コンテンツへ

    掲載日:2017.07.20

    ブルワリーをはしご酒!クラフトビールをめぐる伊豆半島ぐるり旅

    昨今、大流行中のクラフトビール。その影響で、国内外のビールが種類豊富に揃うタップルームが増え、地方にわざわざ行かなくても都内でご当地ビールが手軽にいただけるようになりました。…が、そのクラフトビールが作られているブルワリー(ビール醸造所)や直営店に行くと、作りたてのビールが飲めたり、そこでしか飲めないフレーバーがあったりと、貴重なビール体験ができるってご存じですか? 特に夏に人気の伊豆は、水がきれいな土地柄、国内でもクラフトビールの醸造所が多いエリア。海とビール、温泉とビール、魚とビール…伊豆の魅力とともに味わうビールのおいしさはきっとたまらないはず!そこで、伊豆のクラフトビールと伊豆の魅力をめぐるビアトラベルを紹介します。
    ANAオリジナル

    世界遺産を横目にグビッと!「反射炉ビヤ」からスタート

    どこよりもフレッシュな状態でいただける醸造所直営のレストラン。4~6種類のフレーバーを味わえる
    どこよりもフレッシュな状態でいただける醸造所直営のレストラン。4~6種類のフレーバーを味わえる

    旅のスタートを飾る1杯目は、伊豆の国市にある株式会社蔵屋鳴沢が手掛ける「反射炉ビヤ」。世界遺産に登録されている「韮山反射炉」のすぐ側に醸造所があり、併設されている直営レストランで作りたてのビールをいただけます。

    世界遺産に指定されている「韮山反射炉」。敷地内を散策したり、ガイドによる案内なども受けられる
    世界遺産に指定されている「韮山反射炉」。敷地内を散策したり、ガイドによる案内なども受けられる

    「反射炉ビヤ」では江川太郎左衛門、源頼朝、北条政子、北条早雲など、伊豆ゆかりの偉人や文化、歴史を素材とし、紐づけたビールを醸造。それぞれのビールは季節やその年で少しずつレシピを変えているため、同じネーミングのビールでも微妙に味の違いを楽しむことができるのも反射炉ビヤならでは。その背景には、ユニークかつ情熱的なビールを作る20代のブルワーの活躍があり、時代に合ったもの、今作りたいビールを造る、という若い力のチャレンジ精神がビールの味わいに表れています。

    個性豊かな反射炉ビヤを飲み比べ!

    左から、「60ヴァイツェン」、「ベルジャンIPA」、「太郎左衛門」、「頼朝」
    左から、「60ヴァイツェン」、「ベルジャンIPA」、「太郎左衛門」、「頼朝」

    レストランでは、4種類のビールを味わえ、日によって裏ビールも登場するとのこと。せっかくなら、全種類飲んでみたい!ということで、飲み比べができる「お試しセット」(4種900円)を注文!お試しセットは各グラス150ml。まずはこれで味を確認して、好みのビールが見つかったら次はグラスでたっぷり楽しむのがおすすめです。

    4種類のビールを一度に味わえる贅沢!シートには各ビールの特徴やネーミングの由来が解説されている
    4種類のビールを一度に味わえる贅沢!シートには各ビールの特徴やネーミングの由来が解説されている

    最初は、「60ヴァイツェン」。小麦麦芽使用率60%のホワイトビアで、メロンのような爽やかさと、イチジクのようなほんのり甘いアロマが広がります。フルーティーさとすっきりとした酸味が口当たりよく、グビグビッと飲めてしまいます。

    次は、「ベルジャンIPA」をテイスティング。華やかでフルーティーなベルジャン酵母で醸した、最近登場した注目のビアスタイルです。ライチの様な爽やかなアロマと、程よい苦みの絶妙なバランスがお見事!軽すぎず重すぎない、ちょうどいい飲みごたえで「IPAは苦い」というイメージを持っている人はこれを飲んだらイメージが変わるかも。飲みやすく万人受けする味わいは、誰が飲んでもきっと気に入るはず。

    そして、伊豆反射炉の築造者の名前を冠した反射炉ビヤのフラッグシップ、「太郎左衛門」をグビり。イギリス産マリスオッターとクリスタルモルト使用の正統派なイングリッシュペールエールで、先の2杯よりも少ししっかりとした飲み応え。モルトの香りや苦みがじんわり広がり、余韻を楽しめます。

    最後は、伊豆の地で半生を過ごした源頼朝の名前が付いた「頼朝」。芳醇な香りと飲みやすい特徴をもつ黒ビールで、数種のモルトと英国種ホップを使用。コーヒー好きで、なおかつブラック党の人にぜひおすすめ。

    普段は喉越しやキレで選びがちなビールですが、こうして飲み比べてみると“ビール”と一括りにできないほど個性が様々なことがわかります。種類ごとに異なるホップの香りや複雑なアロマの違いを発見するたび、「ビールってこんなに深いものなのか!」と感動の連続。それと同時に、造り手さんのこだわりがひしひしと伝わってきます。

    地産地消の食材を使ったメニューも絶品!

    イズシカ(伊豆鹿)の網焼き(ロース)1500円と、イズシカ(伊豆鹿)ロースト1500円
    イズシカ(伊豆鹿)の網焼き(ロース)1500円と、イズシカ(伊豆鹿)ロースト1500円

    レストランでは、伊豆の食材を使ったメニューも充実。フレンチ出身のシェフが手がけるビーフシチューや、伊豆鹿、富士山麓で育った岡村牛など、料理はどれもビールが進む絶品揃いなので、ぜひお腹を空かせてお出かけを。

    ビーフシチューランチ1190円は、「太郎左衛門」との相性バッチリ!
    ビーフシチューランチ1190円は、「太郎左衛門」との相性バッチリ!
    売店では反射炉ビヤのボトルビールも販売。ボトル限定のフレーバーもあるので要チェック!
    売店では反射炉ビヤのボトルビールも販売。ボトル限定のフレーバーもあるので要チェック!
    株式会社蔵屋鳴沢「反射炉ビヤ直営レストラン ほむら」

    住所:静岡県伊豆の国市中272-1
    電話番号:055-949-1208
    営業時間:月~木11:00~15:00(LO14:30)金11:00~21:30(LO20:30)土・日・祝日10:00~21:30(LO20:30)/無休
    アクセス:伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅よりタクシーで約5分

    修善寺の名所「竹林の小径」をお散歩

    小径の途中にはベンチや無料のギャラリーも。美しい景色に心ゆくまで浸りたい
    小径の途中にはベンチや無料のギャラリーも。美しい景色に心ゆくまで浸りたい

    ほろ酔い気分で、修善寺の名所「竹林の小径」へ。温泉街に沿って流れる桂川のせせらぎを聞きながら、情緒あふれる竹林の遊歩道をのんびりとお散歩。竹林を吹き抜ける風が心地よく、幻想的な景色のなかを歩いているだけで心が癒されていきます。近くには立ち寄り湯や甘味処などもあるので、時間に余裕があれば温泉街の散策も楽しんで。

    「桂橋」は「叶い橋」とも呼ばれる、恋愛成就のスポットのひとつ。願い事を唱えながら橋を渡るとその想いが叶うとか
    「桂橋」は「叶い橋」とも呼ばれる、恋愛成就のスポットのひとつ。願い事を唱えながら橋を渡るとその想いが叶うとか

    「ベアード・ブルワリーガーデン修善寺」でビール工場見学

    どこよりも新鮮でベストな状態のベアードビールが味わえる、その特別感もうれしい
    どこよりも新鮮でベストな状態のベアードビールが味わえる、その特別感もうれしい

    温泉街の情緒に浸ったあとは、ビールめぐりを再開!修善寺駅からバスで約10分、「ベアード・ブルワリーガーデン 修善寺」に到着しました。ホップ畑を通り抜けると、ドドーンと大きな建物がお目見え。

    ベアード・ブルワリーガーデン 修善寺
    ベアード・ブルワリーガーデン 修善寺

    中目黒や原宿など都内にもタップルームを展開する、「ベアードビール」のブルワリーがこちら。2000年に沼津で醸造・販売をスタートし、2014年春に修善寺にブルワリーを移転。
    約7500坪ある広大な敷地には、醸造施設のほかに、作りたてのベアードビールが飲めるタップルームや、野外イベントなどを行える森もあり、とてものどかで開放的なロケーションです。

    森林浴をしながら飲むビールも最高!修善寺の豊かな緑のなかでのんびりと
    森林浴をしながら飲むビールも最高!修善寺の豊かな緑のなかでのんびりと

    そして、土日は工場見学ツアーも実施しており、普段なかなかお目にかかれないビール醸造の工程を学ぶことができます。

    ビールの香りづけの要となるホップ。爽やかな香りがふんわりと漂い、それだけでさっそく喉がビールを欲しがる
    ビールの香りづけの要となるホップ。爽やかな香りがふんわりと漂い、それだけでさっそく喉がビールを欲しがる

    ベアードビールでは、1つのビールに5種類くらいのホップをブレンドして香りや苦みを調合するそう。通常は、ペレット(ホップを粉末にして固めたもの)を使用しているブルワリーが多いのですが、全てのビールにホールホップを使用しているのは、日本ではなんとベアードビールだけ(!)。ホップは使う直前に手で砕き、丁寧な手作業でおいしいビールの土台を作っていきます。

    ミルで粉砕した麦芽がこれらの釜を通って、麦汁に変わっていく
    ミルで粉砕した麦芽がこれらの釜を通って、麦汁に変わっていく
    こちらは発酵タンク。静かにシューシューッと聞こえてくるのは、今まさに酵母が発酵している音!
    こちらは発酵タンク。静かにシューシューッと聞こえてくるのは、今まさに酵母が発酵している音!

    「酵母の種類やアルコール度数にもよりますが、仕込みから早くて1カ月くらいでビールが完成します」とスタッフの佐藤さん。

    ブラウンの釜では、季節限定商品を醸造。運がよければ、窯の中を覗かせてもらえることも
    ブラウンの釜では、季節限定商品を醸造。運がよければ、窯の中を覗かせてもらえることも

    「ホップも酵母もなるべく加工はせず、ビールの炭酸においても二酸化炭素を注入せずに砂糖を使って自然発生で泡を作り出すなど、昔からの自然な手法で作るのもベアードのこだわり。それによって、豊かな香りときめ細かでなめらかな泡の口当たりよいビールが完成します」(佐藤さん)

    そんな話を聞くと、ますます早くビールが飲みたくなっちゃうじゃないですか!というわけで、工場見学を終えて胸を躍らせながらタップルームへと向かいます…!

    限定フレーバーもあり!作りたてのベアードビールを堪能

    カウンター席やテーブル席のほか、開放的なテラス席もあり。入りやすい雰囲気で居心地も抜群!
    カウンター席やテーブル席のほか、開放的なテラス席もあり。入りやすい雰囲気で居心地も抜群!

    タップルームは営業時間内であれば、いつでも誰でも利用が可能。ビールは定番12種類と季節や日替わりで替わるシーズナルビールが数種類、そして沼津店と修善寺店でしか飲めない静岡エールが味わえます。

    これだけ種類があるとどれにしようか迷うもの。結果、やっぱりここでも、サンプラーセットを注文。3種類を自由に選び、テイスティングができます。選んだのはこの3つ!

    サンプラーセット800円。左から「わびさびジャパンペールエール」、「レッドローズアーバンエール」、「黒船ポーター」
    サンプラーセット800円。左から「わびさびジャパンペールエール」、「レッドローズアーバンエール」、「黒船ポーター」

    「わびさびジャパンペールエール」は、ペールエールと日本のエッセンスを足したユニークなフレーバー。心地よい苦みのあとにほのかに感じる清涼感が独特の味わい。実は、地元産のわさびと沼津の緑茶をビールにかけ合わせているんです!でも、言われなければ気づかないほどさりげなく溶け込んでいて、その佇まいも“わびさび”の精神に通じるものを感じます。

    「レッドローズアーバンエール」は、上面発酵のエールと下面発酵のラガーの特徴を持ち合わせたアンバーエール。力強くリッチでフルーティーなのに、すっきりと爽快でドライな飲み口が楽しめます。バランスがいいのに個性もあり、個人的にはこれがヒット!

    「黒船ポーター」は、伝統的なダークイングリッシュエール。なめらかで力強いインパクトと、チョコレートやコーヒーのようなビターで甘い余韻が口に広がります。グビグビというより、ひと口をじっくり味わうように飲みたい1杯。スイーツにも合いそうです。

    沼津店と修善寺店限定の、静岡エール800円(インペリアルパイント)
    沼津店と修善寺店限定の、静岡エール800円(インペリアルパイント)

    静岡エールは、「リアルエール」という製法で造られるビールで、サービングされる容器のなかで2次発酵・熟成が行われるビールのことだそう。心地よい自然な発泡性で、炭酸ガスの圧力をかけずに注がれるため、口当たりが優しくなめらか。麦汁の旨みを堪能できる1杯は、一度飲む価値大。ふくよかな旨みが別格で、“生きた酵母のビールのおいしさ”を実感できます。

    ライジングサン ペールエール500円/250ml、800円/500ml
    ライジングサン ペールエール500円/250ml、800円/500ml

    とりあえずの1杯にぴったりなのが、数あるベアードビールの中でも人気の高い「ライジングサン ペールエール」。ホップの風味に富んだイキイキと爽快な味わいは、まさに日本人好みのクラフトビール。毎日でも飲み飽きない見事なバランスです!ボトルのラベルには富士山のイラストが描かれています。

    このビールがどんな工程でどんな工夫を凝らして作られたのか、工場見学をしたあとに飲む1杯は、いつにも増して味わい深く感じられるもの。見学しなくても、カウンターでスタッフにあれこれおすすめを聞きながら、作りたてのビールを味わうのも楽しいですよ。

    ボトルビールも販売。生きた酵母が入っているため、常温での長時間の持ち歩きは避けたほうがベター。保冷バッグに入れて2~3時間以内に冷蔵庫へ!
    ボトルビールも販売。生きた酵母が入っているため、常温での長時間の持ち歩きは避けたほうがベター。
    保冷バッグに入れて2~3時間以内に冷蔵庫へ!

    工場見学で好奇心をくすぐられ、おいしいビールとのどかな風景に癒されて、まるで遠足のような気分を味わえる「ベアード・ブルワリーガーデン 修善寺」。あ~大人になってよかった!

    ベアード・ブルワリーガーデン 修善寺

    住所:静岡県伊豆市大平1052-1
    電話番号:0558-73-1225
    営業時間:月曜~金曜 12:00~19:00、土曜・日曜・祝日 11:00~20:00/無休
    ブルワリーツアー開催日:土・日・祝日
    開催時間:12:30~、14:30~、16:30~(各回20名まで、予約優先)
    料金:無料 (無料試飲は付きません)
    アクセス:伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅からバス停4番または5番より乗車し、ラフォーレ入口で下車、徒歩約10分

    豪華な船盛りが名物の漁師宿へ!

    リピーター続出!「魚三昧の夕食が絶品!」と噂の宿へ
    リピーター続出!「魚三昧の夕食が絶品!」と噂の宿へ

    たっぷりビールを味わい、いい気分のまま今夜の宿へ直行!中伊豆・修善寺から、駿河湾を目指して西伊豆へと伊豆半島を横断します。バスに揺られること約1時間20分、目的地の「漁火の宿 大和丸」に到着しました。

    静かな漁村に佇む漁師宿。温泉に浸かって、ただひたすらのんびり過ごすのに最適
    静かな漁村に佇む漁師宿。温泉に浸かって、ただひたすらのんびり過ごすのに最適

    「漁火の宿 大和丸」は、宇久須港のそばで45年前から民宿を営む小さな漁師宿。今日泊まるのは、2008年にリニューアルし新たに設けられた露天風呂付きの客室。お風呂からは宇久須港が一望できます。もちろん天然温泉かけ流し!

    露天風呂付きの客室は2室のみ。天井が高く居心地がいい
    露天風呂付きの客室は2室のみ。天井が高く居心地がいい

    お部屋も魅力ですが、こちらに泊まる一番の目的は、なんといっても新鮮な海の幸がふんだんに味わえる魚づくしの夕食。

    見てください、この豪華な船盛り!ほかにも、宿の主人が釣ってきた宇久須港の海鮮類や駿河湾の地魚を中心に、煮たり焼いたり揚げたりと、約10品あの手この手で振る舞われます。お刺身は身が引き締まってプルプル、焼魚はふっくら。貝類も鮮度抜群で、まさにお魚天国!!この魚づくしの料理に心掴まれてリピートする客が多いというのも、納得です。

    この日は宇久須港で釣れたタイ、カツオ、イサキ、アオイリイカ、甘海老、サザエのお造り
    この日は宇久須港で釣れたタイ、カツオ、イサキ、アオイリイカ、甘海老、サザエのお造り
    +3000円で地元で獲れた伊勢海老を追加することも可能。調理法は、お刺身か火を入れるか予約時に選べる。お刺身の場合は、翌朝、伊勢海老のお味噌汁をいただける
    +3000円で地元で獲れた伊勢海老を追加することも可能。調理法は、お刺身か火を入れるか予約時に選べる。
    お刺身の場合は、翌朝、伊勢海老のお味噌汁をいただける
    漁火の宿 大和丸

    住所:静岡県賀茂郡西伊豆町宇久須202-97
    電話:0558-55-0100
    料金:1泊2食つき9000円~(露天風呂つき客室20000円/平日)
    アクセス:伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅から東海バス、堂ヶ島・松崎行きで宇久須港口下車、徒歩約1分

    ライター:Ayano Sakai(verb)
    Photo by Noriko Yoneyama

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る