コンテンツへ

    掲載日:2019.05.09

    夏休みは少しずらしてオトクに海外旅行!7月、8月、9月、10月のおすすめの旅先はここ!

    9~10月におすすめの旅行先

    韓国

    9月に入り「2~3日なら休みが取れる」「週末と合わせてどこかにでかけたい気分」という方にオススメなのは韓国の首都、ソウル。この時期は夏の猛暑が一段落し、日中の観光も楽になります。それでもまだまだ暑いので、韓国かき氷「パッピンス」でクールダウンしたり、美容先進国のスパで、夏の疲れが気になる肌を癒すフェイシャルエステや、ヘッドスパを試してみるのも良いでしょう。即効性が高い上に、値段も日本よりリーズナブルなのがうれしい♪

    チョコレートやフルーツがたっぷり乗ったものなどパッピンスの種類は豊富!

    もちろん夕食はグルメ三昧。サムゲタンやサムギョプサルなど、韓国グルメを心ゆくまで満喫しましょう。夜遅くまで商店が営業しているので、ディナーの後もショッピングやスパなどを楽しむことができ、短期間の滞在でも満足度が高いはず。

    夕食は韓国焼肉にマッコリ、それとも海鮮?胃袋がいくつあっても足りない!

    ソウルまでは日本から飛行機で2時間30分ほど。飛行機の便数も多いので、思い立ったらすぐ行ける気軽さも魅力です。

    カナダ

    もう少し休みが取れるという方は、カナダはいかがしょうか。9月後半のカナダはもう秋の気配。北のケベック・シティからアメリカと国境を接するナイアガラの滝までを結ぶ道はメープル街道と呼ばれ、9月中旬になると北部から紅葉が始まります。そんな紅葉前線とともに南下する旅はいかがでしょうか。
    ケベック・シティは北米唯一の城郭都市。世界遺産に指定されている旧市街には北米で最も古い繁華街プチ・シャンプラン通りがあり、石畳の小径はまるで絵本の中の世界。

    ケベック・シティのランドマーク、シャトー・フロントナックホテルは現在も宿泊可能

    先住民のアートや雑貨を売る店をのぞいたり、洒落たカフェでひと息ついたり、散策が楽しいエリアです。電車で3時間ほど南下したモントリオールは、フランス文化が色濃く感じられる街。洗練された街並みやハイレベルなグルメが楽しめます。旅のラストは紅葉に彩られたナイアガラの滝! 白煙をあげて流れ落ちる滝と鮮やかな紅葉が美しいコントラストを描きます。

    ナイアガラでは、ボートに乗って滝壺間近までクルージングを

    所要日数は5~8日間程度。9月後半以降、早めの予約で割安な航空券がでることもあるので要チェックです。

    ハワイ

    夏休みに入る7月からシルバーウィークの9月後半まで、ピークを迎えるハワイですが、10月に入ると賑わいも一段落。ツアー価格も少し落ち着きます。10月からは雨季といわれていますが、その境目は曖昧で、日本の秋晴れのようにからっと晴れて気持ち良い晴天が続くことも。7~8月に比べて気温は少し下がるものの、日中は30℃弱程度まで上がり、プールやビーチで泳ぐ分には全く問題ありません。

    ハワイは1年中オンシーズン。ワイキキビーチで遅めの夏休みをエンジョイ

    バケーションシーズンがひと段落し、しばしの落ち着きを取り戻す素顔のハワイを垣間見せてくれるこの季節。多くのイベントも開催されますが、特に2011年にオアフ島で開催されている「ハワイフード&ワインフェスティバル」は人気のイベントです。ハワイで高く評価されている2人のシェフ、ロイ・ヤマグチ、アラン・ウォン氏がハワイ産の食材を使いサステイナブルな農業と食を目指すことを目的に立ち上げたイベントで、およそ1か月間にわたり、ハワイで活躍する有名シェフが作る珠玉の一皿とワインとのマリアージュを楽しむことができます。

    フード&ワインフェスティバルはスターシェフたちの料理を食べ比べできる貴重な機会

    2019年は10月5日から27日に開催されます。ハワイの旅は通常5~7日程度。もう少し休みが取れるなら、ネイバーアイランドと合わせて訪れるのもおすすめです。

    オーストラリア

    南半球にあるオーストラリアは今がまさに春まっさかり。グレートバリアリーフの玄関口となるケアンズは、すでに30℃近くまで気温が上がりマリンアクティビティも楽しめます。

    グレートバリアリーフのハートリーフ。カップルなら必見!?

    西オーストラリアのパースから北へ続くエリアは「ワイルドフラワーロード」と呼ばれ、8~11月下旬までの間、フラワーカーペットや野生のランなどが見られる美しい季節。日本と同じ左側通行なので、レンタカーを借りてドライブするのもおすすめです。オーストラリアを代表するウルル(エアーズロック)のある内陸部は、真夏は40℃を超す酷暑となりますが10月は最高気温が30℃ほどと、比較的訪れやすい気候となっています。

    アボリジニーの聖地ウルル。運が良ければ早朝霧に包まれる姿も
    Photo by Dawn Beachy/123RF.com

    一都市滞在なら5日程度~、国土が広いので周遊ならば7日以上は欲しいところ。しかし、なんと言ってもオーストラリアと日本の間には時差が少ないので、お休みを目一杯使ったとしても身体の負担が少ないのが魅力です。

    モロッコ

    8~10日間程度休みが取れるならぜひ訪れたいのがモロッコ。アフリカ大陸の北部西端に位置し、異国情緒溢れる街や世界最大の砂漠サハラ砂漠など、ここにしかない光景、体験を求めて世界中の旅人が訪れます。

    アラビア最大の市場と言われるマラケシュの、ジャマ・エル・フナ広場

    8月の酷暑が一段落し、モロッコの各地でベストシーズンに入る9~10月。世界最大の迷宮都市と呼ばれるフェズや、巨大なスークがあり活気溢れるマラケシュ、映画の舞台となり一度は訪れたいと思う人も多いカサブランカなど、モロッコで人気の街はこの時期の最高気温が25~30℃ほど。街歩きには最適です。

    日中は焦げつくような暑さ、一方で日が沈むと凍える寒さとなるサハラ砂漠。こちらも9~10月は比較的過ごしやすい気候です。とはいえ、日射しと防寒対策はしっかりと。11月に入るとジャケットが必要なくらい冷え込みます。

    またモロッコと言えばSNSなどでこの青い街を一度は目にしたこともあるのではないでしょうか。

    青い理由は、青が神聖な色だから、もともと石灰岩が青いからなどさまざま

    こちらは北部にあるシャウエン。山麓に位置する小さな街は見事なまでに青く染められ、不思議な光景を作りだしています。

    そろそろ夏休みの予定を考え始める頃。上記を参考に、ご自分の予定に合わせた楽しい旅の予定を立ててみてください。

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る