博多に宿を求めるもよし。旅の夜を楽しんで♪

山口県といえば海の幸! キャメ先生おすすめのおみやげ

キャメ先生おすすめのおみやげ
中央から時計回りに、スズメ鯛オイル漬け(1,188円)、真鯛しぐれ煮(756円)、うにあえもの・くらげうに(864円)、
のっけてのどぐろ味噌(378円)、小いわしの香ばし焼き(400円)、ふぐの生ハム(648円)

旅の終わりにキャメ先生が山口宇部空港で購入したお土産は、海の幸あれこれ。
パッケージもかわいいものばかりで、キャメ先生ごきげんです。

山口県のパワースポットを巡る旅、いかがでしたか? 秋芳洞や青海島など自然と融合したパワースポットがたくさんあるのも山口県の魅力のひとつ。豊かな自然の中に身をおけば、自ずと波動も上がるとキャメ先生。たっぷり深呼吸して、神様からのメッセージをしっかり受け取ってくださいね!

  • 記載の内容は2018年10月現在のもので、変更となることがあります。
  • 税込価格を表示しております。
キャメさんぽSPECIAL パワスポで開運を引き寄せ、気をチャージ!
【キャメレオン竹田・新刊】
キャメさんぽSPECIAL パワスポで開運を引き寄せ、気をチャージ!

「キャメさんぽ」が、ムックになりました。新規取材を加え、全国117のパワースポットをはじめグルメやおみやげを紹介。キャメレオン竹田が、あなたと相性のいいパワスポを教えます!
https://magazineworld.jp/books/paper/5329/

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

ライフ特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る