コンテンツへ

    掲載日:2018.12.06

    〜キャメレオン竹田先生と行くパワースポットの旅〜 キャメさんぽ Vol.7 福岡・佐賀編

    キャメレオン竹田先生とパワースポットを巡る旅、今回は福岡県、さらには佐賀県へ。名だたるパワースポットが集まるエリアの中から、とっておきのおすすめスポットをご紹介します。キャメ先生が神様から受け取ったメッセージもお楽しみに!

    今回まわったルートはこちらです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

    雄大な玄界灘を背景に浮かぶ 二見ヶ浦の夫婦岩

    「伊邪那岐(いざなぎ)と伊邪那美(いざなみ)夫婦の姿が見えるようですね」とキャメ先生
    「伊邪那岐(いざなぎ)と伊邪那美(いざなみ)夫婦の姿が見えるようですね」とキャメ先生
    鳥居の近くに「くじら岩」として知られる大きな石を見つけました
    鳥居の近くに「くじら岩」として知られる大きな石を見つけました

    青い海と青い空を背景に、夫婦岩がぽっかり浮かぶ様子はまさに絶景。この2つの岩は、それぞれ高さ11.2mと11.8mもあり、長さ30メートル、重さ1トンもの大注連縄で結ばれています。

    「岩と岩のちょうど真ん中の位置の波動が抜群に良いですね。ここに立って、しばらく瞑想してみましょう」とキャメ先生。
    夫婦岩といえば、伊勢の二見ヶ浦が有名ですが、あちらは東向きなので朝日が有名。こちら、糸島の夫婦岩は西向きなので、美しい夕陽が臨めます。

    キャメ先生が受け取った神様からのメッセージ

    「波の音や、波とともに吹く風は、心の中の不要なものを浄化してくれます。不安、悩み、執着などがあったら、波の音を聞きながら、風を感じましょう」

    二見ヶ浦の夫婦岩

    住所:福岡県糸島市志摩桜井二見ヶ浦
    電話:092-327-0317(櫻井神社)

    静謐な空気に身が清められる 櫻井神社・櫻井大神宮

    福岡県の重要文化財に指定されている拝殿
    福岡県の重要文化財に指定されている拝殿

    櫻井神社には、災厄を司る八十枉津日神(やそまがつひのかみ)と、災厄を祓い清める神直日神(かむなおひのかみ)、大直日神(おおなおひのかみ)が祀られています。
    本殿裏の岩戸宮は、1610年稲妻とともに突然開け、そこからご神霊が現れたと言う神聖な場所。ぜひお参りしましょう。

    道開きと災い除けの神様、櫻井猿田彦神社
    道開きと災い除けの神様、櫻井猿田彦神社
    伊勢神宮の内宮、外宮の御分神を祀る櫻井大神宮
    伊勢神宮の内宮、外宮の御分神を祀る櫻井大神宮

    櫻井神社をお参りしたら、伊勢神宮の内宮、外宮が合祀されている櫻井大神宮へ。緑あふれる小道を、深呼吸しながら歩いて行くのはとっても良い気持ちです。
    向かって右側には天照大御神(あまてらすおおみかみ)、向かって左側は豊受大御神(とようけのおおかみ)が祀られています。

    キャメ先生が受け取った神様からのメッセージ

    「どんな人の中にも神様はいます。実は、誰もが自分自身の願いを叶える力を持っているのです。まずは、もっと自分を信じて、自分の本心を大切にしましょう」

    櫻井神社・櫻井大神宮

    住所:福岡県糸島市志摩桜井4227
    電話:092-327-0317
    URL:http://sakuraijinja.com/index.html

    2017年、ついに世界遺産に登録された 宗像大社

    まずは拝殿でごあいさつ
    まずは拝殿でごあいさつ

    2017年に「神宿る島と宗像・沖ノ島と関連遺産群」が世界遺産に認定されました。登録された資産は全部で8つあり、その中のひとつ「宗像大社辺津宮(むなかたたいしゃへつぐう)」がこちらです。
    田心姫神(たごりひめ)、湍津姫神(たぎつひめ)、市杵島姫神(いちきしまひめ)という宗像三女神のうち、市杵島姫神が祀られています。

    こちらは湍津姫神(たぎつひめ)が祀られている第三宮(ていさんぐう)
    こちらは湍津姫神(たぎつひめ)が祀られている第三宮(ていさんぐう)

    宗像大社辺津宮を訪れたら、本殿だけでなく必ず第二宮(ていにぐう)、第三宮(ていさんぐう)をお参りしましょう。第二宮には田心姫神(たごりひめ)、第三宮には湍津姫神(たぎつひめ)が祀られているので、大島や沖ノ島へお参りに行けなくても、ここで手を合わせることができます。
    「宗像三女神といえば、才能開花を強烈に後押ししてくれる神様。夢に向かって進んでいる人は、絶対に訪れてほしい神社です」とキャメ先生。

    自祭崇拝を継承する聖地、高宮祭場。
    自祭崇拝を継承する聖地、高宮祭場。

    第二宮をお参りしたら右手にある「高宮への悠久の道」へ。木々が四季折々の表情を見せてくれるこの道は、良い波動で満ちています。「ここを歩いていると、人生を振り返ったり、やさしさに包まれたり……と人によって様々な気付きがあります。降ってくるメッセージを素直に受け止めて」とキャメ先生。

    少し歩くと、辺津宮で最も神聖な場とされている高宮祭場が。ここは沖ノ島と同じく、社殿で祭祀を営む以前の形が継承されている古代祭場。ご神木からは強いパワーが感じられます。
    宗像大社を訪れる際には、必ず足を伸ばしてくださいね。

    宗像大社

    住所:福岡県宗像市田島2331
    電話:0940-62-1311
    URL:http://www.munakata-taisha.or.jp

    年に2回の「光の道」で知られる 宮地嶽神社

    年に2回だけ夕陽が参道の真正面に沈み、ここが黄金色に輝く一色線の「光の道」に
    年に2回だけ夕陽が参道の真正面に沈み、ここが黄金色に輝く一色線の「光の道」に
    日本一大きい注連縄は、直径2.6m、長さ11m、重さ3t!
    日本一大きい注連縄は、直径2.6m、長さ11m、重さ3t!

    何事にも打ち勝つ開運の神様、息長足比売命(おきながたらしひめのみこと)、勝村大神(かつむらのおおかみ)、勝頼大神(かつよりのおおかみ)を祀る宮地嶽神社(みやぢだけじんじゃ)。

    鳥居から玄界灘まで一直線に伸びる参道は、年に2回だけ真正面に夕陽が沈み、黄金色に光り輝く「光の道」となります。
    階段の上、鳥居の間に立ったキャメ先生「ここは、とても波動が良いですね」といつまでも佇んでいたい様子でした。「光の道」となる日に合わせて来られればラッキーですが、そうでなくとも十分にそのパワーを味わえますよ。

    「必ず奥之宮八社巡りをしてくださいね」とキャメ先生
    「必ず奥之宮八社巡りをしてくださいね」とキャメ先生
    こちらは二番社・稲荷神社。食べ物の神様が祀られています
    こちらは二番社・稲荷神社。食べ物の神様が祀られています
    三番社・不動神社の前では、のぼりがはためいていました
    三番社・不動神社の前では、のぼりがはためいていました

    宮地嶽神社といえば、「光の道」や日本一の注連縄が話題になることが多いのですが、キャメ先生のおすすめは、奥之宮八社巡り。一番社から順番に、七福神社、稲荷神社、不動神社、万地蔵尊、恋の宮、三宝荒神、水神社、薬師神社と8つの社を巡ると、大願が叶うと言われています。

    この日は、不動神社の前を通りかかると、たくさんの幟がいっせいにはためきました。「パワースポットで風を感じるのは、歓迎されている証拠です」とキャメ先生。
    さあ、一社一社に心をこめて手を合わせていきましょう。

    宮地嶽神社

    住所:福岡県福津市宮司元町7-1
    電話:0940-52-0016
    URL:http://www.miyajidake.or.jp

    宮地嶽神社の参道で カラダにやさしいオーガニックランチ

    あごだしの効いた「松きのこうどんセット」(1,080円)
    あごだしの効いた「松きのこうどんセット」(1,080円)
    ソフトクリームにはキャメ先生とおそろいのベレー帽が!
    ソフトクリームにはキャメ先生とおそろいのベレー帽が!

    宮地嶽神社の参道に並ぶカフェ「みやcafé美心」は、なんと先代宮司さんの娘さんがオーナーを務めるお店。メニューは地元の食材を使ったカラダにやさしいものばかり。とりわけ、野菜は神社内の畑で採れたもの、お水は神社内で湧いた「神のお水」を使っているというからびっくりです。店内に並ぶオーガニック食品は、お土産にも良さそう。
    参拝の後に、ぜひ立ち寄ってみてください。

    みやcafé美心

    住所:福岡県福津市宮司元町2-3 宮地嶽神社参道内
    電話:090-1343-8168
    営業時間:10:30~17:00
    定休日:なし
    URL:https://www.micocoro.org/miya-cafe

    ライター:Akiko Tanazawa
    Photo by Hiromi Kurokawa

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る