コンテンツへ

    掲載日:2017.08.31

    リゾートライフをもっとエンジョイ!オールインクルーシブホテルの使い方

    リゾートの中に、オールインクルーシブという宿泊のスタイルがあるのをご存じですか?その名のとおり、客室代に加えて食事やアクティビティなどの料金が含まれているホテルのこと。滞在中の出費を気にせず、思う存分リゾートライフが楽しめるのが特徴です。今回は、そんなリゾートホテルの選び方と利用法について、人気のエリアとともに紹介します。
    ANAオリジナル

    オールインクルーシブホテルとは?

    リゾートホテルで優雅な時間を過ごしたい!ちょっと奮発して豪華ホテルに宿泊してみたものの、食事代やアクティビティ代など、思った以上の出費にびっくり!!なんて経験はありませんか?

    町に近いリゾートホテルであれば特に問題はありませんが、どこへ行くのもそれなりに時間がかかる場所、ましてや1島まるごとリゾートといった環境では、必然的に食事はリゾート内で済ませることになります。それが毎日続くとなると意外に高額だったりして、精算時に唖然としてしまったりするわけです。

    そんな事態を回避してくれるのが、オールインクルーシブスタイルという宿泊プラン。滞在中の食事、ドリンク代をはじめ、カヌーやスノーケリングセットなどのレンタル代などが宿泊費に含まれているので、予想以上の出費に悩まされることもありません。特別なことをしない限り追加の出費はないので、思う存分リゾートライフを楽しむことができます。

    1島1リゾートのコンスタンス・ハラヴェリ・モルディブ Photo by Constance Hotels & Resorts
    1島1リゾートのコンスタンス・ハラヴェリ・モルディブ
    Photo by Constance Hotels & Resorts

    何が含まれ、どんな過ごし方ができる?

    オールインクルーシブの中には、通常、1日3回の食事代にソフトドリンクやハウスワイン、ビールが含まれているのが基本。メインレストランはビュッフェということが多いのですが、食べ放題だからといって軽くみてはいけません。長期滞在する客も少なくないことから、これでもか、これでもかというくらいに毎日趣向を凝らした料理がずらりと並ぶのです。
    また、最近では、ビュッフェ以外にもアラカルトのレストランを用意していることも多く、ドレスアップして食事をしたり、カジュアルに楽しんだりと、毎日リゾート内の食事が続いても飽きることはありません。

    中には、バーでのドリンク代や軽食、さらには客室内のミニバー使用料が含まれていたりするリゾートも。こちらのプランはアルコール好きの方にはかなりお得です。リゾートでは、バーで1杯楽しもうと思ってもそれなりのお値段ですが、オールインクルーシブプランならそれも気にする必要がありません。

    日替わりビュッフェが人気のセンターラ・ラスフシ・リゾート&スパ・モルディブのメインレストラン Photo by Aya Takeuchi
    日替わりビュッフェが人気のセンターラ・ラスフシ・リゾート&スパ・モルディブのメインレストラン
    Photo by Aya Takeuchi

    オールインクルーシブプランは、リゾートライフをアクティブに過ごしたい人にもぴったりです。スノーケリングセットやカヌー、自転車などの貸し出しが無料だったり、アクティビティやエクスカーションが含まれていることもあります。

    ダイビング、モータースポーツ以外のマリンアクティビティはすべて無料のコンスタンス・ムーフシ・モルディブ Photo by Constance Hotels & Resorts
    ダイビング、モータースポーツ以外のマリンアクティビティはすべて無料のコンスタンス・ムーフシ・モルディブ
    Photo by Constance Hotels & Resorts

    また最近の高級リゾートの中には、アプリをダウンロードして、ルームサービスのオーダーや、レストランの予約ができるところも。カンクンにあるル・ブラン スパ・リゾート・カンクンはアプリサービスを導入しているホテルのひとつ。英語が苦手でもオンラインでオーダーできるのは嬉しいですね。

    ルームサービスでも本格的なメニューがオーダーできる Photo by Masashi Yoshikawa
    ルームサービスでも本格的なメニューがオーダーできる
    Photo by Masashi Yoshikawa

    ル・ブラン スパ・リゾート・カンクンでは、アプリでバブルバスの予約も可能。時間を指定してオーダーすると、その時間になると部屋にバブルバスができあがっています!

    バブルバスに加え、スパークリングワインも無料でオーダー!優雅なひとときを Photo by Masashi Yoshikawa
    バブルバスに加え、スパークリングワインも無料でオーダー!優雅なひとときを
    Photo by Masashi Yoshikawa

    オールインクルーシブプランの賢い選び方

    お財布のことを気にする必要がないオールインクルーシブプランは、気分的にはとてもお得感があります。ただし、実際にどれだけお得かは、滞在スタイルによって違ってくるので、少し考えてみる必要があります。というのもオールインクルーシブプランに何が含まれているかは、リゾートによって実にさまざまだからです。

    アルコールはほとんど飲まない人にとっては、せっかくのドリンク付きのプランも割高に。アクティビティには一切興味がないといった人にとっては、エクスカーションなどの無料参加が含まれているプランもあまりお得とはいえません。基本プラン+αで選択できるリゾートもあるので、自分がどういう滞在をしたいのか考えて、最適なプランを検討してみるといいでしょう。

    客室常備のワインボトルも飲み放題のダイヤモンド・トゥドゥフシ(モルディブ)Photo by Aya Takeuchi
    客室常備のワインボトルも飲み放題のダイヤモンド・トゥドゥフシ(モルディブ)
    Photo by Aya Takeuchi

    オールインクルーシブプランに含まれないもの

    注意したいのは、オールインクルーシブだからといって、すべてのものが含まれているというわけではないこと。食事中のドリンクは無料であっても実際は種類が限定されていたり、滞在中1回のエクスカーションが含まれていても、すでにいくつかの決まったものの中からしか選べなかったりと、それなりの制限が設けられている場合もあります。

    また、日本人にはあまりなじみのないチップですが、これはもともとサービスをしてくれた人に対する心づけのようなもの。たとえドリンクやアクティビティが無料だからといって、全く支払わなくてもいいというわけではありません。

    レストランやバーでの飲食、アクティビティなどでお世話になったスタッフに対しては、それなりのチップが必要。宿泊プランの料金とは別に、サービス料金がチャージされるリゾートもあるので、事前に確認するようにしましょう。

    スキューバダイビングは別料金のリゾートがほとんど Photo by Constance Hotels & Resorts
    スキューバダイビングは別料金のリゾートがほとんど
    Photo by Constance Hotels & Resorts

    オールインクルーシブプランが人気のリゾート地は?

    では、実際にどんな場所にオールインクルーシブホテルが多いのでしょうか。

    前述のように、オールインクルーシブプランがそのメリットを発揮できるのは、滞在中ほとんどの時間をそのリゾートで過ごすような場所。1島1リゾートが基本のモルディブをはじめとするインド洋や太平洋のアイランドリゾート、また、アメリカ人に人気のカンクン(メキシコ)、ジャマイカ、キューバといったカリブ海のリゾートなどはオールインクルーシブのホテルが多くあります。

    カンクンにはオールインクルーシブの大型リゾートが建ち並ぶ(ル・ブラン・スパ・リゾート・カンクン)(写真提供/トリップアドバイザー)
    カンクンにはオールインクルーシブの大型リゾートが建ち並ぶ(ル・ブラン・スパ・リゾート・カンクン)
    (写真提供/トリップアドバイザー)

    後悔しないリゾート選びのコツは?

    行き先を決定したら、次に考慮したいのがリゾートタイプ。たとえ同エリアにあっても、ホテルによって、雰囲気は様々。ここでは、自分にあったオールインクルーシブホテルを選ぶためのポイントをご紹介します。

    重要ポイント①:まずは料金をチェック

    一般的に、宿泊料金に比例して、施設やサービスが充実していると考えていいでしょう。最高級のところを選べば、グラスワインを数種類揃え、それぞれ食事に合うようサーブしてくれたりします。またルームサービスに24時間対応してくれるところも。
    ただ、超高級リゾートに泊まったがゆえに、至りつくせりのサービスに肩が凝ってしまった…ということも。決して豪華とはいえないけれども、十分な施設はきちんと整っているし、客室も快適なリゾートはいくらでもあります。自分の予算と希望の滞在スタイルを考えてリゾートを選びましょう。

    モルディブ伝統の素朴なコテージが魅力的なマクヌドゥ・アイランド・リゾート(写真提供/トリップアドバイザー)
    モルディブ伝統の素朴なコテージが魅力的なマクヌドゥ・アイランド・リゾート
    (写真提供/トリップアドバイザー)

    重要ポイント②:誰と一緒に行くのか

    リゾートを選ぶうえで、誰と一緒に行くかというのは重要なポイント。ふたりの時間を大切に過ごしたいというハネムーナーやカップルであれば、やはりプライバシーがしっかりと守られた隠れ家的リゾート。子ども連れの家族であれば、キッズクラブやいざというときのためのクリニックが充実したリゾートがおススメです。

    カップルで静かに過ごしたいという方は年齢制限が設けられた「アダルトオンリー」ホテルを選べば落ち着いた滞在が可能です。子供の年齢制限は18歳未満、16歳未満などホテル毎に設けられています。

    また、高級ホテルでもキッズフレンドリーなリゾートもあります。キッズクラブや子供向けのアクティビティが充実しているし、スタッフも子供に慣れているから安心。子供が騒いでも肩身の狭い思いをする必要がありません。

    子ども連れでも安心して泊まれる水上ヴィラやキッズクラブが充実のセンターラ・グランド・アイランド・リゾート&スパ・モルディブPhoto by Centara Grand Island Resort & Spa Maldives
    子ども連れでも安心して泊まれる水上ヴィラやキッズクラブが充実の
    センターラ・グランド・アイランド・リゾート&スパ・モルディブ
    Photo by Centara Grand Island Resort & Spa Maldives

    重要ポイント③:リゾートの雰囲気をチェック

    自然に溶け込むようなナチュラルな雰囲気を大切にしたリゾートもあれば、有名デザイナーが手掛けた斬新でスタイリッシュなリゾートまで、各リゾートのテイストはさまざま。客室タイプもいろいろあるので、サイズや間取り、インテリアなども慎重にチェックしたいところです。

    とりわけ、憧れの水上コテージに泊まりたいと思っている人は、水上ならではの仕掛けも要チェック。床の一部がガラス張りになっていたり、サンデッキから直接海へ繰り出せる階段が付いていたり、水上ハンモックが付いていたりと、各リゾートによって趣向もそれぞれ異なります。

    島の一角にあるアイランドクラブはハネムーナーやカップル向けの限定エリア(センターラ・グランド・アイランド・リゾート&スパ・モルディブ)Photo by Centara Grand Island Resort & Spa Maldives
    島の一角にあるアイランドクラブはハネムーナーやカップル向けの限定エリア
    (センターラ・グランド・アイランド・リゾート&スパ・モルディブ)
    Photo by Centara Grand Island Resort & Spa Maldives

    お財布を気にすることもなく、ゆったりとリゾートライフが満喫できるオールインクルーシブホテル。上記のことを踏まえれば、さらにその真価を楽しめるはず。夢のようなリゾートで、ストレスフリーの快適な休日を楽しんでみませんか?

    ライター:Aya Takeuchi
    Cover photo by Constance Hotels & Resorts

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る