コンテンツへ

    掲載日:2015.10.15

    ルイ・ヴィトンのLVMHが手掛けるモルディブのホテルが超優雅!

    ルイ・ヴィトン、ジバンシー、ディオール、フェンディー……日本ではおなじみのブランドですが、これらはすべて同じコングロマリット。ドン・ペリニヨンやモエ・エ・シャンドン、ヴーヴ・クリコといったシャンパンも同じ、LVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンの一員です。 そんな超高級ブランドを傘下におさめるLVMHのなかで、やや異質なのがシュヴァル・ブランのブランド名で展開するホテル。錚々たるブランドに並ぶなんて一体どんなホテル?と気になるところですが、みなさんご想像のとおり。優美なLVMHの世界が広がっていました。
    ANAオリジナル

    透明度抜群のラグーンに囲まれた優美なリゾート空間

    メインジェッティから見るランデリ島。宝石のように輝くラグーンに囲まれています。
    メインジェッティから見るランデリ島。宝石のように輝くラグーンに囲まれています。
    空港からは専用の水上飛行機にのって移動。機内から眼下に広がる眺めは最高です。
    空港からは専用の水上飛行機にのって移動。機内から眼下に広がる眺めは最高です。

    現在、シュヴァル・ブランは世界に3軒あります。1軒目と3軒目は本拠地フランスに、そして2軒目はインド洋のリゾートアイランド、モルディブに立っています。2013年11月にオープンしたシュヴァル・ブラン・ランデリは、高級化が進むモルディブのリゾートシーンのなかで、ひときわ洗練されたサービスで注目を浴びています。

    LVMHがモルディブ進出に選んだのは、連なる26の環礁のなかでも北部に位置するヌーヌ環礁。まだリゾートホテルが少なく、透明度の高い海が広がるエリアです。国際空港があるマーレからは水上飛行機で約45分のフライト。イエローとグレーのツートンカラーにエンブレムの白い馬(シュヴァル・ブラン)が印象的な専用機へと乗り込みます。

    水上飛行機が徐々に高度を下げ始めると、窓からはコバルトブルーのラグーンに囲まれた3つの島が見えるはず。1周20分ほどのメインアイランドにはビーチヴィラ、桟橋でつながる2つの島々には水上ヴィラが連なっています。

    アマンのデザイナーが造り上げたアーティスティックな客室

    ハンモックが揺れるガーデンと輝くラグーンの両方を楽しめるガーデン・ウォーター・ヴィラ。
    ハンモックが揺れるガーデンと輝くラグーンの両方を楽しめるガーデン・ウォーター・ヴィラ。
    シックなインテリアにさりげなく加えられた、ちょっとした遊び心がリゾート気分を盛り上げます。
    シックなインテリアにさりげなく加えられた、ちょっとした遊び心がリゾート気分を盛り上げます。

    人気のガーデン・ウォーター・ヴィラは、ガーデンからラグーンに突き出したユニークな造り。重厚な扉を開けるとリビング、ベッドルーム、バスルームが並び、スタイリッシュなインテリアや遊び心ある小物などが次から次へと目に飛び込んできて、部屋に入った瞬間から心をギュッとつかまれます。

    デザイナーはアマンヤラやアマンワナなどアマンリゾートを手掛けたジャン=ミシェル・ギャシー氏。同じくギャシー氏がデザインした、ワン&オンリー・モルディブ・アット・リーティラとの共通点も見られます。例えば約7mの開放感たっぷりの天井。竹と茅を使ったバリスタイルで、モダンな印象だけが先行しない温かみが秀逸です。
    海側にはラグーンに溶け込むような、ターコイズブルーのプール。12.5mというモルディブ最大級のプライベートプールは、贅沢な休日の舞台になってくれます。

    贅を尽くしたファシリティが優美なヴァカンスを演出

    フラットなパブリックプールに面した、潮風が心地よいレストラン、ザ・ホワイト。
    フラットなパブリックプールに面した、潮風が心地よいレストラン、ザ・ホワイト。

    島から出ることができないモルディブでは、食事のレベルもリゾート選びの大切なポイント。シュヴァル・ブラン・ランデリは、45室しかないプライベート感たっぷりな規模ながら、モルディブトップレベルといっても過言ではないレストラン&バーの充実度を誇っています。本格フレンチのLE1947をはじめ、6軒のレストラン&バーを用意。最高級の食材と、手間ひまをかけた繊細な料理でゲストをもてなします。

    さらなる解放感を味わうなら、オリジナルブランドのシュヴァル・ブラン・スパがおすすめ。アクセスから特別感たっぷりで、桟橋から伝統的な小舟ドーニにのって小さな島へと渡ります。白砂に縁どられた島を6つのトリートメントルームで独占する贅沢なスパは、どの部屋も美しいシービュー。「癒し」のためだけに用意された空間で、優雅な時間を過ごせます。

    島内には南米からアジアまで世界中から集められたアート作品が点在し、美術館にいるような楽しみ方ができるのも個性的なアイデア。客室でもベッドサイドのライトが不ぞろいなドットを描くなど、アートを感じさせる遊び心がリゾート気分を盛り上げます。

    至れり尽くせりのサービスと上質なファシリティで、世界のリゾートシーンのトップを走るシュヴァル・ブラン・ランデリ。お値段も最高級なんですが……、間違いなく本物の贅沢に浸らせてくれるリゾートホテルです。

    小さな島を独占するスパは、ラグーンの上に浮かぶようにトリートメントルームを配置。
    小さな島を独占するスパは、ラグーンの上に浮かぶようにトリートメントルームを配置。
    ロビーエリアというのはなく、レストランへの通路の一角がレセプションエリアに。
    ロビーエリアというのはなく、レストランへの通路の一角がレセプションエリアに。
    ライター:Shotaro Takai

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る