コンテンツへ

    掲載日:2019.12.12

    グルメも温泉も絶景も叶う!ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパで新たな別府の魅力に触れる2日間

    海外でも話題急上昇! フォトジェニックな「べっぷ地獄めぐり」へ

    地獄で最大級規模の「海地獄」

    世界に誇る温泉地・別府の鉄輪(かんなわ)エリアには、源泉が生み出す自然の「地獄」があります。その歴史は古く、1,000年以上も昔に「豊後国風土記」に残っているそう。7つの地獄は車や自転車で訪れることができ、「地獄めぐり」として人気の観光コースとなっています。100度近くの噴気や熱泥、熱湯が噴き出す地獄は、色も風景もさまざま。フォトジェニックな景色は国外にも広がり、今では多くの海外観光客が訪れています。
    なかでも「海地獄」は、神秘的なコバルトブルーの色が印象的。鶴見岳の噴火によってできたと伝えられています。一見涼やかな色合いですが、約98度もある高温。

    海地獄の売店で買える「地獄蒸し焼きプリン」は、毎朝店舗で手づくりされる
    動画でも撮影したい「鬼石坊主地獄」

    海地獄からすぐにある「鬼石坊主地獄」。グレーの熱泥が気泡となってポコポコと水面に浮かび続けるシュールな風景は、一見地味ながらもクセになる魅力を持っています。浮かんだ半球体が坊主頭に見えることから、「鬼石」という地名と組み合わせて名付けられたそうです。

    ビジュアルのインパクトも強い「血の池地獄」

    不思議な朱色の池は、その名もインパクトある「血の池地獄」。日本最古の天然地獄で、赤色の正体は煮えたぎった粘土です。地下の高温や高圧によって化学反応を起こした赤い泥が噴き出して池にたまり、一面が赤く染まったように見えるそう。

    これに加え、「かまど地獄」「鬼山地獄」「白池地獄」「龍巻地獄」と計7つの地獄があり、うち4つが国指定名勝に選ばれています。ぜひじっくりと時間をとってめぐってみてください。

    べっぷ地獄めぐり

    住所:大分県別府市鉄輪559-1(別府地獄組合)
    TEL:0977-66-1577(代表)
    営業時間:8:00~17:00/無休
    料金:共通観覧券 大人2,000円(税込・購入日当日と翌日有効)

    別府に唯一残る明治建築で 伝統の手仕事を愉しむ

    「地獄めぐり」の中心となる鉄輪エリアに「冨士屋 一也百(はなやもも)ホール&ギャラリー」があります。明治時代から「冨士屋旅館」として営業していた建物を、平成16年に再生工事。梁や柱などはそのままに、当時の趣を残したまま現在の姿を保つ、別府で唯一の明治の旅館建築です。敷地内にはショップやギャラリー、ホール、カフェを備えています。

    食卓を楽しくする道具が揃う

    ショップ「愉しい食卓 はなやももShop」では、食を彩る食器や食材を販売しています。店内には陶器や竹細工など、魅力的な商品が並びます。素材や製法など受け継がれてきたもの中心に「長く大切に使ってもらいたい手仕事の品」を自ら足を運び選んでいるそうです。

    果実をまるごと低温で蒸してつくったジャムも人気商品
    明治時代の別府温泉の風情を今に伝える建物

    ショップ奥の1階はカフェ、2階にはレンタルスペースとホールがあり、定期的に展示会やコンサートを開催しています。

    冨士屋 一也百ホール&ギャラリー

    住所:大分県別府市鉄輪上1組
    TEL:0977-66-3251
    営業時間:10:00~17:00/月・火曜休

    話題の別府ご当地グルメ 地元民に愛される「六盛」で別府冷麺

    開店と同時に続々と人が集まる

    別府の新たなグルメとして、とり天と双璧をなす勢いの「別府冷麺」。そのルーツは昭和25年ごろ、旧満州に住んでいた日本人が帰国後に開いた店といわれています。いわゆる韓国冷麺を、和風にアレンジしたものが別府冷麺です。店によって、麺や具材、スープが異なり、専門店も増えています。

    今回は、地元でも人気が高いと評判の「手のべ冷麺専門店 六盛」へ。羅臼と天然厚葉、2種の昆布と国産牛で時間をかけて取ったというスープは、コクがあるのにあっさりと飲み干せてしまいそうな爽快感。後には旨みだけが残り、まったく雑味がありません。麺はそば粉を配合した手打ちで、ツルンとしたコシのある太麺。歯切れも程よく、スープと一緒にスルスルと喉を通ります。

    冷麺790円(大990円、特大1,150円)。780円で持ち帰りも用意

    トッピングは、自家製の国産牛チャーシューにゆで玉子、そして白菜ではなくキャベツを使ったキムチ。このキャベツのやわらかい食感こそがマッチすると、手づくりしているそう。「女性の人もスープまでペロッと食べるよ」とお店の人が話すのも納得の、毎日食べたくなる1杯です。

    手のべ冷麺専門店 六盛

    住所:別府市松原町7-17
    TEL:0977-22-0445
    営業時間:11:30~14:00、18:00~20:00※スープがなくなり次第終了/水曜休

    源泉豊富な温泉地ならでは 海辺の「砂蒸し風呂」でデトックス

    目の前は海!同時に12名まで体験できる

    「別府海浜砂湯」は、別府湾沿岸の市営温泉。近年では珍しく、砂の浜辺が残る「上人ヶ浜(しょうにんがはま)」にあり、砂湯が体験できるスポットです。砂湯とは、専用の浴衣などを着たまま、温かい砂に横たわり、その上から砂を掛けてもらうもの。温泉の熱を含んだ砂は、最初ほんのり温かさを感じる程度ですが、徐々に体が温まり数分もたつと汗が吹き出すほどに…。屋根を設置しているので、雨天でもシーサイドの砂蒸し体験ができます。

    別府湾に面した好立地。屋根があるので雨天でも砂風呂体験は可能

    砂湯を出たら温泉で砂を落とします。別名「熱の湯」とも呼ばれるナトリウム塩化物泉で、保温・保湿効果が高く、発汗した砂湯後にはぴったりの泉質です。たくさん汗をかき、良質な温泉でさっぱりしたら、ゆっくり空港に向かいましょう。

    別府海浜砂湯

    住所:大分県別府市上人ヶ浜
    TEL:0977-66-5737
    営業時間:(3~11月)8:30~18:00(最終受付17:00)、
    (12~2月)9:00~17:00(最終受付16:00)/第4水曜休(祝日の場合は翌日)

    「おんせん県」だからこそ叶う極上湯体験に、別府グルメ。大切な人とともに、少し贅沢なホテルステイでひと味違う別府の魅力に触れてみてはいかがでしょうか?

    • 記載の内容は2019年10月現在のもので、変更となることがあります。
    • 税抜価格を表示しております

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る