コンテンツへ

    掲載日:2018.07.05

    人気ブロガー・はあちゅうさんが提案! 働き女子を癒やす「サク旅」のススメ

    おすすめプラン① ローカルな遊園地を満喫する旅/岡山

    恐怖感がすごい!と話題の「鷲羽山ハイランド」のスカイサイクル ©SDP
    恐怖感がすごい!と話題の「鷲羽山ハイランド」のスカイサイクル
    ©SDP

    実際に日本全国20か所以上、「サク旅」を体験しているはあちゅうさんに、満足度100%のおすすめプランを教えていただきました。

    「まずは大人になると、旅先の選択肢から外れがちな遊園地をあえてメインの目的に持ってきた旅です。モデルルートですが、岡山到着後は『味司 野村』で、岡山名物・デミカツ丼をいただきます。柔らかいカツに、濃厚なドミグラスソースがかかった丼はボリューム満点です」

    食後は、デニムの街・児島に移動し、旅の目的地である「ブラジリアンパーク 鷲羽山ハイランド」へ。

    「お目当てはネットで“世界一怖いアトラクション”と話題になったスカイサイクル。自転車型のライドに乗り、漕いでレールの上を進むのですが、山の急斜面に作られているので、ちょっと風が吹くとサイクル全体が揺れる~! 童心に返れるし、絶叫マシンって意外と日頃のストレスが吹き飛びますよ」

    乗車中に見える瀬戸内海の眺めは、最高なのだとか ©SDP
    乗車中に見える瀬戸内海の眺めは、最高なのだとか
    ©SDP

    遊園地を満喫した後は、岡山に戻って、地元の名店で夕食をいただきます。

    「『美魚味』で、希少な天然青うなぎを味わいます。青うなぎは肉厚ですが、脂があっさりしているのが特徴。定番のうな重はもちろん、素材の味を楽しめる白焼きもおすすめ」

    「美魚味」のうな重。青うなぎは収穫量が少ないため、事前に確認を! ©SDP
    「美魚味」のうな重。青うなぎは収穫量が少ないため、事前に確認を!
    ©SDP
    味司 野村

    住所:岡山県岡山市北区平和町1-10 野村ビル1F
    電話番号:086-222-2234
    営業時間:平日 11:00~14:30、17:30~21:00(L.O.)、土曜・日曜・祝日 11:00~21:00(L.O.) /無休(年末・年始を除く)

    ブラジリアンパーク 鷲羽山ハイランド

    住所:岡山県倉敷市下津井吹上303-1
    電話番号:086-473-5111
    営業時間:10:00~17:00 ※季節によりナイターあり/無休

    海鮮酒処 美魚味

    住所:岡山県岡山市北区中央町1-2F
    電話番号:086-232-5411
    営業時間:11:30~13:30、16:30~23:30/日曜休 ※ただし月曜が祝日の場合は営業、月曜休

    おすすめプラン② 女子友とはしご酒してみる旅/博多

    はしご酒のラストを飾る「やまちゃん 天神店」の前で ©SDP
    はしご酒のラストを飾る「やまちゃん 天神店」の前で
    ©SDP

    続いての舞台は、福岡・博多! 大人のエンターテインメント「はしご酒」を楽しむ旅をおすすめいただきました。

    「博多に到着したら、まずは博多ラーメンの有名店『博多一双 博多駅東本店』へ。ラーメン愛好家から“豚骨カプチーノ”と呼ばれる極上のスープは絶品ですよ」

    夜までは、腹ごなしに大濠公園を散歩したり、フリータイム。日が暮れたら、お待ちかねのはしご酒のスタートです。

    「1次会は『田しゅう 福岡大名本店』のもつ鍋! 人気の味噌のほか、辛味噌を使った『田しゅう鍋』もおすすめです。2軒目は『小金ちゃん』へ。名物の『焼きラーメン』は豚骨ス―プと特製ソースが絡み、もんじゃ焼きの麺バージョンのよう!」

    「田しゅう 福岡大名本店」のもつ鍋。プルプルのもつが絶品なのだそう ©SDP
    「田しゅう 福岡大名本店」のもつ鍋。プルプルのもつが絶品なのだそう
    ©SDP
    「小金ちゃん」は、博多の屋台料理の代表格「焼きラーメン」発祥のお店 ©SDP
    「小金ちゃん」は、博多の屋台料理の代表格「焼きラーメン」発祥のお店
    ©SDP

    カロリーを消費するために歩いて、「鉄なべ 中洲本店」へ移動!

    「鉄板でカリカリに焼かれた小ぶりな餃子は、いくらでも食べられちゃいそう。ラストは『やまちゃん 天神店』で、シメのラーメンをいただきます。あっさり目の豚骨スープと細麺がマッチしたラーメンは、するする胃に入ってしまうおいしさです」

    「鉄なべ 中洲本店」の餃子。餡には、鹿児島県産の茶美豚を使用し、皮も手作りなのだとか ©SDP
    「鉄なべ 中洲本店」の餃子。餡には、鹿児島県産の茶美豚を使用し、皮も手作りなのだとか
    ©SDP
    「やまちゃん 天神店」のラーメン。シメラーメンは別腹! ©SDP
    「やまちゃん 天神店」のラーメン。シメラーメンは別腹!
    ©SDP
    博多一双 博多駅東本店

    住所:福岡県福岡市博多区博多駅東3-1-6
    電話番号:092-472-7739
    営業時間:11:00~24:00/不定休

    田しゅう 福岡大名本店

    住所:福岡県福岡市中央区大名1-3-6 フラップスビル1F
    電話番号:092-725-5007
    営業時間:17:00~翌24:30(L.O.)/無休

    小金ちゃん

    住所:福岡県福岡市中央区天神2-14-3 ホテルモントレ ラ・スール福岡前
    電話番号:090-3072-4304
    営業時間:月曜・火曜・水曜 18:30~翌1:00( L.O.)、金曜・土曜 18:30~翌1:30( L.O.)/日曜、木曜休
    ※ただし月曜が祝日の場合は日曜営業、月曜休。雨天時休業の場合あり

    鉄なべ 中洲本店

    住所:福岡県福岡市中央区西中洲1-5
    電話番号:092-725-4688
    営業時間:平日・土曜 17:00~翌3:00、日曜 17:00~23:00/火曜、祝日休

    やまちゃん 天神店

    住所:福岡県福岡市中央区舞鶴1-4-31 舞鶴コーポラス1F
    電話番号:092-715-8227
    営業時間:月曜・水曜・木曜 18:00~翌3:30(L.O.)、金曜・土曜・祝前日18:00~翌4:00(L.O.)、日曜・祝日18:00~翌3:00(L.O.)/火曜休

    おすすめプラン③ 伝説のお寿司を食べるだけの旅/札幌

    「鮨 一幸」では、全国から取り寄せた超一級品の魚のみを使用
    「鮨 一幸」では、全国から取り寄せた超一級品の魚のみを使用

    ラストは、はあちゅうさんも今後行ってみたい!と計画中のサク旅プランをご紹介。まず、札幌に着いたら出来立てのサンドイッチがおいしい「さえら」へ。

    「人気の『たらばがにサラダサンド』は、売り切れになることも多いので、狙うなら早めの時間に。おいしすぎて食欲にはずみがついてしまいそうになるけど、ここはぐっと抑えましょう」

    「フルーツサンド」と「たらばがにサラダサンド」が「さえら」の看板メニュー
    「フルーツサンド」と「たらばがにサラダサンド」が「さえら」の看板メニュー

    食後は大通公園周辺を散策して、カフェや雑貨屋巡りをした後、夜はとっておきのお店へ向かいます。

    「周りのお寿司好きが口を揃えて日本一、と太鼓判を押す、お寿司の名店『鮨 一幸』は『予約が取れたら飛行機を取れ』と言われるお店。ドラマチックなお寿司体験を堪能してください」

    丹念にネタに手を加え、シャリの温度をも徹底的にコントロールしているそう
    丹念にネタに手を加え、シャリの温度をも徹底的にコントロールしているそう

    お寿司の後は、札幌でトレンドになっているシメパフェを堪能します。

    「『HASSO』の落花生のクリーミージェラートは、甘すぎない大人の味。おしゃべりしながら、お酒とともにゆっくり味わうのがおすすめです」

    「HASSO」の落花生のクリーミージェラート(左)と、季節限定のパルフェ(右)
    「HASSO」の落花生のクリーミージェラート(左)と、季節限定のパルフェ(右)
    珈琲とサンドイッチの店 さえら

    住所:北海道札幌市中央区大通西2-5-1 都心ビルB3F
    電話番号:011-221-4220
    営業時間:10:00~18:00/水曜休

    鮨 一幸

    住所:北海道札幌市中央区南2条西5-31-4 SCALETTAビル2F
    電話番号:011-200-1144
    営業時間:二部制 18:00~、20:30~/水曜休

    HASSO

    住所:北海道札幌市中央区南2条西5-31-4 SCALETTAビル3F
    電話番号:011-231-7778
    営業時間:16:00~24:30(L.O.)/水曜休

    「みなさんの日常に旅が加わることで、今よりもっとときめきにあふれた毎日が手に入りますように!」と、はあちゅうさん。観光地巡りだけでなく、旅先で自分の好きなことをやると、仕事でくたくたの心にパワーをチャージ出来るはず。もう、週末に家でゴロゴロはもったいない! 次の休み、サクっと憧れを叶えに行ってみてはいかがでしょう?

    • 記載の内容は2018年7月現在のもので、変更となることがあります。
    【取材協力】

    はあちゅうさん
    ブロガー・作家。慶應義塾大学在学中に友人と企画した期間限定ブログが書籍化されたことをきっかけに、媒体を横断した発信を開始。卒業旅行は企業からスポンサーを募り、タダで世界一周を敢行した。卒業後は電通、トレンダーズを経てフリーに。「疲れた日は頑張って生きた日 うつ姫のつぶやき日記」「半径5メートルの野望」など著作多数。
    ブログ:https://lineblog.me/ha_chu/
    ツイッター:@ha_chu

    サク旅
    『1泊2日で憧れを叶える! サク旅~国内編~』(SDP)

    アマゾン:http://amzn.asia/a3AU5UJ
    インスタアカウント:@sakutabi_official

    ANAでサク旅に行きたくなったらこちら

    https://www.ana.co.jp/ja/jp/domtour/dp/

    ライター:Momoko Hirata(verb)

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る