コンテンツへ

掲載日:2019.01.24

働く人の出張めし 〜札幌で必ず食べるべき地元限定グルメ6軒〜

出張先での楽しみといえば、現地でのごはん。仕事が目的とはいえ、せっかく地方へ来たのならご当地のおいしいものを食べて帰りたいですよね。しかも、地元の人も通う穴場や名店のグルメにありつけたらなお最高! そこで、日本を飛び回る忙しいビジネスパーソンに代わって出張先での昼&夜ごはんをナビゲート。今回は、豪華な海鮮類からB級グルメまで充実する美食の宝庫、札幌で食べたい絶品出張めしを紹介します!

ウニ・イクラ・カニまみれ! 北海道産名物をとことん味わう○○尽くしランチ

数多くのご当地グルメがある、おいしいものだらけの北海道。それだけに、出張中の限られた時間の中で食べるランチは絶対ハズしたくないですよね。

北海道といえば海鮮類の鮮度と質の良さが格別ですが、特にウニ、イクラ、カニといった贅沢食材御三家は必ず食べたいグルメ。そこで今回は、お昼から高級食材をたっぷり堪能できる○○尽くしのお店を紹介します。

ミョウバン不使用の生ウニに舌鼓! ウニ専門店でウニ尽くしランチ

ミョウバン不使用の生ウニに舌鼓! ウニ専門店でウニ尽くしランチ

利尻・礼文島、積丹、羅臼など、数多くのウニの産地を有する北海道。あの甘くて濃厚なウニを思う存分食べたい! そんな願望を叶えてくれるのが、ウニ専門店の「函館うにむらかみ 日本生命札幌ビル店」です。

接待にも使える落ち着きと高級感を放つ札幌店。個室もあり

こちらは函館に本店を構えるウニ加工会社の直営店。通常、築地などで取引きされているウニは、型崩れを防ぐためや日持ちをさせるためにミョウバンを使用することがほとんど。ですが、「うにむらかみ」では、一貫してミョウバンを一切使用していない無添加の生ウニを提供。しかも、ウニ丼はもちろんのこと、ウニを使ったアレンジ料理が充実しており夢の“ウニ尽くし”を堪能できるのです。

生ウニの“ウニ本来のうまさ”に悶絶!

さっそくテーブルに「生うに丼」が運ばれてきました! ごはんの上にぐるりと敷きつめられたウニの、艶やかなオレンジ色の輝きと粒立ちが何とも美しいこと。

この日は八雲産のバフンウニを使用。
ウニは冷凍保存ができないため、1年を通じて毎日採れたてのウニを仕入れて、徹底した温度管理のもと鮮度を保っている。
生うに丼4,320円

まずはそのまま、何もかけずパクり。……この濃厚な甘さ、尋常じゃない。ひと口食べただけで、ミョウバンありのウニとの味の違いが歴然。水っぽさやミョウバンの薬っぽい臭気がなく、口いっぱいに広がる甘さと風味に“ウニ本来の味わい”をしみじみと感じ入ることができます。しかも、その味わいを丼いっぱいに楽しめる贅沢さたるや!

特製のだし醬油を少しかけると、さらにウニの甘みが引き立ちこれまた美味。
白米は道南産の「ふっくりんこ」を使用

ウニをグラタンや天ぷらで! アラカルトも絶品揃い

ウニをあの手この手であれこれ楽しませてくれるのが、「うにむらかみ」の魅力。ディナーで大人気の、名物「うにグラタン」(972円)や「うにの三色天麩羅」(2,160円)も昼から味わうことができます。

うにグラタン。ホワイトソースにウニやタラバガニを練り込んだ、贅沢な味わいの逸品
生ウニを湯葉、海苔、紫蘇で巻いて揚げたうにの三色天麩羅。
添えられた「うに塩」を付けていただくとさらにうま味が強くなる

「同じクオリティのウニを札幌で食べようと思ったら、もっと値が張ることでしょう。工場直営だからこそ、安定した仕入れと価格設定を実現できています」と、店長の古泉さん。

天然の生ウニを知ってしまったら、もうこれまでのウニでは満足できなくなってしまうかも。いつも頑張っている自分へのご褒美に、ウニ尽くしの贅沢ランチを堪能してみては?

函館うにむらかみ 日本生命札幌ビル店

住所:北海道札幌市中央区北3条西4日本生命札幌ビルB1F
TEL:011-290-1000
営業時間:11:30~14:3(L.O.13:45)、17:30~22:30(L.O.21:30)、土曜・日曜・祝日 ~21:30(L.O.20:45)/無休

幸せ溢れるこぼれイクラが名物! 「なごやか亭」でこぼれ寿司尽くしランチ

幸せ溢れるこぼれイクラが名物!「なごやか亭」でこぼれ寿司尽くしランチ

プチプチの食感と、粒が弾けた瞬間飛び出す濃厚なうま味がたまらない“海の宝石”ことイクラ。次に紹介するのは、そんなイクラを皿にこぼれるほど盛りに盛った「こぼれ寿司」がいただける回転寿司店「なごやか亭」です。

釧路を本店に置き、札幌市内だけでも9店舗を展開する人気の回転寿司店

北海道には絶品の寿司を握る廻らない寿司屋がたくさんありますが、廻る寿司屋もハイクオリティなことで有名。なかでも「なごやか亭」は、おいしいものを食べ慣れている地元民に絶大な人気を誇ることからも、その実力が伺えます。

名物パフォーマンスも必見!

こちらを訪れたら必ず頼みたいのが、なごやか亭の代表メニュー「こぼれイクラ」です。威勢のいいかけ声とともに、軍艦の上にどんどん乗せられていくイクラ。もうお皿にだいぶこぼれちゃってますよ、とこっちが心配になるほど惜しみなく注がれ、締めの「わっしょーい!」でトドメの一杯をどっさり!

注文すると、太鼓と鳴子を鳴らしながら「わっしょい!わっしょい!」と名物の“こぼれイクラパフォーマンス”がスタート。
動画を撮る準備を忘れずに!
トドメの一杯をヨイショ~ッ!

通常の約4倍! 見応え食べ応え十分の道産イクラがたっぷり!

見てください、このルビーのごとく輝くイクラの海。この日は知床羅臼産のイクラを使用しており、ハリのいい粒が弾ける食感と強いうま味がたまらなくおいしい!!

こぼれいくら590円は、通常のいくら240円の約4倍の量!
こぼれ甘えび430円

こぼれシリーズはこのほかに「甘えび」もあり、組体操のように段々に重なった甘エビのピラミッドが圧巻。そのままほお張るよりも、上から少しずつ食べ進めていくのが食べやすくておすすめだとか。お酒のつまみにもピッタリですね。

日高産活つぶ、オホーツク産のほたてと活ほっきがセットになった、貝づくし3点盛り560円
樺太沖ぼたん海老560円と、標津産一本〆旬鮭の漬け 北海道産山わさび添え280円

こぼれ以外のネタも、基本的にほとんどがシャリを覆うほどのデカネタで、鮮度も抜群。本店を構える釧路をはじめオホーツクや根室などの漁師から、仲介を挟まずに仕入れることで北海道の海鮮類をくまなく揃え、価格を抑えて提供することを可能にしているのだそう。

貝類は活きた状態から仕入れ、店内で加工。鮮度抜群の甘みとコリコリの食感を楽しめる

さっと気軽に食べられる回転寿司は、忙しいビジネスマンのランチにも最適です。札幌ドーム近くの福住店は、札幌中心地から車で15~20分程度なので行きやすくておすすめ。迫力満点の「こぼれ寿司」をぜひご賞味あれ!

なごやか亭 福住店

住所:北海道札幌市豊平区福住3条4
TEL:011-836-5550
営業時間:11:00~22:00/無休(1月2日休、12/31はテイクアウトのみ)

毛ガニ、タラバを昼から満喫! 「開陽亭どさんこ家」でカニ尽くしランチ

毛ガニ、タラバを昼から満喫!「開陽亭どさんこ家」でカニ尽くしランチ

函館に本店を構え、すすきので24年続く蟹と海鮮が評判の居酒屋「開陽亭」。すすきのにある5軒のうち、唯一ランチ営業をしている「開陽亭どさんこ家」では、夜と同じメニューを昼から味わうことができます。

毛ガニ、タラバを昼から満喫!「開陽亭どさんこ家」でカニ尽くしランチ

産地・素材にこだわったカニをリーズナブルに提供!

北海道のあらゆる海鮮類がいただけますが、特にカニは北海道近海で獲れたものを他店や市場より安く提供。カニ料理も充実しており、カニ三昧のランチを楽しむのにぴったり!

毛ガニはそれほど大きくないぶん、身にうま味が凝縮していて美味!

毛ガニの姿盛りは3,000円を切る安さ。とはいえ、ひとりでカニを1杯食べるのはちょっと…という人にはハーフサイズの用意もあります。さらに、自分で剥く手間が省ける「毛がにむき身」も選べるメニューの充実ぶり。

浜茹で毛がにムキ身 1尾2,860円

この日の毛ガニはオホーツクで獲れたもので、酢や醬油ナシでも十分なほど身がジューシー! 塩茹で加減も絶妙で、カニの甘さを引き出しています。濃厚なカニ味噌もたっぷり詰まっていて、カニ身に味噌を絡めていただけば、至福のおいしさにうっとり。

カニ身がぎっしり詰まった「カニクリームコロッケ」は必食!

そして、これ目当てに訪れる客も多いという名物が、開陽亭の「カニクリームコロッケ」。「うちのは、“カニクリーム”のコロッケではなく“カニ”のクリームコロッケです」という店員さんの言葉に、食べてみて納得。コロッケの中にカニ身がゴロゴロと入っているのです。

北海道かにクリームコロッケ1個320円

ホワイトソースもカニの風味たっぷりで、聞けばソースにもズワイガニを練り込んでいるそう。これまで食べたかにクリームコロッケの中で、一番その名に相応しい逸品といえるかも。牛乳、小麦粉、バターも全て北海道産にこだわった、手間ひまかかった手作りコロッケはぜひ食べてほしいひと品です。

カニの出汁がたっぷり染み出た、かに山盛りのかにかに汁780円

「開陽亭」は創業以来、“お客さんが足を運んでくれるのが一番。儲けは二の次”を貫き、良い素材を厳選。独自のルートでどこよりも安く仕入れ、食材の高騰にもめげずにここ10年ほど価格を変えていないというサービス精神にも頭が下がります。

お刺身6点盛りやしまほっけ焼き1/4身、ジンギスカンの唐揚げなど、10品のおかずから好きなものを選べる、どさんこ3品定食1,260円
(ランチ定食は11:30~14:30)

ランチ営業の「開陽亭どさんこ家」限定の、お得でボリュームたっぷりのランチメニューもあり。夜まで通し営業なので、遅い昼食や早く仕事が終わったときには昼飲みも楽しめますよ。

開陽亭どさんこ家

住所:北海道札幌市中央区南4条西5レストランプラザ1F
TEL:011-211-4944
営業時間:11:30~24:00(L.O.23:15)/無休

ライター:Ayano Sakai(verb)
Photo by sono(bean)

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

ライフ特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る