コンテンツへ

掲載日:2018.04.05

あのご当地グルメに会える 北海道から九州まで全国のスーパーマーケット16選

モノと人が集まるスーパーマーケット。お土産屋さんとは違って、その土地で日常的に愛されている名品に出合えるのが魅力です。もちろん、価格帯もリーズナブル。旅行、出張、帰省の折には、掘り出し物を探しに訪れてみませんか? 各地で評判のスーパーマーケットを、そこで買える名物・名産品とともにご紹介します。

ご当地グルメ筆頭、飛騨高山の「あげづけ」 ―ファミリーストアさとう(岐阜県)

あげづけ5枚入り172円。焼くと外はカリカリ、中はフワフワの絶品に

「あげづけ」は、岐阜県飛騨高山の地元の豆腐屋「古川屋」のオリジナル商品で、醤油で味付けされた油揚げ。もともと地元の人気商品であったものが、数年前にテレビで紹介されて全国的にブレイクしました。シンプルだけれど、ほかでは真似できない逸品だとか。また、雪深いこの土地では、昔から漬物が大切な保存食でありその売り場は今も驚くほどの充実ぶり。白菜漬けをバターで焼いた「漬物ステーキ」が飛騨高山の名物料理になっているのもうなずけます。

味に定評のある、ていねいに手作りされた飛騨高山の漬物がずらり
ファミリーストアさとう

岐阜県内に6店舗を展開
URL:http://www.tokutokusatou.com/

静岡では"はんぺん"は黒いのが常識!? ―しずてつストア(静岡県)

丸又金ラベル(黒はんぺん)321円。ゆでた状態なのでそのままでもおいしい

「静岡の人は他県の白いはんぺんに驚く」というほど、静岡県内でメジャーな黒はんぺん。原料はイワシやサバで、新鮮な魚を丸ごと骨まですり身に。カルシウムや鉄分が豊富で、そのままワサビ醤油で、焼いて、フライで、もちろん名物のおでんにしても、おいしく食べられている県民食です。また、静岡県土産といえば、「うなぎパイ」が有名ですが、静岡市内近辺なら「8の字」もおすすめ。ボーロの素朴な甘さが静岡名産の日本茶にぴったり合います。

8の字(120g)379円。創業百数十年を数える老舗の伝統の味
しずてつストア
しずてつストア

静岡県内に34店舗を展開
URL:http://www.s-store.co.jp/

あんかけスパに、味噌カツ、あんトースト。名古屋グルメを自宅で ―ヤマナカ(愛知県)

ヨコイソース1人用 204円。あんかけスパ発祥の店「ヨコイ」のオリジナルソース

スパゲティに中華料理のような餡をかけた「あんかけスパ」は、名古屋発祥B級グルメの代表格。味わってみたいけれど、味噌煮込み、手羽先、ひつまぶしなど名物の多い名古屋では、カバーしきれない人も多いはず。それなら、スーパーでその味を調達してみては。ほかにもチューブタイプの「つぶあんトッピング」で名古屋喫茶店名物「あんトースト」、「つけてみそかけてみそ」で味噌カツなど。名古屋で出会って気に入った味を、自宅で再現するのもいいですね。

つぶあんトッピング237円、つけてみそかけてみそ297円
ヤマナカ

愛知県を中心に66店舗を展開(『Ftante』『Frante館』『ザ・チャレンジハウス』を含む)
URL:http://www.super-yamanaka.co.jp

行列ができるスーパー! ご当地グルメを創り出す ―主婦の店 さいち(宮城県)

おはぎ(餡子)1個 108円 餡子、きな粉、ゴマ、納豆の4種類。消費期限は購入日当日

宮城県仙台市から車で30分ほど、秋保(あきう)温泉にある個人経営店。ここが連日開店9時前からたくさんの人が並ぶ、行列ができるスーパーなんです。行列のお目当てはまず、1日平均5,000個、土日祝日は1万個以上売れるという「おはぎ」。経営者のご夫婦が開業当時から試行錯誤してつくり上げた味だそう。また、手作りの惣菜はどれも大人気で、販売状況に合わせて補充しながらも夕方には売り切ります。おはぎも惣菜も、添加物や保存料を使わないので消費期限は1日限り。近くまで行ったらぜひとも立ち寄りたいお店です。

こちらも人気の、玉子サンド220円。つくり方が全国ネットのテレビで紹介されたことも
主婦の店 さいち

TEL:022-398-2101(代)
宮城県仙台市太白区秋保町湯元字薬師27

全国的ブームになったあのコッペパンが並ぶ ―ジョイス(岩手県)

福田パン コーヒー138円、あん・バター149円、ピーナツ・バター138円。不動の一番人気はあん・バター

色々な具材をはさんだコッペパンが全国で静かなブームになっていますが、実はこれ盛岡のソウルフードなんです。発祥は、地元の福田パン。直営店では好みの具をその場ではさんでもらいますが、スーパーで人気メニューをパッケージングしてあるものを購入できます。ふかふかのパンと絶妙にマッチする具材のおいしさはそのまま。さらに、全国にファンをもつ「岩泉ヨーグルト」。ヨーグルトの概念を覆す、コクともっちりした食感です。

岩泉ヨーグルト734円。2016年8月の台風で工場が被災し、製造中止になっていたが2017年10月に販売を再開した
ジョイス

岩手県を中心に30店舗を展開
URL:http://www.arcs-g.co.jp/group/beljois/

いったいどんな味? ユニークすぎる青森ご当地グルメ ―カブセンター(青森県)

青森おでん生姜味噌168円。根強い人気を誇るロングセラー商品

青森のソウルフード「生姜味噌おでん」。戦後、青函連絡船を待つ乗客が温まるようにと、屋台でおでんの味噌だれに生姜を入れたところ、喜ばれて広まったといいます。ピリッと生姜のきいた味噌だれをたっぷりかけて食べる、あつあつのおでん。なんとなく想像はつくけれど、実際に食べて確かめたくなりますね。一方、想像のはるか上を行くご当地グルメが「味噌カレー牛乳ラーメン」。北海道にルーツを持つラーメン店が、青森で発展させた味だそう。B級グルメがひしめく土地柄もあってか、ファン層はじわじわ広がっているようです。

味噌カレー牛乳らあめん2食入り358円。思わず2度見するネーミング
カブセンター

青森県を中心に7店舗を展開
URL:http://www.beny.co.jp/

ジンギスカンにラクレットチーズ…魅惑の北海道グルメ ―ラッキー(北海道)

なんぽろジンギスカン(ラム1kg)1,922円。空知郡南幌(なんぽろ)で大人気の店のジンギスカン

おいしいものが盛りだくさんの北海道ですが、道産子のソウルフードといったらやはり「ジンギスカン」。秘伝のたれと肉厚な羊肉で大人気のジンギスカンが、スーパーで買えるなんて、さすが北海道ですね。お次は「ラクレットチーズ」。「ラクレット」は「引っ掻く」という意味で、チーズの断面を火で炙り、とろけたところをナイフなどで掻いて食材に絡めて食べることから、この名前がつきました。北海道のじゃがいもやアスパラガス、ふきのとうなど、季節ごとの野菜と一緒に味わう贅沢。ぜひとも実現したいですね。

十勝ラクレット モールウォッシュ842円。国内初ラクレット専門の「共同熟成庫」で専属の熟成士が手がけるチーズ
ラッキー

札幌市を中心に北海道に34店舗を展開(食品取り扱い店舗は27店舗)
URL:http://www.hokuyu-lucky.co.jp

名物伊勢うどんの甘たれが、進化を遂げた ―ぎゅーとら(三重県)

伊勢発甘タレからあげ万能タレ(150ml) 411円。自宅で気軽に「伊勢発甘タレからあげ」が作れる

太いうどんをやわらかくゆで、伝統のたまり醤油を使った甘いたれをかける。それが名物「伊勢うどん」。そしてこの甘いたれを揚げたてのからあげとからめた「伊勢発甘タレからあげ」が、新たな伊勢のご当地グルメとして広まりはじめています。一方、地元にずっと愛されてきた揚げ物の元祖といえば、ぎゅーとら名物「アイドルコロッケ」。しっかり味がついているから、ソースなしでいただけます。

アイドルコロッケ5個入り243円。甘めのしっかりした味付けのレシピは企業秘密
ぎゅーとら

三重県内に28店舗を展開
URL:http://www.gyutora.com/

紀伊半島の豊かな自然を実感!「梅まだい」 ―オークワ(和歌山)

梅まだい(背短冊一フシ)1,382円。さっぱりとした脂と歯ごたえが特長

日本最大の半島、紀伊半島。三方を太平洋に囲まれ、真ん中に紀伊山地が走る自然豊かなこの土地のスーパーには、地元産の魅力的な食材がいっぱい。なかでも注目なのが和歌山の特産品「梅」を飼料に使って育てた真鯛、その名も「梅まだい」。梅エキスの効果で養殖特有の臭みを感じない、さっぱりとした旨味を実現しています。また、オークワには味もボリュームも満点のお惣菜がいっぱい。大きな海老の天重も名物です。

海老天重537円。店内で揚げた特大サイズの海老に特製のタレをかけた、オークワの人気商品
オークワ

和歌山県を中心に近畿・東海地域に160店舗を展開URL:https://www.okuwa.net

関西高品質スーパーのナイスアイデア商品 ―いかりスーパー(兵庫県)

たぬき庵 このみちゃん(海老・豚)1人前538円。牛すじこんにゃく入りもある

関西で高品質スーパーといえば「いかりスーパー」。輸入食材が充実しているだけでなく、お惣菜やスイーツ、「ikari」マークのオリジナル商品には定評があります。そんないかりの関西らしい人気商品が、卵に粉にキャベツに具材、ソースやマヨネーズ、かつお節、青海苔、紅生姜、天かすと、お好み焼きに必要なすべてが入った「このみちゃん」。混ぜて焼くだけで山芋入りふわふわでダシのきいた、絶品お好み焼きが楽しめます。一方、40年以上ヒットを続ける「芦屋マドレーヌ」は神戸土産の定番です。

いかり 芦屋マドレーヌ6個入り1,241円。前身である洋菓子製造業時代から続く原点
いかりスーパー

兵庫県を中心に24店舗を展開
URL:https://www.ikarisuper.com/

平べったくてピリッと辛い「フィッシュカツ」 ―キョーエイ(徳島県)

津久司蒲鉾のフィッシュカツ178円。津久司蒲鉾こそが、フィッシュカツ発祥の蒲鉾店

徳島で「カツ」といったら「フィッシュカツ」のこと。楕円形で平べったいカツの中身は、太刀魚などの白身魚の練り物。ピリッと辛いのは、調味料とカレー粉や唐辛子を加えて揚げるため。ソースやマヨネーズをつけて食べるのはもちろん、カレーに乗せたりサンドイッチにはさんだりと、まさに「カツ」として食べられています。そんなちょっとジャンクな「カツ」と別ベクトルの、阿波和三盆を使ったスイーツもおすすめです。

和三盆糖使用なめらかぷりん1個228円。和三盆は四国の特産品
キョーエイ

徳島県内に33店舗を展開
URL:http://www.kyoei-group.co.jp/

100年以上の伝統を持つ「けずりかまぼこ」 ―サニーTSUBAKI(愛媛県)

けずりかまぼこ267円。ご飯に混ぜ込んでピンクのおにぎりを作ったりと、お弁当にも大活躍

徳島の隣県、愛媛には雑魚をすりつぶして揚げた「じゃこ天」がありますが、こちらはわりと正統派。ほかにはない名品といえば、なんといっても「けずりかまぼこ」です。かまぼこを固く乾燥させてから、かつおぶしのように薄く削ったもの。そのままおやつやおつまみに、うどんやお吸い物にのせて。キャラ弁当にも活躍します。そして愛媛といったら、やっぱりみかん。ジュースより手軽に持ち帰れる飲むゼリーが、お土産に人気です。

紅まどんな入り飲むゼリー321円。愛媛のブランドみかん「紅まどんな」の濃厚な甘みとやさしい酸味を味わえる
サニーTSUBAKI

愛媛県に3店舗を展開
URL:https://www.the-fuji.com/company/group/tsubaki/

100年以上の伝統を持つ「けずりかまぼこ」 ―サニーTSUBAKI(愛媛県)

土佐巻き1パック646円。薬味のにんにく、玉ねぎ、ネギも一緒に巻き込んでいる

高知といえばカツオ。そしてカツオのたたき、さらにはカツオのたたきを薬味も一緒に巻き物にした「土佐巻き」。魚が新鮮な高知で食べるからこそのおいしさかもしれませんが、全国ブレイクを充分ねらえる位置にあるローカルフードです。一方、すでに全国区になっている「ミレービスケット」。加工販売の「野村煎豆加工店」とサニーマートで共同開発したオリジナルフレーバーの商品は、ファンの心をわしづかみにしています。

ミレービスケット204円。ここでしか買えない自慢のオリジナルフレーバー、室戸の海洋深層水塩、コーヒー、ゆず塩の3つ
サニーマート

高知県を中心に25店舗を展開
URL:http://www.sunnymart.co.jp/

一度使うとクセになる「魔法のつゆ」 ―スーパーストアダイノブ(熊本)

魔法のつゆ1,000ml 1,080円。すでに全国的にファンがいるとか

熊本名物の馬刺しにはもちろん、そのコクと深い旨みでどんな料理もワンランク上の味にするといわれる「魔法のつゆ」。地元の老舗「マルヤ醤油」が製造する、和・洋・中華と万能に活躍するだしつゆです。また、お惣菜コーナーの人気者といえば、熊本市のお弁当屋さん発祥とされる「サラダちくわ」(お弁当屋さんの商品名は「ちくわサラダ」)。ちくわにポテトサラダをつめて揚げたもので、熊本では定番のおかずとして根付いています。

サラダちくわ1本 113円。なかにはポテトサラダがぎっしり詰まっている
スーパーストアダイノブ

熊本県内に2店舗を展開
URL:http://www.dainobu.com/

B級じゃありません。富士吉田のハレ料理 ―いちやまマート(山梨県)

吉田のうどん 3人前 248円。太く固くコシが強い麺が特徴

富士山麓では火山帯特有の土壌のせいで稲作が難しく、昔から食事は粉食が中心でした。有名な「ほうとう」は日常食、小麦粉をたくさん使う「うどん」はハレの日に食べられていたとか。とくに富士吉田市名産の「吉田のうどん」は「固く、長く、コシのある人生を」と今でも結婚披露宴の最後にみんなで食べたりするそうです。一方できなこのお菓子への愛が深い山梨県。「国産きなこ大豆」が美味しくて健康に良いと静かに全国ブレイク中です。

国産きなこ大豆140g 486円。いちやまマートのPB「美味安心」のヒット商品
いちやまマート

山梨県を中心に13店舗を展開

URL:http://ichiyamamart.com/

六本木で爆売れしている日本のソウルフード ―福島屋(東京都)

手結びおむすび1個 154円。中身によって値段は異なる。一番人気の具は伝統技法で塩に漬けこんだ「山漬け鮭」

東京の真ん中、六本木一丁目駅(南北線)から直結の福島屋は、実は東京郊外の羽村市を中心に地元密着で愛されてきた東京ローカルのスーパー。ここで毎日飛ぶように売れているのが、なんとおむすび。人気の秘密は、店内のキッチンで製造していること。並べたとたんに売り切れるのでいつも握りたてのおいしさが味わえるんです。しかも店頭で販売している食材や調味料を使っているので、気に入った具を買っていく人も多いのだとか。オリジナルの手作りパンもまた、多くのファンを惹きつけています。

内麦食パン1斤308円。その人気は、立ち寄れば必ず購入するというファンもいるほど
福島屋

東京都内に6店舗を展開
URL:http://www.fukushimaya.net/

全国のスーパーマーケット、いかがでしたでしょうか? 有名なご当地グルメもあれば、まったく知らないローカルフードもあり、奥の深さを感じますよね。スーパーマーケット探訪には、新しい発見がたくさんあるはず。旅の楽しみのひとつにぜひ、加えてみてくださいね。

  • 税込価格を表示しております

全国の名品を「ふるさと納税」でもらおう

人気のお肉や魚介類、全国各地の名産・名物がもらえてマイルも貯まる
ANAの「ふるさと納税」を今すぐチェック!

ライター:Akiko Aida(minimal)

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

ライフ特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る