コンテンツへ

    憧れのモルディブ おすすめの水上ヴィラはここ!

    水平線に向かって延びるプールが自慢 アンサナ・ヴェラヴァル

    国際空港から水上飛行機で約40分のところにあるアンサナ・ヴェラヴァル。スパリゾートの先駆けとなったバンヤンツリー・ホテルズ&リゾーツの姉妹リゾートで、スパトリートメントを目当てに訪れるゲストも少なくありません。

    通常、水上ヴィラは島から桟橋を渡っていきますが、アンサナ・ヴェラヴァルの水上ヴィラは島から完全に独立した海上に造られています。ビーチヴィラが並ぶメイン島からは、ボートでのみアクセスが可能です。

    海の上の邸宅といった雰囲気の水上ヴィラ
    海の上の邸宅といった雰囲気の水上ヴィラ

    水上ヴィラが並ぶ海上には、スパやレストラン、バーも併設されているので、メイン島に戻らなくても不自由のないリゾートライフを楽しめます。すべて海の上に造られた空間は、完全なプライバシーが保たれています。

    水上ヴィラにある、大きなインフィニティエッジのプール
    水上ヴィラにある、大きなインフィニティエッジのプール

    水上ヴィラのテラスには、水平線に向かって突き出すように21m2のインフィニティエッジのプールが。本気で泳いでもいい大きさですが、ぷかぷか浸かっているだけで、まるでラグーンで泳いでいるような錯覚を覚えます。
    さらに海上のデイベッドや眺めのいいルーフトップテラスなど、175m2の広いスペースをのびのびと活用したダイナミックな客室デザインに驚かされます。

    ハネムーナーやカップルに絶大な人気の海上デイベッド
    ハネムーナーやカップルに絶大な人気の海上デイベッド
    Angsana Velavaru

    室料:US$848~
    URL:https://www.banyantree.com/en/angsana/maldives/velavaru

    海辺の別荘を訪れるかのような居心地のよさ アミラフシ

    国際空港から水上飛行機で約30分のバー環礁にあるリゾートアイランド。モルディブの言葉、ディベヒ語で「マイ・アイランド・ホーム」を意味するリゾート名のとおり、まるで島にある自宅のようにくつろげるリゾート。客室をルームではなく「ハウス」と呼ぶことからも、特別な思いが感じられます。

    メインプールはモルディブ最大級!
    メインプールはモルディブ最大級!

    重厚な建築の高級ホテルが多いなか、潮風をまとったような軽やかなデザインが特徴的。リゾート施設も客室も白をベースとしたスタイリッシュなスクエアデザインとなっています。

    水上ヴィラはスタンダードなラグーン・ハウスでも200m2と広々。キングベッドにリビングスペース、デッキには全室にプライベートプールもあります。

    オーシャン・リーフ・ハウスのデッキテラス
    オーシャン・リーフ・ハウスのデッキテラス

    贅沢なのに、ゆったりとくつろげる…。絶妙に計算されたその居心地のよさから、比較的新しいリゾートホテルにもかかわらず、リピーターが多いそう。秘密にしておきたい海の隠れ家といったところですね。

    明るくスタイリッシュなインテリア。オーシャン・リーフ・ハウス
    明るくスタイリッシュなインテリア。オーシャン・リーフ・ハウス
    Amilla Fushi

    室料:US$2,000~
    URL:http://www.amilla.mv/

    コンテンポラリーなデザインが生きる アナンタラ・キハヴァ・モルディブ

    独創的なデザインと上質なホスピタリティで知られるタイのホテルグループ、アナンタラが満を持して造り上げたリゾートホテル。ブランコのように揺れるデイベッド、とんがり屋根の建物、夜になると星を散らしたように光るプールなど、遊び心溢れるリゾート施設が印象的です。そこにいるだけで心躍るような気分になれる、そんな素敵な空気が流れています。

    レストラン&バーエリアは夕日のベストスポット
    レストラン&バーエリアは夕日のベストスポット

    水上ヴィラは全室にプライベートプールが備わり、テラスにはモルディブスタイルの大きなブランコもあります。スタンダードな水上ヴィラでも敷地面積は259m2。アジアンシックなベッドルームを中心に、窓を開け放つとプールやその先の海と一体感を得られる開放的なバスルームが揃っています。バスタブは底が一部ガラス張りになっているので、お風呂に浸かりながらラグーンを泳ぐお魚ウオッチングが楽しめる…かも!

    人気の水上ハンモックもある、大きな水上ヴィラ
    人気の水上ハンモックもある、大きな水上ヴィラ

    食にこだわるタイ資本のリゾートだけあって、レストランも充実しています。なかでも水中に造られた「SEA」は、ぜひ訪れてみて。魚が行き交う様子を楽しむなら、明るいランチタイムがおすすめです。

    コース料理を提供する水中レストラン「SEA」
    コース料理を提供する水中レストラン「SEA」
    Anantara Kihavah Maldives

    室料:US$1,503~
    URL:https://kihavah-maldives.anantara.com/

    船形の水上ヴィラで楽園へ船出 コモ・ココア・アイランド

    国際空港からスピードボートで約40分。島をぐるりと一周歩いても5分ほどという、小さな島に造られたのが、その名も愛らしいココア・アイランド。高級リゾートでありながら、モルディブの素朴な雰囲気を残しているのが特徴で、肩肘張らず自然体で過ごせます。

    モルディブらしさを感じられるドーニ・スイート
    モルディブらしさを感じられるドーニ・スイート

    客室は全部でたったの33室。小さな島なので、すべて水上に造られています。そのうち17室がモルディブの伝統的な木造船「ドーニ」を模したデザイン。まるでクルーズに出るような雰囲気ですが、室内は白を基調にしたナチュラル&スタイリッシュなインテリアです。華美ではないですが、居心地のよさが際立つ水上ヴィラ。ほかにロフト付きの水上ヴィラや広い屋外バスルーム付きの水上ヴィラもあります。

    質のいいリネンが心地いい
    質のいいリネンが心地いい

    リゾートを経営するコモ・ホテルズ&リゾーツは、バリやタイなどアジアを中心にウェルネスリゾートを展開しています。ココア・アイランドにも、心と体のバランスを整えるホリスティックなスパがあるほか、ヘルシーなメニューを揃えたレストランも定評があります。モルディブの美しい自然とココアのスパトリートメントで、心も体もリフレッシュできるはずです。

    干潮時には島の外れに広い砂州が現れ、絶景となる
    干潮時には島の外れに広い砂州が現れ、絶景となる
    Como Cocoa Island

    室料:US$1,450~
    URL:https://www.comohotels.com/cocoaisland

    ここに紹介した以外にも、モルディブには約120のリゾートアイランドがあり、そのほとんどに水上ヴィラがあります。モルディブ旅行を考えたら、まずはじっくりと下調べをして、あなたの好みにあう水上ヴィラを見つけてください。

    • 室料は2018年2~3月の水上カテゴリー1泊の最低料金です。
    • 水上ヴィラ、水上バンガロー、ラグーンヴィラなど、ホテルによって水上にある客室の名称は異なりますが、ここでは水上ヴィラで統一しました。
    • 情報は2018年2月現在のものです。

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る