コンテンツへ

掲載日:2018.04.05

ニューヨーカーが愛するサラダ専門店で、野菜不足をおしゃれに解消!

昨今、アメリカの健康志向派の間で大きなトレンドになっているのが野菜。素材を細切れにしたチョップド・サラダ人気の後、トレンドに敏感なニューヨークで野菜人気はさらに加速中。味わいや彩りはもちろんですが、トレーサビリティや地域性を始め、ニューヨークらしく個性が際立つサラダ専門店が続々と誕生。今回は、ローカルが愛してやまない、とっておきを紹介します。
ANAオリジナル

ミシュラン3つ星店の最強チームが手がけるサラダ専門店 Made Nice

地元ニューヨーク・タイムズ紙ではレストラン・レビューで4つ星を獲得し、昨年4月にはメルボルンで開催された「世界のベストレストラン50」で堂々のナンバー・ワンに輝いた名門店イレブン・マディソン・パーク。今では世界にその名を轟かせるエグゼクティブ・シェフのダニエル・ハム氏とパートナーのウィル・グイダラ氏が率いる同レストランですが、そのスピリットと味を受け継ぐカジュアルなサラダ専門店メイド・ナイスが、注目のトレンド発信地でもあるマンハッタンのノマド地区にオープンしました。

28丁目にオープンしたメイド・ナイス
Photo by Made Nice
メニュー・チェックに余念がないシェフのダニエル・ディステファノ氏
Photo by Evan Sung (Made Nice)

ミシュラン3つ星店の最強チームが手がけるサラダ専門店 Made Nice

調理場を仕切るのは、本店のスー・シェフを務めたダニエル・ディステファノ氏。メニューは野菜だけのものから、肉やシーフードをしっかり盛り込んだものまで、定番の約8種類。旬の素材を積極的に取り入れるため、メニューの一部は季節によって変わります。真っ白な丸いプレートに、あたかも絵のようにていねいに盛り付けられた色とりどりのサラダは、紛れもなく本店の上品さを反映しています。野菜はどれもみずみずしく、そのおいしさを最大限に活かすため、計算しつくされたドレッシングも絶妙な味わいです。コース・メニューなら食事だけで$200〜300を超えてしまう一流店の味が、わずか$10〜15で堪能できるという贅沢ぶりに、ランチタイムには店はあっという間に満席に。事情をよく知る地元のリピーターたちは、カウンターで手早くサラダを購入し、それぞれのオフィスにお持ち帰りするのが定番となっています。

人気のCurry Cauliflower $11。肉の代わりにプロテインは豆腐を。ほんのりスパイスを効かせた温かいクスクスとココナッツに、
レモングラスの爽やかさがマッチ。女性でもペロリと一皿を平らげられるぐらい、ポーションもパーフェクト
Photo by Evan Sung (Made Nice)

食を通じたトレンド発信地としての役割も

また、同店が位置するのは前述のノマド地区。ここ数年、ファッションやカルチャーなど、さまざまな話題を生み出しているエースホテルやノマドホテルも近接しており、クリエイティブでおしゃれなニューヨーカーたちが絶えず行き来しています。目も感性も肥えたローカルたちが足繁く通う同店ですが、サラダ専門店という枠組みを飛び越え、新たな食トレンドを牽引するポテンシャルも秘めているのかもしれません。

カジュアルな店内。壁に描かれているのは、アメリカを代表するグラフィティ・アーティスト、シェパード・フェアリーによるもの
Photo by Made Nice
Made Nice

住所:8 W 28th St, New York, NY
TEL:なし
営業時間:11:00~22:00
定休日:日曜
アクセス:地下鉄RW線28 St駅から徒歩3分
URL:https://www.madenicenyc.com

ランチタイムは、新鮮サラダで心身ともにリフレッシュ Good Seed Salad

平日のランチタイムともなると、お腹をすかせた近隣のビジネスマンたちが押し寄せ、大混雑となるのが、昨年3月、ミッドタウンにオープンしたグッド・シード・サラダ。店名が示すとおり、良質の近郊素材にこだわった彩り豊かなサラダの定番メニューは、通常9種類の展開。好みに合わせて具材を自由に組み替えるカスタマイズも可能で、サラダだけでは物足りない人にはニューヨーク産スナックも揃っています。

広々としたモダンな店内。イートイン・スペースはつねに混雑するため、座席獲得の競争率は高め
Photo by Good Seed Salad
35th and Tex $11。ロメインレタス、グリルドチキン、ブラックビーン、グリルドコーン、アボカドに、
フレッシュ・コリアンダーとスパイシーなクリーム系ドレッシングで
Photo by Good Seed Salad

野菜だけでは物足りないという人にオススメのボウル

サラダ専門店でしばしば見かけるのが、"ボウル"と呼ばれるメニュー。こちらは玄米やワイルドライスといった穀物をベースに、そこにプロテインや野菜を追加。ドレッシングやソースをかけて、サラダのようにしていただくスタイルのものです。穀物が入る分腹持ちもよく食べ応え抜群なので、サラダだけではちょっと物足りない人にオススメです。

The Good Earth $9.50。ルッコラ、ケール、青リンゴ、3色キヌア、焼豆腐、クレミニ・マッシュルームのコンビネーション。
ドレッシングはさっぱりとしたバルサミック・ビネグレット
Photo by Good Seed Salad
Good Seed Salad

住所:213 W 35th St, New York, NY
TEL:1-347-379-4855
営業時間:11:00~20:00
定休日:土・日曜
アクセス:地下鉄123線34 St-Penn駅から徒歩2分
URL:https://www.goodseedsalad.com

ニューヨーク拠点のファスト・カジュアル・チェーン Just Salad

ニューヨークを拠点に、全米各都市、そして海外は香港やドバイにも進出中のチェーン。現在、ニューヨーク市内にはオフィス街があるミッドタウンを中心に18店舗を展開。"たんにサラダを提供するのではなく、速くお手ごろなヘルシーな食事を提供したい"と、同社CEOのニック・ケンナー氏。"缶詰の食材は一切使わない"をモットーに、素材はなるべく地元で収穫された新鮮なものを使用しています。近年のアメリカでは、これまで見向きもされなかった屋上や空き地を活用した都市型農業が拡大していますが、ここニューヨークでは、建物の屋上を利用した「ゴッサム・グリーン」という農場が有名です。市内グローサリーストアの野菜売り場でもしばしば見かける「ゴッサム・グリーン」の野菜ですが、ジャスト・サラダは地元との結びつきを重視し、こうした地元素材を積極的に取り入れています。ほかにも、店内で使用する食器は使い捨てのものを使わないなど、環境配慮も総じて徹底。サラダを食べながら、そんなエコやサスティナビリティに配慮するニューヨークの企業のあり方を感じることもできるのです。

Chimichurri Camaron $11.49。ベースはロメインレタスとクレソン。
海老、赤タマネギのピクルスとグレープトマト、ブラックオリーブをプラスして
Photo by Just Salad
Short Rib Market Bowl $12.49。ジューシーなショートリブにデミグラスソースをかけたポレンタ・ベースのボウル。
副菜には蒸し煮にした小白菜をたっぷりと
Photo by Just Salad
もっとも混雑するのはランチタイムだが、遅くまでの営業時間は、軽めのディナーを求めるニューヨーカーにとってうれしい
Photo by Just Salad
Just Salad(Chelsea店)

住所:140 8th Ave, New York, NY
TEL:なし
営業時間:10:30~22:00、土・日曜~21:00
定休日:なし
アクセス:地下鉄ACEL線14 St駅から徒歩1分
URL:https://www.justsalad.com

伝統的なインドの味わいを新鮮な野菜とともに INDAY

最後に紹介するのは、先出のメイド・ナイスと同じノマド地区にオープンしたインデイ。その名のとおり、ここでつくられるメニューはどれもインド料理からインスパイアされたものばかり。サラダはボウルスタイル。インドの香り米として有名なバスマティライスやキヌア、そして米に見立てたライス・カリフラワーなどをベースに、さらに多様な野菜やチキン、豆のコロッケなどを追加。また、ドレッシングの代わりに使っているのは、スパイスたっぷりのカレー・ソースや、まろやかなタヒニ・ソース、刻んだシャロット入りのさっぱりとしたヨーグルトなど、他のサラダ専門店ではあまり目にしないインドらしさが全開です。最後にチャツネを添えることで、いつも口にする野菜がガラリと様変わり。郷土の味が色濃く反映された独創性豊かなメニューは、ファンの要望に応えて今後も増えていくかもしれません。

人気のシグネチャー・ボウルCurry Flower $10。ライス・カリフラワーに、焼きファラフェルをトッピング。
ビーツ、ココナッツ・チャツネ、キュウリ、ココナッツ・タヒニを添えて
Photo by INDAY
季節限定のボウル、Hey Chickpea! $7.50。
バスマティライスに、ひよこ豆のカレー、玉ねぎのピクルス、ココナッツ・チャツネ、レンティル豆を添えて
Photo by INDAY
市内に現在2店舗を構えるインデイ。
自然光を贅沢に取り入れたモダン・ラスティックな雰囲気は、ノマド地区に集まるトレンドに敏感な若者たちにも好評
Photo by INDAY
INDAY

住所:1133 Broadway, New York, NY
TEL:なし
営業時間:11:00~21:00
定休日:なし
アクセス:地下鉄RW線28 St駅から徒歩3分
URL:https://www.indaynyc.com

ニューヨークを訪れた際、多くの旅人がぜひ試してみたいと願う食のリスト上位に必ず食い込むのは、大きなステーキやハンバーガー、ピザやホットドッグです。もちろん、そうしたアメリカらしい豪快な食を堪能するのも魅力的ですが、たまにはこうしたサラダ専門店を訪れてみて、トレンドにうるさいニューヨーカーたちの今どきの食のライフスタイルを垣間見るのも興味深い旅の思い出になりそうです。

ライター:Kayoko Ogawa

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る