コンテンツへ

    掲載日:2017.03.09

    フィリピン・セブ島のおすすめホテル、泊まるならこの5軒!

    フィリピンきってのリゾートエリアとして知られるセブ島。真っ白なビーチに施設の整ったリゾートホテルが並び、たくさんの観光客でにぎわいます。 セブ島はビーチ周辺に散策できるような街がなく、ホテル滞在型の休日が基本となります。ですからホテル選びがとっても重要。どんなホテルがベストなのか、タイプ別のおすすめリゾートホテルを紹介します!
    ANAオリジナル

    誰もが快適に過ごせるシャングリ・ラ マクタン・リゾート&スパ

    セブ島のリゾートホテルは、ほとんどがセブ島と橋でつながったマクタン島にあります。シャングリ・ラ マクタン・リゾート&スパも、ビーチがきれいなマクタン島の東海岸に建つリゾートホテル。530室の大型ホテルは13万m2のトロピカルガーデンに囲まれ、中央には1500m2の大きなプールが柔らかな曲線を描きます。

    緑豊かなガーデンに守られるように大きなプールが配される
    緑豊かなガーデンに守られるように大きなプールが配される

    客室はメインウイングとオーシャンウイングの2棟に並び、11のカテゴリーに分かれています。モダンなデザインながら、バナナの葉や籐の家具などところどころに漂うフィリピンらしさがスパイスに。

    オーシャンウイングのパノラマ・ルームは美しい海を一望
    オーシャンウイングのパノラマ・ルームは美しい海を一望

    ファシリティの充実度も魅力のひとつで、レストランとバーは合わせて7軒。世界各国の料理が並ぶビュッフェやイタリアン、広東料理など豊富な選択肢が揃っています。
    特筆すべきは1万m2を占有するCHIスパ。広大な庭に14室のトリートメントルームが点在し、癒しの世界にどっぷりと浸かれます。

    トリートメントの後にのんびりくつろぐ、CHIスパのティー・パヴィリオン
    トリートメントの後にのんびりくつろぐ、CHIスパのティー・パヴィリオン

    キッズルームも屋内、屋外ともに広々としていて、子供用プールも完備。子供にも大人にも優しいリゾートホテルとして評判です。

    Shangri-La’s Mactan Resort & Spa

    住所:Punta Engano Rd., Lapu-Lapu City, Mactan Is.
    電話:+63-32-231-0288
    URL:http://www.shangri-la.com/jp/cebu/mactanresort/

    プライベート感重視のハネムーナーに大好評のプルクラ

    セブ・シティから南へ30kmほどいった小さな町に、雄大な自然に包まれるようにしてたたずむプルクラ。マクタン島の空港から車で約70分というロケーションながら、ハネムーナーを中心に根強い人気を誇るリゾートホテルです。

    広々としたプライベートプールが備わるシーフロント・ジャクジー・ヴィラ
    広々としたプライベートプールが備わるシーフロント・ジャクジー・ヴィラ

    客室は37室で、どの部屋も天然素材を使ったナチュラルな雰囲気。スタンダードなラグーンスイートでも85m2の広々としたスペースで贅沢にくつろげます。大人2人に加え、12歳以下の子供なら2人まで泊まれるのでファミリーでもOK。もちろん、カップルでロマンティックな時間を過ごすにも最適です。

    大理石の床が高級感を漂わすヴィラのベッドルーム
    大理石の床が高級感を漂わすヴィラのベッドルーム

    レストランやバーが5軒あるほか、水上ヴィラでトリートメントを受けられるスパ、回遊式プールなどリゾートライフを満喫できる施設が揃っています。海を望むチャペルでリゾートウエディングというのもよさそうです。

    プールサイドに建つメインレストラン、ヴェントス
    プールサイドに建つメインレストラン、ヴェントス
    Pulchra

    住所:San Isidro, San Fernando, Cebu
    電話:+63-32-232-0823
    URL:http://pulchraresorts.com/

    リゾート通も絶賛!スタイリッシュなアバカ・ブティック・リゾート

    マクタン島の北東に延びる岬に建つアバカ・ブティック・リゾートは、セブ島随一のエレガントなリゾートホテル。海に面してダークタイルのインフィニティプールが備わり、周りではくつろぐゲストの姿が。プールサイドの東屋は動く気がなくなるほどの居心地のよさです。

    岬の先端近くに建つため周辺にホテルが少なくプライベート感たっぷり 写真提供/トリップアドバイザー
    岬の先端近くに建つため周辺にホテルが少なくプライベート感たっぷり
    写真提供/トリップアドバイザー

    9部屋しかないためプライベート感に満ちているのが魅力。どの部屋も白と茶をベースにした落ち着きある色遣いで、手織りのファブリックや籐などを使ったインテリアが快適性を演出しています。

    シンプルで落ち着きある部屋。天然素材の家具が配され居心地がいい 写真提供/トリップアドバイザー
    シンプルで落ち着きある部屋。天然素材の家具が配され居心地がいい
    写真提供/トリップアドバイザー

    アバカ・ブティック・リゾートは、もともと評判のレストランからスタートしたホテルです。そのため食事には定評があり、今でもオーストラリア人シェフが腕をふるうレストランは大人気。宿泊客にとってはボリュームたっぷりの朝食も楽しみです。

    アバカ・レストラン以外にもセブ島に6軒のレストランやカフェを展開している 写真提供/トリップアドバイザー
    アバカ・レストラン以外にもセブ島に6軒のレストランやカフェを展開している
    写真提供/トリップアドバイザー
    Abaca Boutique Resort

    住所:Punta Engano Rd., Lapu-Lapu City, Mactan Is.
    電話:+63-32-495-3461
    URL:http://www.abacaresort.com/

    ファミリーで楽しむJパーク・アイランド・リゾート&ウォーターパーク

    セブ島で最も多い557室を擁するJパーク・アイランド・リゾート&ウォーターパーク。ウォーターパークという名称どおり、5つのプールと3本のウォータースライダーを備え、朝から晩までアクティブに遊べるにぎやかなリゾートホテルです。

    曲線を描く変形プールをはじめ5つのプールがありファミリーには最適
    曲線を描く変形プールをはじめ5つのプールがありファミリーには最適

    流れるプールや波のプールもあるほか、小さな子供が遊べる滑り台なども充実。水遊びが大好きな子供たちは大満足です。遊び心あふれるデザインに子供のテンションアップ!

    テーマパークのような楽しい仕掛けがいっぱい 写真提供/トリップアドバイザー
    テーマパークのような楽しい仕掛けがいっぱい
    写真提供/トリップアドバイザー

    客室数が多いためレストラン&バーも8軒と豊富。中国料理やアジアンフュージョン、シーフードグリルなどのほか、韓国資本のホテルだけに韓国料理もおいしいと評判です。
    客室のほとんどは大型のホテル棟になりますが、ガーデンには2階建てのヴィラも点在。ヴィラの1階はプライベートプール付き、2階はテラスにジャクジーが備わり優美な休日を過ごせます。

    客室はモダンなデザイン。ゴージャス感を求めるならヴィラへ! 写真提供/トリップアドバイザー
    客室はモダンなデザイン。ゴージャス感を求めるならヴィラへ!
    写真提供/トリップアドバイザー
    Jpark Island Resort & Waterpark

    住所:M.L. Quezon Highway, Brgy.Maribago, Lapu-Lapu City, Mactan Is.
    電話:+63-32-494-5000
    URL:http://www.jparkislandresort.com/

    デザイン好きのビジネスマンに評判のザ・ヘンリー・ホテル

    最後に紹介するのは、セブ・シティに建つザ・ヘンリー・ホテル。リゾートホテルではないのですが、今までセブ島にはなかったような個性的なデザインで人気を集めています。
    ロビーからして個性的。ヨーロッパの瀟洒な邸宅にありそうな家具にレトロポップな絵画という組み合わせが新鮮です。

    ザ・ヘンリー・ホテルのコンセプトを象徴しているロビー 写真提供/トリップアドバイザー
    ザ・ヘンリー・ホテルのコンセプトを象徴しているロビー
    写真提供/トリップアドバイザー

    部屋は38室でBigからXX-Largeまで4タイプに分かれます。部屋ごとにインテリアが異なり、ユニークな壁紙や絵画が飾られるなどほかにはないデザインが秀逸。
    こちらはスペインの闘牛をテーマにした客室。広々としていて快適です。

    鮮やかな色遣いも特徴的なアーティスティックな客室デザイン 写真提供/トリップアドバイザー
    鮮やかな色遣いも特徴的なアーティスティックな客室デザイン
    写真提供/トリップアドバイザー

    休憩はポップなデザインのリカズ・カフェへ。食事もとれるので、ビールを片手にのんびり過ごすこともできます。

    思わず写真を撮りたくなるユニークなファシリティがいっぱい 写真提供/トリップアドバイザー
    思わず写真を撮りたくなるユニークなファシリティがいっぱい
    写真提供/トリップアドバイザー
    The Henry Hotel Cebu

    住所:One Paseo Compound, Ma Luisa Entrance Rd., Banilad, Cebu City
    電話:+63-32-520-8877
    URL:http://www.thehenryhotel.com/

    ライター:Shotaro Takai

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る