コンテンツへ

    掲載日:2019.03.07

    金曜夜出発で週末に2泊3日で行く!ソウルの食もショッピングもトレンドも満喫する旅プラン

    ヘルシーな“カモメのお肉”で乾杯!

    ソウルの夜は、まだまだ長い…。夜景を堪能した後は、漢江の北側・ソウル方面に地下鉄で戻り、本日のメインディッシュ・焼き肉を食べに行きました。

    韓国の焼き肉といえばサムギョプサル(豚のバラ肉)が有名。おいしいのですが、サムギョプサルはけっこう脂っこい…。翌日に備えてここで胃もたれするわけにはいかないので、韓国女子の間でも“ヘルシー”と人気の、「カルメギサル」を食べることにしました。

    「カルメギサル」とは、韓国語で「カモメのお肉」の意味。一瞬ギョッとしますが、ご安心ください。鳥のカモメではなく、豚の横隔膜付近のお肉を指します。筋肉が多い部位で脂身が少なく、ヘルシーというわけです。カルビよりもロースやハラミが好きな人にはおすすめ。韓国ではカルメギサルの人気も高く、カルメギサルの焼肉屋さんがズラリと並ぶ「カルメギサル通り」があるほどです。

    テェジコンボ(豚肉コンボ)
    「テェジコンボ(豚肉コンボ)」というセットメニューを注文。一番上の段がノーマルのカルメギサル(甘ダレ漬け)とチュモクコギという
    拳大に切った首部分のお肉で、2段目に辛く味付けされたカルメギサルや甘辛味のカルビ、3段目に野菜・ソーセージ類が入っていて3万
    7,000ウォン=約3,700円。3~4人前はありそうです
    キムチ入りのケランチム(卵蒸し)とカルメギサル
    ハサミで一口サイズにカットしていただきます。歯ごたえがしっかりしているのにやわらかく、おいしい!
    脂っぽさを感じないので、いくつでも食べられそうです!鉄板のまわりにあるのは、キムチ入りのケランチム(卵蒸し)。
    火をつける前に店員さんが卵を流し入れてくれます。お代わりは自由です
    新麻浦カルメギ 鐘閣店

    住所:ソウル特別市 鍾路区 鍾路10キル 16
    URL: http://www.mapo92.com/

    眠らない街・東大門でナイトショッピング

    さて、2日目最後の目的地、東大門(トンデムン)にやってきました。東大門はファッション系の卸売市場が多くあることから、朝までお買いものが楽しめるファッションビルも充実しています。ショッピング目的でソウルへ弾丸旅行する場合、夜遅くに到着しても余裕で買いものができるので、とても便利。韓国の文化や言葉に多少慣れてきたら、平和市場など、ディープなファッション市場ゾーンに足を運んでみるのも楽しそうです。

    2014年、スポーツ競技場の跡地にオープンした「東大門デザインプラザ(DDP)」
    2014年、スポーツ競技場の跡地にオープンした「東大門デザインプラザ(DDP)」は、東大門の新しいランドマーク。
    ファションスナップの撮影スポットとしても人気です。夜の方が写真映えします
    写真提供:トリップアドバイザー
    ファッションビル「DOOTA MALL(ドゥータモール)」
    「DOOTA MALL(ドゥータモール)」は、この辺りで一番気軽に入れるファッションビル。ここにしかお店を出していない、
    韓国の人気デザイナーのブランドもあります。センスのいいアイテムが多く、見ているだけでも楽しめますよ。
    地下には、日本の「ドン・キホーテ」にそっくりなショップ「ピエロショッピング」があります
    日本人にも人気のバナナ牛乳のカフェ「イエローカフェ」
    日本人にも人気のバナナ牛乳のカフェ「イエローカフェ」がかわいかったので、入ってみました。
    バナナ牛乳のオブジェが目を引きます!
    バナナ牛乳のフィギュアもとってもキュート
    バナナ牛乳味の「バナナアイスクリーム」
    「バナナアイスクリーム」(3,500ウォン=約350円)は、バナナ牛乳味のソフトクリーム。
    バナナ牛乳同様、バナナ味は香り付け程度にしかついていないので、バナナが苦手な人でもおいしく食べられます
    YELLOW CAFÉ 現代シティアウトレット東大門店

    住所:ソウル特別市 中区 奨忠壇路13キル 20, 現代シティアウトレット 東大門店 B2F
    URL:https://www.lwt.co.kr/tower/jp/main/main.do

    ナイトショッピングを思う存分楽しんだら、ホテルへ。朝からずっと出歩いているので、グッタリです…。

    深夜0時台には終電が終わってしまうので、タクシーで帰路につきたいところですが、東大門は観光客をカモにしたぼったくりタクシーがいまだにいるので、注意が必要。タクシー会社に登録されている安全なタクシーを探して乗りましょう。

    登録済の車両を見分ける際は、ナンバープレートに注目。ナンバーに「아(ア)/바(バ)/ 사 (サ)/자(ジャ)」の文字があるかどうかを確認してみてください。これらのいずれかの文字がナンバーの中に入っていればタクシー会社に登録済の車両です。それ意外は違法タクシーの可能性が高いので、乗らないように気をつけましょう。

    また、東大門は「オルペミ(ふくろう)バス」という深夜バスも運行しているので、そちらを利用してみるのも良さそうです(日本語対応ナシ)。

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る