コンテンツへ

    掲載日:2018.09.27

    1泊2日からでもOK! 温泉と食事で心と体を整える、今どき湯治の温泉宿

    現代スタイルの湯治体験と地獄蒸しを堪能 サリーガーデンの宿 湯治 柳屋

    (写真提供/村上登志彦)
    (写真提供/村上登志彦)

    あちこちから湯けむりが湧く別府の鉄輪温泉。この地にひっそりと佇む「サリーガーデンの宿 湯治 柳屋」は、明治時代から続く旅館を受け継ぎ、2014年に開業したセンスあふれるモダンな湯治宿です。

    本館の囲炉裏の間と、談話室。宿泊客なら無料で利用できるそう
    本館の囲炉裏の間と、談話室。宿泊客なら無料で利用できるそう

    布いっぱいに「柳屋」と染められた暖簾をくぐると、そこは歴史と造形作家・望月通陽氏のアート作品が共存する素敵な空間。炊事場や談話室といった湯治場ならではの要素は残しつつ、宿泊スペースをきれいに作り変えているため、湯治ビギナーでも、快適に過ごせると評判です。また、館内にはWi-Fi環境の整ったコワーキングスペースやカフェを併設。持ち込んだ仕事を片付けることができるのも、忙しい現代人に支持される理由のひとつです。

    客室棟は湯治を目的としたシンプルなお部屋の「本館・湯治部」と、少し贅沢なくつろぎが味わえる「新館・旅館部」に分かれています。1番人気の客室は、新館のベッドがあるお部屋。しっとりした和の趣に癒やされつつ、ホテルステイのような快適さを楽しめます。

    障子や照明のデザインなど、部屋ごとに趣向を変えている
    障子や照明のデザインなど、部屋ごとに趣向を変えている

    敷地内の自家源泉から湧き出る温泉は、少し塩味があり、とろりとやわらかな湯。体を芯まであたため、塩の効果であたたかさを逃がさず、湯冷めしにくいのが特徴です。また美肌成分といわれるメタケイ酸の含有量が多いため、お肌はしっとりもっちり。そのほか、神経痛や切り傷、慢性皮膚炎などにも効能があるのだそう。

    女性浴場には、露天風呂とスチームサウナも完備
    女性浴場には、露天風呂とスチームサウナも完備
    湯上がりは、併設するカフェ「アルテノイエ」へ。シフォンケーキが絶品!
    湯上がりは、併設するカフェ「アルテノイエ」へ。シフォンケーキが絶品!
    釜の横におおよその蒸し時間が掲示されているので、初めての人でも大丈夫
    釜の横におおよその蒸し時間が掲示されているので、初めての人でも大丈夫

    夕食は、宿泊プランによって自炊か併設のイタリアンレストランのどちらかを選べます。地産地消の絶品イタリアンも捨てがたいですが…。初めて別府を訪れるなら、温泉の蒸気を使って食材を一気に蒸し上げる「地獄蒸し」をいただくのもおすすめ。温泉のミネラルを含んだ蒸気が素材の味を引き出し、うま味が驚くほどアップします。近隣の商店から食材を調達し、中庭にある地獄釜でワイワイ調理すれば、旅のいい思い出になること間違いなし!

    サリーガーデンの宿 湯治 柳屋

    住所:大分県別府市鉄輪井田2組
    電話番号:0977-66-4414
    料金:1室2名利用 1名 本館14,580円~、新館18,900円~/1室1名利用 1名 本館16,740円~、新館22,140円~
    (1泊2食付き・税込)※素泊まりは1名5,400円~
    URL:https://beppu-yanagiya.jp/

    23種類のお風呂で、湯めぐり三昧! 草津温泉 お宿 木の葉

    草津温泉 お宿 木の葉

    古くから「万病に吉」といわれ、湯治場として知られている草津温泉。街のシンボルである、湯畑から少し離れた小高い丘に建つ「木の葉」は、自由でより気軽な「湯治」を楽しめる温泉宿です。

    訪れてまず驚くのが、全面に畳を敷きつめたロビー。廊下、ダイニングに至るまで、館内はすべて畳敷きで、素足で歩ける開放感はなんとも気持ち良いものです。

    煩わしく感じるスリッパはなく、宿泊客にも過ごしやすいと評判
    煩わしく感じるスリッパはなく、宿泊客にも過ごしやすいと評判
    客室は、快適さを追求したシンプルな空間
    客室は、快適さを追求したシンプルな空間

    木の葉の魅力は何といっても、「わたの湯」「湯川の湯」の源泉からなる23種類のお風呂。熱湯とぬる湯を並べた「内湯」やマイナスイオンをミクロの泡で発生させる「夢想の湯」、光が差し込む六角形の檜風呂や、竹林を思わせるお風呂の「貸切露天風呂」など、趣向を凝らしたお風呂が揃っています。草津温泉の醍醐味である「湯めぐり」を宿にいながらにして、堪能できるのはうれしいですよね。ちなみに温泉の泉質は、硫黄塩・塩化物温泉。関節痛、筋肉痛、神経痛によいとされています。

    湯治処「古の湯」。趣ある内湯や檜風呂などが楽しめる
    湯治処「古の湯」。趣ある内湯や檜風呂などが楽しめる
    大湯処「季の湯」には、源泉「わたの湯」が掛け流しで満たされる
    大湯処「季の湯」には、源泉「わたの湯」が掛け流しで満たされる
    大湯処「季の湯」の露天風呂。ゆったり開放的で、夜には星空も眺められる
    大湯処「季の湯」の露天風呂。ゆったり開放的で、夜には星空も眺められる
    貸切露天風呂は全3タイプ。予約は要らず、無料で利用できるそう
    貸切露天風呂は全3タイプ。予約は要らず、無料で利用できるそう

    湯上がりは、心地よいボディケアで日頃の疲れを癒やすのが常連お決まりのコースとか。館内にある癒やし処「夢の季」は、和のテイストを取り入れたアロマオイルトリートメントに定評あり。天然温泉でゆったりと温まった体は、エステの効果も倍増。旅館でしか味わえない至福の時間です。

    お手軽マッサージから本格的なアロマトリートメントまで、豊富なメニューが揃う
    お手軽マッサージから本格的なアロマトリートメントまで、豊富なメニューが揃う
    季節の味覚が楽しめる彩鮮やかな小鉢料理
    季節の味覚が楽しめる彩鮮やかな小鉢料理

    夕食は、木の葉御膳(先付・造り・煮物・冷し物・台の物)と「おばんざいコーナー」にて好きなものを選べるハーフバイキングスタイル。さらにうれしいサービスが! それは休み処「旭月」で、夜食として無料で提供される夜鳴きそば(中華そば)。小腹が空いたり、お酒を飲んだ後に食べたくなったり。「こんな夜遅くに…」と思いながらついつい完食してしまう、魅惑のサービスです。

    なくなり次第終了なので、お目当ての人はお早めに!
    なくなり次第終了なので、お目当ての人はお早めに!
    草津温泉 お宿 木の葉

    住所:群馬県吾妻郡草津町大字草津白根464-214
    電話番号:0279-89-9320
    料金:1室2名利用 1名17,000円~/1室1名利用 1名22,000円~(1泊2食付き・税込・入湯税別)
    URL:https://www.hotespa.net/hotels/konoha/

    都会の喧騒から離れた、自然豊かな湯治場でゆったり過ごす時間は、疲れた心と体をゆるめてくれるはず。この週末は心も体も軽やかになる、今どき湯治の温泉宿に出かけてみませんか?

    • 記載の内容は2018年9月現在のもので、変更となることがあります。

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る