コンテンツへ

掲載日:2020.02.20

あなたはリゾート派?おしゃれゲストハウス派?宮古島のホテル最新事情

ANA's tweet

ラグジュアリーホテルに泊まってもゲストハウスに泊まっても最高の宮古島。ラグジュアリーホテルでは、非日常的な贅沢な気分を楽しめます。記念日旅行や、ちょっと贅沢な女子旅にもおすすめです。一方ゲストハウスはまさに暮らすように過ごすことができます!地元の料理や地元の方との触れ合いも楽しめます。オーナーと仲良くなれば地元の人しか知らない穴場情報が聞けるかも!

近年、新しいホテルが続々とオープンし、滞在の選択肢が広がっている沖縄・宮古島。なかでも1泊50,000円前後~の「ラグジュアリーなリゾート」と、1泊10,000円以内の「おしゃれゲストハウス」が人気を集めています。今回は、おすすめの利用シーンとともに双方の魅力をご紹介!

【ラグジュアリー派におすすめ!】イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古

ロビーからは海とプールが一体となった絶景が望める

マリオット・インターナショナルが全世界で展開するブランドのうち、最上級のホテルブランド「ラグジュアリーコレクション」。世界130の国と地域で古城や砂漠、歴史的建造物などその土地の魅力を活かしたホテルを展開しています。なかでも「イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古」は「時を忘れ、島を感じる」をコンセプトに、伊良部島の美しさを五感で感じることのできるリゾート。島が誇る、さまざまな青が幾重にも連なる“伊良部ブルー”の海を一望する海岸線に立地しています。

日没前後には、宿泊者限定で提供されるシャンパンフリーフローのうれしいサービスが。また、太陽の光を浴びながらの早朝ヨガプログラム(参加費無料)や、島の語り部によるスピリチュアルツアー(6,700円)などのオリジナルアクティビティ、沖縄の素材「クチャ」(海泥)を取り入れたスパトリートメントもおすすめです。

レストランTIN’IN(てぃんいん)。宮古ことばで空(TIN)と海(IN)を意味する

ホテル内のレストラン「TIN’IN」では地産食材をふんだんに使用。琉球技法を取り入れた、ここだけのフランス料理をいただきましょう。

アッパーオーシャンビュールーム

客室は海の色が引き立つアースカラーを基調とし、伊良部島の自然をイメージさせる素材を使用。広いバルコニーやガーデンからは開放的な眺望をひとり占めすることができます。

波の音を聞きながら、刻々と移ろう空と海を楽しもう
イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古

住所:宮古島市伊良部字伊良部長底原818番5
TEL:ホテル代表:0980-74-5511/宿泊予約:03-5488-3948(9:00~18:00)
アクセス:宮古空港から車で約20分
URL:https://www.suihotels.com/iraphsui-miyako_okinawa/

the rescape

Premiere Suite Villa

手つかずの自然が残る宮古島の東海岸沿いに、2019年5月オープンのホテル「the rescape」はあります。島内でも数少ない、海と緑に囲まれた場所で「何もしない贅沢」を体感しましょう。完全プライベート空間のヴィラ棟で、思う存分に羽を伸ばすことができます。

客室のインテリアは沖縄のアーティストによるデザインで、ナチュラルかつ洗練されています。「Premier Suite Villa」は、大型のデイベッドやプライベートプールがついたプレミアタイプのヴィラ。最大5名まで利用可能です。寝室を2つに分けて使用することができるため、3世代での利用や、友人やカップル同士での利用にもおすすめです。

また、施設内にあるミクソロジーバー「Artizan Bar」では、最先端のトレンドと技術を取り入れたカクテルを楽しむことができます。

Premier Suite Villaでは浴室内のバスタブのほか、自然の中のアウトバスもある
Artizan Barでは宮古島産のハーブやフルーツを使ったカクテルを提供
サンライズヨガで健康的に1日をスタートできる

宿泊者が無料で参加できるオリジナルアクティビティも豊富です。毎朝6時30分~7時の間は、朝日が昇るビーチでヨガ体験が行われています。

カスタムバスソルトでボディケアができる

さらに、バスソルトづくりも無料で利用可能です。岩塩、ハーブ、アロマオイルを自分好みに調合したら、客室でのバスタイムにぜひ利用しましょう。ほかにもさまざまなアクティビティが用意されており、充実したホテルステイを楽しむことができます。

the rescape

住所:宮古島市城辺長間1901-1
TEL:0980-74-4120
アクセス:宮古空港から車で15分
URL:https://okinawa-uds.co.jp/hotels/the-rescape/

シギラベイサイドスイート アラマンダ

総客室173室のスイートルームが並ぶ

全室スイートの「シギラベイサイドスイート アラマンダ」は広大な敷地を誇るシギラセブンマイルズリゾートにあるラグジュアリーホテル。小高い丘の上に建ち、各部屋からは宮古ブルーの海を見渡すことができます。施設内にはイタリアン料理や鉄板焼、会席料理をベースとした和琉創作料理、ラウンジの4つのレストランがあり、宮古島の食材を使用した上質な料理を提供しています。

また、リゾート内には日本で唯一、すべてのコースから海が見えるゴルフ場や、丘の上から海に向かって空中散歩ができる全長283mのペアリフト、水着で入るジャングルプールなどが人気の天然温泉の施設があり、大人だけでなく子どもも一緒にリゾートステイを楽しむことができます。

プールヴィララグーンスイートでは、デイベッドでゆったりとした時間を
プールヴィララグーンスイートに備えられたプールからの眺望

「プールヴィララグーンスイート」ではすべての客室にプライベートプールとデイベッドを完備。「プールヴィララグーンスイート」と「プールヴィラロイヤルスイート」に宿泊すると、ウミガメのぬいぐるみがプレゼントされるサービスも。宮古島旅行の記念として、子どもだけでなく大人からも喜ばれているそう。世界的な調香師クリストフ・ラドミール氏によるアラマンダオリジナルのアメニティ「La Bottega」が備えられているのもうれしいポイント。

スーペリアスイートはアジアンファニチャーで統一されている

「プールヴィララグーンスイート」ではすべての客室にプライベートプールとデイベッドを完備。「プールヴィララグーンスイート」と「プールヴィラロイヤルスイート」に宿泊すると、ウミガメのぬいぐるみがプレゼントされるサービスも。宮古島旅行の記念として、子どもだけでなく大人からも喜ばれているそう。世界的な調香師クリストフ・ラドミール氏によるアラマンダオリジナルのアメニティ「La Bottega」が備えられているのもうれしいポイント。

シギラベイサイドスイート アラマンダ

住所:宮古島市上野新里926-25
TEL:0980-74-7100
アクセス:宮古空港から車で15分
URL:https://www.nanseirakuen.com/allamanda/

紺碧ザ・ヴィラオールスイート

景色を引き立てる、シンプルかつ高級感ある室内

大人のリゾートがコンセプトの「紺碧ザ・ヴィラオールスイート」は、8棟のみのプライベートヴィラ。全室オーシャンビューの客室にプールとガゼボ(西洋風の東屋)が設えられています。

室内には18種類のコーヒーを揃え、アメニティはネイチャータッチ社のグリーンポーションを採用。伊良部島の鮮やかな海を眺めながらプール横のガゼボでモーニングコーヒーをいただけば、日常の疲れを忘れてリフレッシュできそうです。

夜になれば、頭上には満天の星空が。自然に囲まれた伊良部島は、数多の星々を観測できることで有名です。天気がよければかなりの確率で見ることができるという天の川は必見。各部屋に置かれているワインセラーから好きなワインを1本開ければ、特別な夜を過ごすことができるでしょう。

夜になるとプールはライトアップされ、幻想的な雰囲気に

テラスでBBQを満喫するプランもおすすめです。沖縄で生まれ、親しまれる「オリオンビール」のサーバーが付いて、なんと終日飲み放題!

レストランの窓からはプール越しに海を望める

施設内にある「Restaurant État d'esprit(レストラン エタデスプリ)」は、伊良部島や宮古島でとれる素材を活かした琉球ガストロノミーのお店。豊かな自然に育まれた島の食材は、おいしいだけでなく滋養にも富んでいるといいます。料理長を務めるのは、宮古島出身の渡真利 泰洋さん。東京やフランスで修業を積んだ腕利きです。絶景とともに、素材とそれにまつわるストーリーの調和を感じられる料理をいただける、贅沢な空間です。

その味は著名人からも絶賛されるほど
紺碧ザ・ヴィラオールスイート

住所:宮古島市伊良部字池間添1195-1
TEL:0980-78-6000
アクセス:宮古空港から車で15分
URL:https://www.konpeki.okinawa

ライター:Atori Hagiwara(minimal)

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

ライフ特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る