コンテンツへ

    掲載日:2018.05.10

    北海道ドライブで絶対立ち寄りたい!地元の“おいしい”が全部詰まったおすすめ道の駅5選

    地元のおいしいものがギュッと集まったスポットとして人気の道の駅。中でも北海道は、個性的な特徴のある道の駅が数多くあることで有名。そこで、これからの季節の北海道ドライブにぴったりなおすすめの道の駅をセレクトし、ご紹介します。
    ANAオリジナル

    道の駅 厚岸グルメパーク

    冷涼で特異な地域環境から全国で唯一、1年中食べられる厚岸牡蠣が名物。ほかにもアサリ、サンマに昆布など、多彩な食事メニューが楽しめるのが、この厚岸町の道の駅。

    旅行雑誌「北海道じゃらん 道の駅満足度ランキング 2018」では、飲食部門8年連続1位に輝く、道内屈指のおいしいグルメが充実する道の駅として人気です。

    ここを訪れたらぜひ食べたいのが、「レストランエスカル」の人気メニュー「かきぶた合戦丼」。ミネラル分豊富な釧路市の銘柄豚・海藻ポークの豚丼に、厚岸産のふっくらサクサクのカキフライが3個ものったボリューム満点の一品。一度に2つの北海道名物が味わえてお腹も心も満たされること間違いなし。ガッツリ食べたい男性にもおすすめです。

    「かきぶた合戦丼」1,300円

    「炭焼あぶりや」では、バケツ入れて豪快に炭火で蒸す「元祖!バケツ牡蠣」が大人気! さらには、2017年4月オープンの「オイスターバール ピトレスク」では、"カキえもん"をはじめとするフレッシュな厚岸ブランド牡蠣とともに話題の厚岸ウィスキーも楽しめます。

    「元祖!バケツ牡蠣」1,500円
    厚岸ブランド牡蠣が味わえる「オイスターバール ピトレスク」

    物販フロアも魅力的なアイテムが充実。厚岸町内で製造される牡蠣を使用した佃煮や昆布巻、カレーにラーメンなどの加工品は50品以上!

    「金のかき醤油」や「金のオイスターソース」をはじめとした「金's OYSTER PREMIUM」シリーズは、ちょっぴり贅沢な厚岸コンキリエこだわりの商品。リピーターも多く、自宅のごはんがおいしく楽しくなる厚岸グルメをぜひお土産に買って帰ってはいかがでしょうか?

    金's オイスタープレミアムブランド

    毎年5月と10月に開催され、道内外から多くのオイスターファンが訪れるまちの恒例イベント「あっけし牡蠣まつり」の開催時には、厚岸牡蠣で仕込んだ数量限定の黒発泡酒「オイスターブラック」(330ml瓶 550円)も登場。濃厚かつまろやかな味わいで、焼き牡蠣のお供にピッタリ!

    厚岸湖・厚岸湾を背景に道の駅本館を大パノラマで望む眺望スポット「牡蠣の見える丘」や、ワンちゃんもうれしい「牡蠣の見えるドッグラン」も今年リニューアルオープンしました!

    牡蠣の見えるドッグラン

    そのほか、季節により大粒あさりがゴロゴロの大人気「あさりの潮干狩り」や漁師さんと行く「アザラシウォッチングツアー」などアクティブメニューも満載。"来て、観て、遊んで、味わえる"魅力満載の道の駅です。

    道の駅 厚岸グルメパーク / 厚岸味覚ターミナル・コンキリエ

    住所:北海道厚岸郡厚岸町住の江2-2
    電話番号:0153-52-4139
    営業時間:本館9:00~21:00(4~10月)
    ※各店舗、また季節により時間が異なる/月曜休(祝日の際は翌日)
    ※7、8月は定休日なし
    道の駅 サンフラワー

    道の駅 サンフラワー北竜(サンフラワーパーク北竜温泉)

    画像提供:北竜町ポータル

    グルメはもちろん、旅の途中にリフレッシュできる温泉施設を併設する「サンフラワーパーク北竜温泉」。今年3月21日に温泉施設をリニューアルし、男女異なるお風呂を用意し日替わりで入れ替え制に。

    ライブ湯(泡湯)やジャグジー付き寝湯などお風呂も充実!
    画像提供:北竜町ポータル
    露天風呂
    画像提供:北竜町ポータル
    無料休憩室。1F・2Fに有料個室、温泉貸室もあり
    画像提供:北竜町ポータル

    北竜町は雑誌や映画のロケなどにもよく使われる、広大なひまわり畑(ひまわりの里)で知られる町。レストランでは、ひまわりの種を餌にして育てた豚「ひまわりポーク」を使ったメニューも豊富に用意。ひまわりポークのカツ丼やカツカレーが特に人気です。

    「黒いカツカレー」1,000円
    画像提供:北竜町ポータル
    「黒竜カレーラーメン」900円
    画像提供:北竜町ポータル

    そのほか、栄養価の高い黒千石大豆を使ったオリジナルメニューも充実し、黒いカレー、ラーメン、ハンバーグ定食などが評判。夏にかけては、黒千石きな粉を練り込んだザルうどんも登場します。

    黄色に色づく一番の見頃は8月上旬
    画像提供:北竜町ポータル

    北竜町の夏の観光スポットといえば何と言っても「ひまわりの里」(7月中旬~8月中旬まで)! 日本屈指の絶景と評される一面満開のひまわり畑を訪れる際に、サンフラワーパーク北竜温泉へ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

    道の駅 サンフラワー北竜(サンフラワーパーク北竜温泉)

    住所:北海道雨竜郡北竜町字板谷163-2
    電話番号:0164−34−3321
    営業時間:9:30~22:00/無休
    温泉入館料(日帰り入浴):大人(中学生以上)500円/ 小人(小学生)250円

    道の駅 知床らうす

    国道335号沿いに建つ「知床らうす」は、魚の城下町・知床羅臼にあり、知床横断道路の羅臼側の入り口にある道の駅。目の前には、根室海峡と北方領土・国後島が横たわり、後ろには日本百名山の1つ標高1,661mの羅臼岳がそびえます。

    目の前の海にはシャチやクジラが!

    道の駅屋上からは国後島が眺められ、1階からは運が良ければ目の前の海で泳ぐシャチやクジラの姿が見られることも!

    海産物も豊かで、冬は羅臼産エゾバフンウニ、すけそうだら、春には時鮭(トキシラズ)、夏には羅臼昆布やブドウエビ、秋には鮭児(ケイジ)などの秋鮭やイカなど、一年中多種多様な魚介類がとれる世界有数の漁場としても有名。ここ「知床らうす」にもそれら特産品を使ったメニューが胃袋を楽しませてくれます。

    羅臼昆布を食べて育つエゾバフンウニは、とりわけ甘みが強く味が濃厚!

    名物は隣接する深層館内にある「知床食堂」の「ほっけフライバーガー」。羅臼産真ホッケと羅臼昆布醤油入りタルタルソースを使用したご当地バーガーは、B級グルメファンの間でも話題の商品。テイクアウトも可能なので時間がないときのランチや小腹満たしにもおすすめです。

    「ほっけフライバーガー」400円

    羅臼の海洋深層水を使用した青いソフトクリームや、昆布パウダーをふりかけたソフトクリームなどの冷たいスイーツも評判!

    「知床深層水バニラ」350円

    売店では地元の海でとれた新鮮な魚介類、海産物を販売。羅臼昆布や羅臼昆布茶などのお土産が人気です。

    売店フロアは魚市場のようににぎやか!

    道の駅周辺には見晴し最高な「国後島望塔」や、羅臼沖・根室海峡の海の生き物を見るクルーズ「ホエールウォッチング」、世界遺産"知床"が映像と展示で学習できる「羅臼ビジターセンター」など観光スポットも充実。

    国後展望台

    北海道の雄大な自然とおいしいグルメを満喫しに、知床へ出かけてみてはいかがでしょうか?

    道の駅 知床らうす

    住所:北海道目梨郡羅臼町本町361-1
    電話番号:0153-87-5151
    営業時間:9:00~17:00(11~3月 10:00~16:00)/年末年始休

    ライター:Ayano Sakai(verb)

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る