コンテンツへ

    掲載日:2018.07.19

    夏がベストシーズンの富良野、美瑛、旭川へ! ANAで行く北海道2泊3日の旅

    【2日目 8:00】富良野を出発!

    今日の最初の目的地は、美瑛町白金にある「青い池」! 富良野・美瑛の旅で、ラベンダー畑と肩を並べる人気の観光名所です。観光バスのツアー客などで混み合う時間帯を避けたければ、早朝から9時くらいまでには着いておきたいところ。富良野からは車で約50分から1時間かかるので、ホテルから逆算して出発しましょう。

    富良野を出発
    どこまでも続く広大な大地。北海道はでっかいどう~♪

    富良野から美瑛へと向かう道中の景色も絶景! ドライブしながら、延々と続くのどかな風景に癒やされます。 

    【2日目 9:00】白金青い池の幻想的な景色を拝む

    青い池に到着。駐車場から池までは歩いてすぐなので、気負わず訪れることができるのもうれしいところ。この日の天気予報は曇りでしたが、現地に着くと運よく晴れ間が射し込んできました。ヨシッ! これはきれいな景色が期待できそうです。

    散策道の横に青い池が見えてきました!
    移し鏡のように空が反射する池の水面。森の緑とのコントラストも感動的な美しさ

    神秘的な景色が広がる青い池。時間帯や天気で見える景色や色の見え方が変わるそうで、この日は水色とエメラルドグリーンが混ざった幻想的な池を見ることができました。

    池が青く見える理由は、上流の白金温泉地区で湧出している「白ひげの滝」などからアルミニウムを含んだ水が美瑛川の河川水と混ざりコロイドが生成され、太陽光と水中のコロイド粒子が衝突することで青い光が散乱されるためと言われています。 

    池の横を流れる美瑛川。約3.5km上流には白ひげの滝がある

    自然が作り出す美しい景色に、ただただ感動しっぱなし。はぁ~早起きした甲斐がありました! 

    写真を撮るベストスポットは散策道突き当りの角地
    白金青い池

    住所:北海道上川郡美瑛町白金

    【2日目 10:00】絶景だらけの丘の町・美瑛のパノラマロード巡り

    “丘の町”として知られる美瑛。お次はその代名詞である、丘陵と花畑の風景が一望できるスポットへとやってきました。 

    美しい丘陵風景が遠くまで続くパノラマロード

    南東側には十勝岳を遠く眺める美しい丘が延々に続く「パノラマロード」、北西側には種類の異なる農作物が畑に植えられたことからパッチワークのような景色が広がる「パッチワークの路」があります。

    パッチワークの路には、ケンとメリーの木やセブンスターの木、マイルドセブンの丘などの観光スポットがあり、丘の途中に車や自転車を止めて写真撮影する人でにぎわっています。

    ケンとメリーの木

    ただぼんやり眺めているだけで、日頃の疲れが吹き飛ぶような壮大な景色が望めるこのエリア。車で通りすぎるだけでも十分気持ちがいいですが、せっかくなら美瑛屈指の絶景が広がる「四季彩の丘」や「ぜるぶの丘」もこの目で見ておきたい! 

    四季彩の丘
    四季彩の丘
    ぜるぶの丘
    ぜるぶの丘

    ひまわり畑をはじめ数十種類の花が咲き誇る花畑をバギーに乗って鑑賞したり、ご当地ソフトクリームを味わったり、童話の世界にいるような風景の中で大自然に癒されるひとときを過ごせますよ。 

    四季彩の丘

    住所:北海道上川郡美瑛町新星第三
    電話番号:0166-95-2758
    営業時間:4月・5月・10月 9:00~17:00、6月~9月 8:30~18:00、11月~3月 9:00~16:30
    ※ただし12月~2月は16:00まで/12月31日、1月1日休

    ぜるぶの丘

    住所:北海道上川郡美瑛町大三
    電話番号:0166-92-3160
    営業時間:4月中旬~10月上旬8:30~17:00/不定休、冬期休業  

    【2日目 12:00】話題のフレンチレストランで美瑛の食材に舌鼓!

    心ゆくまで絶景を楽しんだら、車で丘の下に降りて「美瑛選果」へ。今日のランチは、こちらの商業施設に併設されている「レストラン・アスペルジュ」でいただきます。

    美瑛選果

    こちらは、北海道を代表するシェフ・中道博氏とJA美瑛の本格的な共同プロジェクトで始まったレストラン。美瑛の特産品であるアスパラが店名に由来しています。 

    レストラン・アスペルジュ

    四季折々の美瑛産の野菜、お米、畜産物を使ったとびきりの料理が評判で、「美瑛を訪れたらぜひここで食事を」と目指してやってくるグルメな観光客も多数!

    ランチは2,600円、3,600円、4,600円の3コースを用意。どの皿も美しい盛り付けで、運ばれてくるたびに「すごーい!」「キレイ!!」とテンションが上がりっぱなし。 

    アミューズの人参のムース

    ニンジンの甘みを引き立たせた軽くなめらかなムースに、姉妹店の人気ブーランジェリー「bible」で焼き上げた美瑛産男爵を練り込んだじゃがいもパンとベストマッチ。1皿目から想像以上のおいしさに次の皿への期待が高まります! 

    美瑛産の旬の野菜を盛り合わせた「美瑛の畑」

    20種類の野菜を使った取り合わせ。鮮度抜群の滋味深い野菜とソースをよく混ぜ合わせていただきます。どの野菜も濃く甘くみずみずしく、その味わいにじっくりと浸ってしまうほど感動的なおいしさです。

    美瑛産のアスパラガスはびっくりするほど旨みが濃い!

    店名にもなっているアスパラは残念ながら6月までの提供ですが、夏はトマトやブロッコリーなどが登場予定とのこと。

    野菜だけでなくお肉も絶品。豚も牛も柔らかな肉質と上品な旨みで食材のよさを実感できる

    どの料理も食材そのもののおいしさを引き立たせたシンプルなものが多く、野菜の自然な甘みを引き出した味わいが特徴的。北海道といえば海鮮類のイメージが強いですが、広い大地でのびのび育った豚や牛の味わいも一級品で柔らかい肉質と上品な味わいを堪能できます。

    店内は開放的で、飾らないカジュアルな雰囲気の中じっくりゆっくり食事ができるのも◎。デザートもサプライズ満載で、最後の一皿までワクワクさせてくれます。価格だけみると少し値が張るようにも思えますが、食べてみれば納得のコスパ。美瑛の食の恵みを贅沢においしく堪能できる文句なしの一軒です。 

    レストラン・アスペルジュ

    住所:北海道上川郡美瑛町大町2丁目(美瑛選果内)
    電話番号:0166-92-5522
    営業時間:ランチタイム 11:00~14:30、ディナータイム 17:00~19:00
    ※7~8月は17:00~20:00/水曜・12月~3月休

    ちなみに「美瑛選果」には、美瑛産の旬の野菜やパン、加工品まで“美瑛のおいしい”が勢ぞろい! おしゃれなパッケージのお菓子や特産品も揃っていて、お土産にも最適なものが見つかります。

    美瑛選果
    美瑛選果

    施設内の「選果工房」では北あかりのコロッケ、しゅまり小豆のソフトクリームなどワンハンドグルメも充実。おいしい誘惑の罠がそこらじゅうに仕掛けてあるので、腹ペコで行くと危険かもしれません(笑)。 

    大きな男爵を使ったじゃがバター210円
    美瑛選果本店

    住所:北海道上川郡美瑛町大町2丁目
    電話番号:0120-109-347
    営業時間:夏季営業(6月1日~8月31日)<美瑛選果>9:00~18:00 <小麦工房>10:00~18:00 <選果工房>10:00~19:00
    ※時季によって営業時間が異なります/12月30日~1月5日休、選果工房は水曜・11月4日~3月31日休

    【2日目 14:30】大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイでプチ登山

    国道39号沿いを進んでいくと、さっきまでののどかな景色とは一転、切り立った岩山が迫力満点な層雲峡が現れてきました。ここに来た目的は、ロープウェイから一望できる層雲峡のダイナミックな景色を見ること。ゴンドラとリフトを乗り継ぎ標高1,984mある黒岳の7合目まで気軽に行けます。

    最大101人乗車可能なロープウェイ。5合目までは片道約7分!

    ロープウェイが発着する層雲峡山麓駅からゴンドラでまず5合目へ。眼下には樹海の中を石狩川が流れ、大峡谷が続く迫力満点の景観が広がり、そして見上げると黒岳頂上が間近に!

    ロープウェイ乗り場がどんどん遠くなっていく…
    手前が朝陽山、その奥にニセイカウシュッペ、平山、丸山と山々が連なります

    7月~8月には高山植物で埋め尽くされる夢のような風景を楽しめ、頂上からは夏真っ只中でも残雪のある大雪山連峰のパノラマを眺望できます。 

    5合目からの景色。夏は運が良ければ雲海が見られるかも…!

    5合目から7合目を繋ぐリフトはバーなしなので、絶景に加えちょっとしたスリルも味わえます(笑)。 

    リフトに乗って7合目まで空中さんぽ
    7合目リフト降り場からの景色

    ロープウェイ乗り場から車で5分程度の距離に、切り立った断崖から流れ落ちる滝の中で最も美しいとされる「銀河の滝」と「流星の滝」もあり、この2つの滝は“日本の滝100選”にも選ばれています。ロープウェイとセットで訪れるのが定番コースに。層雲峡では高所と地上の両方から大雪山の大自然を満喫できます。

    細く繊細な白糸のように優美な姿で流れ落ちる「銀河の滝」
    太い1本の滝となって力強く流れ落ちる「流星の滝」
    大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイ

    住所:上川郡上川町層雲峡
    電話番号:01658-5-3031

    大雪山層雲峡

    2日目は北海道の幻想的な絶景と荘厳な景観を大満喫。宿がある旭川へ移動し、最終日の明日はかわいい動物たちに会いに行きます!

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る