コンテンツへ

掲載日:2015.09.10

香港の旅を変える個性派デザイナーズホテル

有名なインターナショナルブランドのホテルが林立する香港ですが、ここ数年で話題になっているのは、建築やインテリアデザインにこだわった小さな規模のデザイナーズホテル。研ぎ澄まされたミニマルデザインからミステリアスなシノワズリデザイン、遊び心に満ちたヒップなデザイン…と、オーナーの趣味が反映された個性的なホテルが注目されています。 ホテルに泊まるためだけに香港を旅する価値がある――そんなデザイナーズホテルを紹介していきましょう。 これまでとは違う香港、これまでとは違う休日が見つかるはずです。
ANAオリジナル

ミニマルデザインがつくる癒しの空間 ジ アッパーハウス香港

エントランスからはTorii Tunnel(鳥居トンネル)と呼ばれるエスカレーターに乗ります。すでにテンションが上がります
エレベーターを降りると、美しいデザインのスカイブリッジが迎えてくれます

香港島のビジネスの中心地に位置するショッピングセンター、パシフィック・プレイス。その上層階にあるジ アッパーハウス香港は、客室数117室と香港では小規模なホテルでありながら、人気ホテルランキングでは常にトップにその名を連ねています。

ミニマルでありながら華があり、その空間にいるだけで心が躍るような気持ちにさせてくれるデザインが特徴です。このホテルのコンセプトからデザインまで一貫してディレクションしたのは、香港を拠点に活躍する若手建築家アンドレ・フー氏。日本でも東京・丸の内のシャングリ・ラ ホテル 東京にある「ピャチェーレ」、「なだ万」といった3つのレストランをデザインしています。

美しいホテルデザインと遊び心あふれる演出は、女性同士の旅行者からビジネスマンまで、あらゆるゲストに支持されています。

もっともスタンダードなストゥーディオ70
どの部屋もバスルームからのビューが見事!
49階にあるカフェ・グレイ・デラックス(バーラウンジ)
The Upper House

住所:Pacific Place, 88 Queensway, Hong Kong
電話:+852-2918-1838
URL:http://www.upperhouse.com/
客室数:117室

驚きに満ちたマジカルワールド ラックスマナー

独特の世界観に彩られたホテルレセプション

雑多な雰囲気が残る九龍島に位置するラックスマナーは、九龍公園近くのショッピングにも観光にも便利な立地にあります。外観はいたって普通のビルに見えますが、エントランスから一歩ホテル内に入るとそこはまさにマジカルワールド。シュールレアリスムとシノワズリが交錯した感度の高いデザインに満ちあふれています。ロビーでかなりアドレナリンが出たところで、ゲストルームに入ってさらに衝撃。個性的なファブリックや調度品が絶妙なバランスでコーディネートされ、不思議とゆったりとくつろげます。特にテーマを持ってデザインされた6室のスイートは強烈な個性を放ちます。

比較的客層を選ぶデザイナーズホテルですが、感度の高い女性を中心に人気があります。誰かの別荘に招待されたような、どこかアットホームな雰囲気がそこはかとなく漂っているのも人気の秘密でしょうか。

シュールレアリスムに触発されたインテリアのプレミアダブル
プライベートダイニングルーム「エデン」
ダダ・バー+ラウンジは、ホテルのコンセプトが凝縮された場所
The Luxe Manor

住所:39 Kimberley Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong
電話:+852-3763-8888
URL:http://www.theluxemanor.com/
客室数:159室

デザインとエコが出合う場所 ホテル・アイコン

垂直庭園が迎える開放的な空間

香港を代表する建築家ロッコ・イムや英国のインテリアデザイナー コンラン卿といったいずれ劣らぬ面々が建築、デザインに参加したホテル・アイコン。一面ガラスのファサードからアプローチするロビーエリアは、柔らかな自然光が入り込む開放的な空間です。天然石や木材を多用したインテリアで、目を見張るのは壁面を飾る植栽。こちらは壁面緑化の権威、パトリック・ブラン氏が手がけた作品で、室内の垂直庭園としては世界最大級といわれています。デザイン性の高さに加えて、エコをコンセプトにしている点も特徴のひとつ。雑多な香港にあってゆったりとくつろげる都会のオアシスのような存在です。

香港理工大学と大学内にあるホテル&観光業の専門学校が経営しているというのもユニーク。香港の若者のパワーと意識の高さを感じます

客室はシンプルデザインで機能性と居心地のよさを追求
コンラン卿がデザインしたレストラン「Above & Beyond」のラウンジ
木のチェアや螺旋階段が迎えてくれるロビー
Hotel ICON

住所:17 Science Museum Road, Tsim Sha Tsui East, Kowloon, Hong Kong
TEL:+852-3400-1000
URL:http://www.hotel-icon.com/
客室数:262室

伝統とモダンが融合するストーリーテラー ミラムーン

美しい細工が施されたエントランス
ミステリアスな雰囲気のレセプション

香港島のコーズウェイベイ・エリアにオープンしたミラムーンは、中国の伝統的な色彩感覚や装飾を現代的な解釈でアレンジした話題のデザイナーズホテル。中秋節の起源となった月の女神の伝説に物語を発し、デザインコンセプトにも月に関するさまざまなストーリーを宿しています。ゲストルームのカテゴリー名もハーフムーン(半月)、フルムーン(満月)、ニュームーン(新月)というこだわりよう。モダンな建築に強い個性を放つ赤を効かせたインテリアは、スタイリッシュかつロマンティックな雰囲気です。随所に配された月と月の兎をモチーフにしたアート作品や牡丹のモザイク画にも、こだわり抜いたホテルのデザインコンセプトを感じさせます。デザイン感度の高い人々はもちろん、女性ゲストにも人気があります。

いちばんスタンダードなゲストルーム「ハーフムーン」
いちばんスタンダードなゲストルーム「ニュームーン」
牡丹のモザイクが美しいバスルーム
モダンな雰囲気のバー。オリジナルカクテルがおすすめ
Mira Moon

住所:388 Jaffe Road, Causeway Bay, Hong Kong
電話:+852-2643-8888
URL:http://www.miramoonhotel.com/
客室数:91室

ライター:Hikaru Arasawa

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

ライフ特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る