コンテンツへ

    掲載日:2018.08.30

    フィリピン随一のリゾートエリア、 セブ島を100%楽しむ遊び方

    フィリピンのセブ島は直行便で4~5時間、マニラ経由の便も充実しており気軽に遊びにいけるリゾートエリア。透明度抜群の海や歴史が薫る街並みなど、多彩な表情をもつ島でもあります。そんなセブ島では、何をして遊ぶのが正解? そんな疑問を持つ方のために、今回はセブ島を満喫できる、おすすめのオプショナルツアーやアクティビティを紹介します。
    ANAオリジナル

    Style1 透明度抜群の海をとことん楽しむ!

    <世界最大の魚類と泳ぐジンベエスイム>

    皆さんは世界最大の魚類が何だかご存知ですか? 答えはジンベエザメ。「沖縄美ら海水族館」の巨大水槽の中を優雅に泳ぐ姿を見たことがある方も多いのではないでしょうか? セブ島には、あの巨大ザメと一緒に泳げるスポットがあるんです。

    名称の由来は、体の模様が着物の甚平に似ていることから
    名称の由来は、体の模様が着物の甚平に似ていることから
    場所はセブ島南部のオスロブという漁村。セブ島の中心部セブ・シティから車で3~4時間かかるので、早朝5時頃の出発になります。オスロブに到着後、双胴のバンカーボートに乗ればポイントまではすぐ。オスロブではジンベエザメの餌付けに成功しているため、海に出ればほぼ100%ジンベエザメに会うことができます。
    ジンベエザメと泳げるのは午前中だけ。午後になると沖に帰ってしまう (写真提供/トリップアドバイザー)
    ジンベエザメと泳げるのは午前中だけ。午後になると沖に帰ってしまう
    (写真提供/トリップアドバイザー)

    全長10m以上あるジンベエザメですが性格はいたって温厚。プランクトンを主食とするおとなしいサメです。スノーケリングセットを身につけて海中にエントリーしたら、ジンベエザメと一緒に泳いだり、写真を撮ったり。間近に見る巨大ザメの迫力に大興奮! 巨大な口を開けて捕食するダイナミックな姿も必見です。約30分間の貴重な体験を満喫しましょう。

    水面に浮かんでいるだけで巨大なジンベエザメを間近に見られる!
    水面に浮かんでいるだけで巨大なジンベエザメを間近に見られる!

    ツアーによって帰りに別の島でスノーケリングをさせてくれたり、ランチのメニューが違ったりするので、予約の前にチェックを忘れずに。 

    <白砂ビーチに癒されるアイランドピクニック>

    リゾートホテルが集まりセブ・リゾートの中心であるマクタン島の沖には、小さな島々が点在しています。ヒルトゥガン島やナルスアン島、カオハガン島など、どの島も真っ白な砂浜に縁どられ南国らしさ全開! それらを巡るアイランドピクニックは、ビーチリゾートならではのツアーとして人気です。 

    干潮になると、美しい海の中から真っ白な砂州が姿を現すことも
    干潮になると、美しい海の中から真っ白な砂州が姿を現すことも

    島々の周辺は海洋保護区になっており、透明度抜群の海は吸い込まれそうなブルー。ボートの上からぼんやり眺めているだけで癒されます。バンカーボートでの移動は30分から1時間くらい。潮風に吹かれながらのクルージングタイムも楽しめます。 

    海の移動には欠かせない双胴のバンカーボート。安定性は抜群
    海の移動には欠かせない双胴のバンカーボート。安定性は抜群

    アイランドピクニックで最も多いのは、ヒルトゥガン島でスノーケリングを楽しんだ後、ナルスアン島へ移動してバーベキューランチ。そしてランチの後はきれいなビーチでのんびり過ごすというもの。美しい海を満喫したいなら、おすすめのツアーです。

    オヤビッチャやロクセンスズメダイなどスズメダイの仲間が群れる (写真提供/トリップアドバイザー)
    オヤビッチャやロクセンスズメダイなどスズメダイの仲間が群れる
    (写真提供/トリップアドバイザー)

    <色とりどりの魚に出会う体験ダイビング>

    セブ島周辺の海は透明度が高く魚影も濃いためダイビングにぴったり。体験ダイビングなら、ダイバーでなくてもトロピカルな海を楽しめます! セブ島には日本人インストラクター常駐のダイビングサービスがたくさんあり、日本語で講習を受けられるので安心です。 

    イソギンチャクの中に隠れる、その名もカクレクマノミ。白い横帯が3本あるのが特徴
    イソギンチャクの中に隠れる、その名もカクレクマノミ。白い横帯が3本あるのが特徴

    ダイビングの流れや器材の使い方、水中でのリスクなどを学んだら、プールや浅い海で練習。水中でも落ち着いて呼吸ができることを確認したら、魚が群れるポイントへ移動します。 

    まずは波の少ない穏やかな海域で練習。呼吸は大きくゆっくり! (写真提供/トリップアドバイザー)
    まずは波の少ない穏やかな海域で練習。呼吸は大きくゆっくり!
    (写真提供/トリップアドバイザー)

    海の中ではインストラクターのサポートのもと、学んだことを焦らず実践していくだけ。慣れてきたら周辺を観察してみて。水面から差し込む光や、無重力のような浮遊感は新鮮な体験。サンゴ礁に小魚が群れる竜宮城のような光景に感動します♪

    海中は白砂のおかげで明るい。ストレスなく潜れるのが嬉しい (写真提供/トリップアドバイザー)
    海中は白砂のおかげで明るい。ストレスなく潜れるのが嬉しい
    (写真提供/トリップアドバイザー)
    ライター:Shotaro Takai(Atoll inc.)
    Cover Photo by TripAdvisor

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る