コンテンツへ

    掲載日:2017.10.12

    子連れ温泉は空からがおすすめ!空港から近い赤ちゃん歓迎の温泉宿

    ANA's tweet

    赤ちゃんがいたら敬遠しがちな空の旅。「機内やお宿で迷惑かけるかも」等気持ちを抑えて旅に出ないのは勿体ない!混雑を避けながら優先搭乗でき、機内でのミルクづくりも気軽に応えてくれます。またこの「ウェルカムベビーのお宿」を選べば、離乳食やアメ二ティが豊富でパパママも安心。我が家もこの認定の宿を選び、生後半年で旅デビューしました。子供の笑顔を見ると次はどこに泊まろうかと、家族の楽しみが増えていきます。

    子育てに仕事に忙しい毎日。たまには温泉でゆっくり癒されたい!――でも子連れの旅行は移動が大変、宿でも気を遣いそう……。そんなママ・パパにおすすめしたいのが、空から行く子連れ温泉旅行です。飛行機なら車や電車にくらべて移動時間が短くすみ、搭乗前後の子ども向けサービスもとても充実。さらに赤ちゃんにやさしい宿を選べば、親子ともにストレスフリーで快適に旅を楽しめます!というわけで、今回はミキハウス子育て総研の認定士さんと一緒に、飛行機でアクセスしやすい「ウェルカムベビーのお宿」をピックアップしました。
    ANAオリジナル

    ミキハウス子育て総研「ウェルカムベビーのお宿」とは?

    ママ・パパや子どもたちが気軽にレジャーを楽しむために、子育てファミリーにやさしい施設を増やしたい。そんな思いから2008年に発足したのがミキハウス子育て総研「ウェルカムベビーのお宿認定プロジェクト」。

    十勝川温泉第一ホテル 豊洲亭 豆陽亭の客室内にある赤ちゃんグッズ(表題写真は同ホテルでオーダーできるバースデーケーキサービス)
    十勝川温泉第一ホテル 豊洲亭 豆陽亭の客室内にある赤ちゃんグッズ
    (表題写真は同ホテルでオーダーできるバースデーケーキサービス)

    具体的にはどのようなものなのか、まずは認定士の吉野さんにお話を伺いました。

    認定への道は100項目!ファミリーに快適な宿を目指して

    「設備などのハード面、サービスなどのソフト面、あわせて100項目の弊社の基準を70項目満たすことが認定の基本条件です。認定士は資料上の査定だけでなく、実際に宿泊して、施設の館内と周辺の環境、サービスを評価します。認定を通してお宿とコミュニケーションをとりながら、改善するべき点は改善し、子育てファミリーが本当に快適に利用できる施設にしていく感じですね」

    「弊社には現役子育て中の社員が多く、利用者目線の意見には事欠くことはありません。さまざまなニーズに応えてアップデートしているので、認定のお宿はいつでも安心してご利用になれます」
    認定は3年毎に更新するので、施設への出張も多い吉野さん。ご自身も2人のお子さんを育てながら「ウェルカムベビーのお宿」普及に奔走してきたといいます。そんな吉野さんに、ファミリーにやさしい宿には何が一番重要なのかを聞いてみました。

    吉野順子さん
    吉野順子さん

    ミキハウス子育て総研株式会社 認定事業担当マネージャー 認定士

    一番重視しているのは、子どもの安全

    「認定のお宿では、お子様用のグッズあり、楽しいキッズコーナーあり、お子様の食事メニューありと、全体にあふれるお子様ウェルカムな雰囲気を感じていただけると思います。しかし、私が認定士として一番気をつけているのは『お子様の大きな怪我につながるような危険な箇所がないか』という点です」

    杉乃井ホテル「ザ アクアガーデン」のキッズプール。水深30cmで小さな子どもも安心
    杉乃井ホテル「ザ アクアガーデン」のキッズプール。水深30cmで小さな子どもも安心

    「お宿の方からも『認定を通して、どんなことがお子様にとって危険なのかがわかってきた』という声をいただいたり、心強く感じています」。
    なるほど!旅先の慣れない環境もきちんと安全に配慮されているから、小さい子どもがいても安心して過ごせるのですね。では、利用する側が気をつけるべきことはあるのでしょうか。

    親子ともに負担を軽くして、笑顔で素敵な時間を

    「とにかく事前の準備が大切です。特に赤ちゃんならば、おむつ、ミルク、離乳食、就寝環境は問題がないか。また、万一病気になった場合はどうするかなど、調べておくとよいでしょう」
    通常の宿なら聞かなければわからない、子ども向けの細かい設備やアメニティの情報も「ウェルカムベビーのお宿」ならWebサイトでパッとわかるので、この点も便利ですね。

    ミキハウス子育て総研「ウェルカムベビーのお宿」トップページ

    ミキハウス子育て総研「ウェルカムベビーのお宿」トップページ

    「また、移動はお子様以上にママ・パパが疲れるもの。飛行機で移動時間を短くすることで負担が軽くなるのはいいですね。搭乗をお昼寝の時間にあわせたり、退屈しないためのグッズを用意したりと工夫をすれば、さらに空の旅が身近になるのではないでしょうか」
    ありがとうございます!“空の旅+ウェルカムベビーのお宿=気軽に子連れ温泉”。これで決まりな気がしてきました。それでは、宿をご紹介していきましょう。

    • 「ウェルカムベビーのお宿」認定は、特定の客室への宿泊を前提に行われています。宿泊予約の際は必ず認定されているお部屋かどうか確認をお願いします。
      またお部屋によって間取り・しつらえ・備品等が異なります。ご予約の際には、必ず宿泊プランをご確認ください。

    露天風呂付き客室で温泉デビューに最適な宿 十勝川温泉第一ホテル 豊洲亭 豆陽亭 帯広空港より車で40分(参考フライト時間:羽田空港から1時間35分)

    「『ウェルカムベビー』プランのお部屋は露天風呂付きで、親子で気兼ねなく温泉を楽しめます。キッズルームも、やさしい色合いの木の遊具がすてきです。ホテルの目の前には十勝川が流れ、北海道の雄大な自然を間近に感じられるお宿でもあります」(吉野さん)

    2016年に新規オープンしたキッズルームは、ドイツ・HABA社製の玩具をメインに揃えている
    2016年に新規オープンしたキッズルームは、ドイツ・HABA社製の玩具をメインに揃えている

    世界的にも珍しい植物性の温泉「モール温泉」は美肌の湯と呼ばれ、赤ちゃんにも安心な泉質。北海道の豊富な食材を楽しめる「十勝ビュッフェ」の食事は、事前予約で個室対応も可能です。もちろん離乳食にも対応。
    客室のベビー布団やタオルはオーガニックコットン、低刺激性のアメニティを揃えるなど、天然素材にこだわる宿でもあります。

    12.5畳の和室に露天風呂付き。十勝川の景色も眺めることができる
    12.5畳の和室に露天風呂付き。十勝川の景色も眺めることができる

    ホテルの目の前を流れる十勝川には、冬は白鳥が飛来。散歩中にはエゾリスにも会えるかも!

    十勝川温泉第一ホテル 豊洲亭 豆陽亭

    住所:北海道河東郡音更町十勝川温泉南12
    TEL:0155-46-2231

    ファミリーへの気づかいが随所にあふれる温泉旅館 山代温泉 宝生亭 小松空港より車で30分(参考フライト時間:羽田空港から1時間)

    「お子様連れに至れり尽くせりの旅館。女将さんの気づかいが随所に感じられます。本格的な木のおもちゃと1000冊の絵本は、親子で夢中になれますよ。少し大きいお子様向けの秘密基地のようなキッズルームも大好評です」

    木の玩具と1000冊の絵本が揃うフロア。ここで過ごした時間が親子の特別な思い出になるという
    木の玩具と1000冊の絵本が揃うフロア。ここで過ごした時間が親子の特別な思い出になるという

    全23室とこぢんまりとした旅館ならではの落ち着いた雰囲気の中で、弱アルカリ性の肌にやさしい温泉と本格的な北陸の美食を楽しめる宿。
    4人のお子さんを育てる女将さん自身が「こんな旅館なら安心して泊まれる」と思える宿づくりを目指しているそう。貸し切り風呂や子ども用グッズ、成長にあわせた食事はもちろん、バースデーなどのサプライズまで、リクエストに温かく応えてくれます。

    かつて日本酒の醸造に使われていたという湧水をブレンドした温泉は、肌への効果も抜群"
    かつて日本酒の醸造に使われていたという湧水をブレンドした温泉は、肌への効果も抜群"

    空からのアクセスに加え、JR加賀温泉駅から車で約10分と、周辺観光に便利なのもうれしいポイント。

    山代温泉 宝生亭

    住所:石川県加賀市山代温泉桔梗丘 1-80-1
    TEL:0761-77-1143

    絶景を堪能しながら家族で遊び尽くす シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート 宮崎空港より車で20分(参考フライト時間:羽田空港から1時間40分)

    「目の前に広がる海の景観が、とにかくすばらしい!施設内外に家族で楽しめるレジャーが充実しているので、長期滞在や三世代でのご利用におすすめです。また、お子様の年齢によってもできることが変わるので、リピート率も高いお宿です」

    雄大な太平洋に面し緑豊かな黒松林に囲まれた、高さ154mの高層リゾートホテル
    雄大な太平洋に面し緑豊かな黒松林に囲まれた、高さ154mの高層リゾートホテル

    736の客室は全室オーシャンビュー。レストラン、温泉、スパ、プール、ゴルフ場やテニスコート、マリンアクティビティなど、施設・サービスはどれも国内トップレベル。生後56日から小学6年生まで預けられるベビーシッタールームも備えており、大人が本気で楽しむことができます。
    もちろん小さい子どもに向けたサービスやアクティビティも充実しており、動物園やミニ遊園地、ベビーカーでも行くことができる広々した芝生の植物園も隣接。長期滞在したくなる宿です。

    やさしく預かってくれるシッターは経験豊かな有資格者。2日前までに要予約
    やさしく預かってくれるシッターは経験豊かな有資格者。2日前までに要予約
    地下1000m、一千万年前の地層から湧き出ているミネラル豊富な温泉で自然との一体感を味わえる
    地下1000m、一千万年前の地層から湧き出ているミネラル豊富な温泉で自然との一体感を味わえる

    エキゾチックな和の趣と自然を感じられる温泉は、大浴場や露天風呂のほかに貸し切りの離れ5棟を備えています。

    シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート

    住所:宮崎県宮崎市山崎町浜山
    TEL:0985-21-1113(総合予約センター)

    別府湾を一望できる水着で楽しむ露天型温泉施設が最高! 杉乃井ホテル 大分空港より車で40分(参考フライト時間:羽田空港から1時間35分)

    「広い館内に楽しい要素を散りばめた、遊園地のようなアミューズメントホテル。別府湾を見渡せる、水着で楽しむ露天型温泉施設に家族全員で入るのは最高です。ビュッフェのお食事も、大人はもちろんお子様も楽しめるよう工夫されています」

    通年入れる水着で楽しむ露天型温泉施設「ザ アクアガーデン」の噴水ショーは必見
    通年入れる水着で楽しむ露天型温泉施設「ザ アクアガーデン」の噴水ショーは必見

    日本一の湯処、別府を代表する大型温泉リゾートホテル。別府湾を一望できる大展望露天風呂「棚湯」、水着で楽しむ「ザ アクアガーデン」がどちらも源泉100%というのは、さすが。日沈後もプロジェクションマッピングやイルミネーションなどの多彩なアミューズメントが用意されています。
    九州の旬の食材を活かしたビュッフェは、きめ細かなサービスで子どもも安心。綿菓子やチョコレートファウンテンなど体験型のデザートも好評です。

    有料も納得の、子どもが夢中になるキッズランド。ウェルカムベビープランでは30分無料で遊べる
    有料も納得の、子どもが夢中になるキッズランド。ウェルカムベビープランでは30分無料で遊べる
    5段からなる湯船を棚田状に重ねた大展望露天風呂「棚湯」から別府湾の絶景を望む
    5段からなる湯船を棚田状に重ねた大展望露天風呂「棚湯」から別府湾の絶景を望む

    期間限定で波のプールやウォータースライダーで遊べる屋内施設「アクアビート」も営業。客室はバリアフリー対応もしており、三世代で満喫できる宿です。

    杉乃井ホテル

    住所:大分県別府市観海寺 1
    TEL:0977-24-1141(代表)、0977-78-8888(予約センター)

    家族で温泉に行きたくなってきたでしょうか?次からは、空港・機内の子ども向けサービスをご紹介します。

    実は子連れにやさしい空の旅

    空港の貸し出しベビーカーは、搭乗口まで利用できるのをご存知ですか?さらに2歳以下の子ども連れは事前改札サービスによって、優先搭乗ができるんです。余裕を持って行動していたはずが結局バタバタしてしまう子連れファミリーも、空の旅なら目的地までの時間をゆったりと過ごせるはず。ここからは、知っておけば絶対に役立つ空港・機内のサービスをご紹介します。

    空港の赤ちゃんコーナーはデパート以上に充実

    羽田空港第2旅客ターミナルの授乳室は1Fに7カ所、2Fに9カ所、3Fに1カ所、4Fに1カ所(合計18カ所)
    羽田空港第2旅客ターミナルの授乳室は1Fに7カ所、2Fに9カ所、3Fに1カ所、4Fに1カ所(合計18カ所)

    赤ちゃんを連れたママ・パパにとって、外出先におむつ替えスペースや授乳室があるかどうかは気になるもの。安心してください。今回ご紹介した宿の最寄りの空港(とかち帯広、小松、宮崎、大分)にはすべて、おむつ交換台や調乳設備を備えた授乳室があります。しかも羽田空港第2旅客ターミナルは、その数18カ所(出発ゲートラウンジ内を含む)!デパートよりも充実しているのではないでしょうか。

    機能だけじゃない、子どものテンションをあげるキッズトイレ

    南国リゾートをイメージした宮崎空港のキッズ用女子トイレ。男子トイレにはエアプレインパークのキャラクターも
    南国リゾートをイメージした宮崎空港のキッズ用女子トイレ。男子トイレにはエアプレインパークのキャラクターも

    旅行では、慣れない経験に緊張してしまう子もいます。宮崎空港では2015年にキッズ用トイレを設置。保育園や幼稚園のような子どもになじむサイズ感と楽しい雰囲気で、親子ともにほっとできるのではないでしょうか。また、ここまでの設備はなくとも各空港でキッズ用便座を備えています。

    キッズコーナーで夢中で遊べば、待ち時間もあっという間

    とかち帯広空港のキッズパーク「うらら」の愛称は、アイヌ語の十勝方言で「空」の意
    とかち帯広空港のキッズパーク「うらら」の愛称は、アイヌ語の十勝方言で「空」の意

    ターミナルビルや出発ロビーなど、設置場所はいろいろですが、ほとんどの空港が子どもの遊び場を備えています。たとえば、2017年3月に完成したばかりのとかち帯広空港のキッズパーク「うらら」は、やさしい色合いの木製玩具を中心に、床のパッチワークやトラクターの玩具などで十勝らしさを表現。旅行中の子はもちろん、飛行機を見に来た子どもたちを夢中にさせています。

    展望デッキはメインイベント級に楽しめる

    佐伯市出身のランドスケープデザイナーによる大分空港の展望デッキ
    佐伯市出身のランドスケープデザイナーによる大分空港の展望デッキ

    どの空港にも必ずある、展望デッキ。飛行機を見て楽しめるのはもちろん、空港の利用客の誰もがくつろげるように工夫されています。2016年末にリニューアルした大分空港の展望デッキは、「海」「山」「空」を曲線と高低差で表現したウッドデッキ調テラス、寝そべったり遊んだりできる芝生スペースもあり、単なる暇つぶしではない、思い出になる空間になっています。さらにスロープや手すり、ファミリートイレと多目的トイレも完備しています。

    貴重なコックピット体験ができる「飛行機のある展望公園」

    仙台で東日本大震災の津波被害を逃れた航空大学校の訓練機、ビーチクラフトC90Aキングエア
    仙台で東日本大震災の津波被害を逃れた航空大学校の訓練機、ビーチクラフトC90Aキングエア

    宮崎空港の展望デッキは「エアプレインパーク」という、間近で飛行機に触れることができる展望公園になっています。入場料は無料で、夜間はライトアップ。中学生まではコクピットの搭乗体験ができ、さらに6歳以下の子どもたちにはパイロットや客室乗務員の制服を無料で貸し出してくれます。

    憧れの制服を着てコクピットへ!
    憧れの制服を着てコクピットへ!
    エアプレインパーク

    住所:宮崎県宮崎市田吉4429-1
    TEL:0985-51-5111
    営業時間:7:00~21:00(コクピット見学時間:10:00~18:00)
    ※天候によって休止の場合あり

    座席指定予約は電話やインターネットで早めに

    空の旅で一番心配なのは、子どもが機内でぐずらずに過ごせるかどうか、ではないでしょうか。大丈夫、しっかり準備すればそれほどおそれることはありません!
    まずは、早めの座席指定予約から始めましょう。ANAの国内線では搭乗日の年齢が生後8日~2歳を幼児、3~11歳を小児として、幼児は大人の膝上で搭乗できたり、小児向け運賃があったりします。幼児の座席は、座席指定画面でも子ども用アイコンが表示されます。子連れファミリーは早めに座席指定予約しておくことで、「ここに子どもが座ります」と示すことができるのです。また、機体後部は化粧室も近く、客室乗務員に声をかけやすいため、子連れが多く座るエリアです。

    こんなにある!機内の子ども向けサービス

    搭乗の際には、はじめに隣の人などに軽くひと言かけておくと安心です。また、機内にはさまざまな子ども向けサービスがあり、おむつ交換台付きの化粧室(一部の便を除く)や紙おむつのご提供※、ミルクづくりのお手伝いなど客室乗務員も柔軟に対応してくれます。困ったことがあれば相談してみましょう。

    • ANA運航便。サイズや仕様の制限あり

    おもちゃとお昼寝を上手に使って

    ANA「お子様向けのオリジナルおもちゃ」の一例 ※イメージです
    ANA「お子様向けのオリジナルおもちゃ」の一例 ※イメージです

    空港でたくさん遊び、子どもの昼寝の時間に合わせて搭乗する作戦はとても有効ですが、眠りかけや寝起きにぐずる場合もあるのでよく見極めたいところ。お気に入りのおもちゃや絵本があると安心ですが、荷物にならないように厳選しましょう。機内でもらえるおもちゃがかわいくて、充分に間がもつこともよくあります。少し大きい子どもなら、ポータブル機器で好きなDVDを見せる手もあります。ミュートで再生したり、お持ちの子ども用のヘッドホンを使うなどしてうまく利用したいですね。

    離着陸の耳痛をクリアすれば、飛行機はこわくない

    機内で小さな子どもが泣いてしまうのは、主に離陸時と着陸時。気圧の変化で耳が痛くなるときです。逆にいうと、ここをクリアしてしまえば普段とそう変わらずに過ごせるはず。赤ちゃんならば、おしゃぶりやミルクを飲ませることで耳抜きができます。周囲に配慮しながらケープなどで授乳してもいいでしょう。少し大きい子どもなら、ラムネや機内でもらえるキャンディーで唾を飲み込むようにすればOKです。

    飛行機と「ウェルカムベビーのお宿」で、空から気軽に子どもと一緒に温泉へ。気をつけたいことは多いけれど、それ以上に楽しいことがたくさん待っています。親子ともに笑顔になれるよい旅を!

    こちらもチェック!

    ライター: Akiko Aida

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る