コンテンツへ

掲載日:2019.06.06

西オーストラリア パースで訪れたい人気観光スポット16選

パースを起点に、さらに足を延ばして訪れたい人気スポット!

ご紹介するのはこの8つ:
ランセリン砂丘、ピナクルズ、ウェーブロック、マーガレット・リバー、カルバリー国立公園、モンキー・マイア、シェル・ビーチ、ラッキー・ベイ

ランセリン砂丘

時間の流れとともにさまざまな表情を見せる砂丘
(Photograph:Tourism Western Australia)

風化した石灰石が、白い砂となってできた「ランセリン砂丘」。一面に広がる幻想的な世界を楽しめるほか、サンドボードに乗って砂すべりをして遊んだり、バギーや四輪駆動車に乗って砂丘を走行するアクティビティが人気です。夏でも砂が熱くならないため、ぜひ裸足になって砂の上を歩いてみて! 子どもも大人も楽しめる、自然の遊び場です。

ランセリン砂丘

住所:Beacon Rd, Lancelin WA 6044

ピナクルズ

黄色い砂漠と奇妙な岩のなんとも不思議な世界
(Photograph:Tourism Western Australia)

別名「荒野の墓標」。地球ではないどこかへ迷い込んでしまったかのような錯覚を覚える景色。ナンバン国立公園内、黄砂が広がる大地に突き出た奇妙な岩「ピナクルズ」を訪れると、そんな不思議な体験ができます。風化によって形づくられた岩は一つひとつが個性的で、なかには4mの高さのものもあるのだとか。ぜひ、その不思議な造形を見に訪れてみて。

ピナクルズ(ナンバン国立公園)

住所:Nambung WA 6521

ウェーブロック

その大きさに圧倒される
(Photograph:Tourism Western Australia)

「ウェーブロック」は27億年の年月をかけて風や雨を受け、高さ約15m、長さ110mの巨大な波の形になりました。下からの眺めはもちろん、頂上からの眺めも壮観です。さらに、パースからウェーブロックへ向かう道中にも見どころが。それは、果てしなく続く小麦畑の風景。この国のスケールの大きさを感じることができます。ワイルドフラワーの時期の10月から11月には、あたり一面のお花畑を観ることができます。

ウェーブロック

住所:Wave Rock Rd, Hyden WA 6359

マーガレット・リバー

世界的に評価の高いワイナリー「ルーウィン・エステート」の拠点でもある
(Photograph:Tourism Australia)

高品質なワインの生産地として有名な「マーガレット・リバー」。200軒以上のワイナリーが集まる地域で、ワインの試飲やワイナリーめぐりを楽しむことができます。マーガレット・リバーをおすすめする理由は、実はワインだけではありません。鍾乳洞に、サーファーに人気のビーチ、美しい海岸沿いのトレッキングルートや神秘的なユーカリの古木の林など、充実したアクティビティも魅力のエリアです。

マーガレット・リバー

URL:https://www.margaretriver.com/

カルバリー国立公園

ネイチャーズウインドウに腰掛けることもできる
(Photograph:Tourism Western Australia)

自然が生み出す壮大な景色に圧倒されたい人には、「カルバリー国立公園」がおすすめ。赤土の大地にどこまでも続く渓谷、また、8月から10月にはワイルドフラワーを見に人々が訪れます。なかでも岩が自然の力によって削られ、窓のような形となった「ネイチャーズウインドウ」はとってもフォトジェニックなスポット。高台にあるこの窓を通して広大な大地を覗けば、ひと味違った風景に出合えるかも。

カルバリー国立公園

URL:https://www.kalbarri.org.au/explore/national-park/

モンキー・マイア

人懐こいイルカとの触れ合いに癒やされること間違いなし
(Photograph:Tourism Western Australia)

世界自然遺産に登録されている「シャーク・ベイ」のモンキー・マイアでは、レンジャー(職員)の指導のもと野生のバンドウイルカに餌付けをすることができます。1日3回ほどの頻度でビーチにやってくるというイルカたち。この交流は40年以上続いているんだそう。ヨットクルーズに参加すればジュゴンやカメなどの多様な海洋生物にも出会うことができます。また、1年を通して青空が広がるモンキー・マイア。せっかく訪れたなら、満天の星と日の出も鑑賞しておきたいところ。

モンキー・マイア

住所:1 Monkey Mia Rd, Monkey Mia WA 6537

シェル・ビーチ

一生に一度は訪れてみたい、貝殻で埋め尽くされたビーチ
(Photograph:Tourism Western Australia)

さきほど紹介した「シャーク・ベイ」にある「シェル・ビーチ」は、その名の通り貝殻でできた浜。世界でも稀な貝殻の浜辺は、4,000年もの長い年月をかけてつくり出されました。海が遠浅になるタイミングが特におすすめだそうで、浅瀬の透き通る海と白い貝殻がまるで夢のような景色を演出します。

シェル・ビーチ

住所:Francois Peron National Park WA 6537

ラッキー・ベイ

絶景のビーチとカンガルーのコラボレーションはオーストラリアならでは
(Photograph:Tourism Western Australia)

目の覚めるような白い砂浜と、鮮やかな青い海が特徴の「ラッキー・ベイ」。その美しさはオーストラリアでもNo.1と評されるほど。砂の粒子がとても細かいため、砂浜を踏むたびにキュッキュと音をたてます。また、驚くことに、野生のカンガルーが姿を現すことでも有名。この絶景とカンガルーを同時に写真におさめることができれば、きっと忘れられない思い出になるはずです。

ラッキー・ベイ(ケープ・ル・グランド国立公園)

住所:Lucky Bay Rd, Cape Le Grand National Park,Esperance WA 6450

大自然の魅力がつまった西オーストラリア州。その中心地となるパースを起点に、あなたはどんな旅を計画しますか?

  • 記載の内容は2019年6月現在のもので、変更となることがあります。
協力:西オーストラリア州政府観光局

公式Webサイトにて西オーストラリア州の魅力と観光情報を発信中。

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

ライフ特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る