コンテンツへ

掲載日:2018.03.15

ANAで行く! シンガポールの定番&注目スポット体験ツアー

ANA Travel & Lifeでは、スタート3周年を記念した特別キャンペーンを実施。人気記事から行ってみたい旅を投票していただいた方の中から、抽選でペア1組2名様を「シンガポール2泊4日の旅」にご招待しました。今回は、そのシンガポール体験ツアーの一部をお届け。個性的な外観でおなじみのホテル・マリーナベイ・サンズを起点に、シンガポールの人気スポットやオススメグルメをご紹介します。
ANAオリジナル

羽田空港から、いざシンガポールへ

「ホントに当たるんだ!と、びっくりでした」。そう語るのは、当選者の宮下さんと、そのお母様。しばらく当選の事実を信じられなかったそうですが、シンガポールは前々から気になっていたようで、「多様な人種の方々が創り出すシンガポール独自の文化に興味があったんです。チャイナタウンやリトル・インディアなど、それぞれの民族の文化が色濃く感じられる街にも行ってみたいですね」と、初めてのシンガポールへの期待を語ってくれました。

旅行先では歴史のある建築や町並みを楽しんだり、美術館を巡ったりするのが好きだという宮下さんとお母様

「ANAハローツアー プレミアムエコノミーで行く シンガポール4日間」による今回の体験ツアー。エコノミークラスよりワンランク上のプレミアムエコノミーならではのサービスが利用できるのもポイントのひとつです。プレミアムエコノミーなら、手荷物の手続きや受け取りが優先的に行えるほか、出発前はANA LOUNGEで、搭乗後は快適なシートでゆったりと過ごすことができるんです。

出発までの時間はANA LOUNGEで

食事は人気のカレーや軽食のほか、豚骨ラーメンやきつねうどんといった麺類もオーダーできます

羽田空港からの深夜便のため、早速、出発までの時間をANA LOUNGEで過ごすことに。空港内の店舗が営業していない時間帯でも、ラウンジならのんびりくつろぐことができます。この日もたくさんの方がビールや日本酒を楽しんだり、フライト前に小腹を満たしたりと、思い思いの時間を満喫していました。

ANA LOUNGEにて(宮下さん撮影)。国際線のANA LOUNGEは有料での利用も可能。
エコノミーの場合でも、リラックスした時間を過ごせます

プレミアムエコノミーなら、長旅も快適に

足元だけでなく幅にもゆとりをもたせてあるので、ゆったり度が違います

いよいよシンガポールへ出発。ANAのプレミアムエコノミーなら、6時間半ほどの空の旅も快適に過ごすことができます。なんといってもうれしいのが、シートの絶妙な幅とレッグレスト。一般男性でも軽く寝返りが打てるくらいの広さがあるうえ、足を伸ばして寝られるので、離陸前から到着まで眠り続けてしまうほどの座り心地なんです。これなら現地に朝到着しても、そのまま元気に行動することができますよね。

プレミアムエコノミー

URL:https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/promotions/py/

まずは、シンガポールのローカルフードで朝食を

地元の大学生やビジネスマンがのんびりと朝食を楽しんでいました

現地に到着するとまず迎えてくれるのが、シンガポールならではのモワッとした熱気。平均気温27度前後と、一年を通して高温多湿な熱帯雨林気候が特徴です。しかし、この日は幸運なことに、スコールが降り続く雨季だったにも関わらずときおり陽も差し込み、過ごしやすい一日でした。

ホテルのチェックインまで時間があったので、まず向かったのが「Ya Kun Kaya Toast(ヤクン・カヤ・トースト)」本店。薄切りのパンをカリカリに焼き、ココナッツベースの「カヤジャム」というジャムとバターをはさんだシンガポールローカルの定番朝食「カヤ・トースト」が食べられるお店です。

カヤ・トースト(右下)と、温泉卵、コーヒーのセット。カヤジャムは創業当時の製法のまま。
温泉卵も機械を使わず、一つひとつゆで具合を確認しながら作っているそう

カヤ・トーストは温泉卵、コンデンスミルクの入った甘いコーヒーとセットで頼むのがローカル流。卵に濃いめの醤油とこしょうをかけて混ぜ合わせたものを、トーストにつけながら食べるんです。甘いカヤ・トーストとしょっぱめに味付けした温泉卵による甘じょっぱいマリアージュがクセになること間違いなし。さらにコーヒーをレンゲですくってすするように飲めば、完璧なローカルになれるそうですよ。

国内で60店舗を展開するヤクン・カヤ・トーストの中でも、パンを炭火焼きで提供してくれるのは本店だけ。
絶妙な焼き加減で、香ばしくカリカリなパンを味わえます
Traveler's Memory

旅の思い出

ヤクン・カヤ・トーストのシンガポールコーヒー(宮下さん撮影)

「エバミルク、砂糖、コンデンスミルクなどを入れて様々なアレンジが可能なコーヒーは、甘いけれども意外とサラッと飲め、地元の人達はこれを飲みながら談笑していました」(宮下さん)

Ya Kun Kaya Toast Far East Square(ヤ・クン・カヤ・トースト ファーイーストスクエア店)

住所:18 China Street, #01-01, Singapore 049560
URL:http://www.yakun.com/

ライター:Ryohei Goto (BLOCKBUSTER)

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

ライフ特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る