コンテンツへ

掲載日:2020.03.05

とろけるビジュアルが最高!都内の絶品チーズ料理レストラン

数年前から続くチーズ料理ブームがとまりません。その人気の秘密は、料理をグレードアップさせてくれるおいしさと、食欲をそそられるビジュアルにあり。最近は、本場からチーズを空輸したり、工房で手作りしてそのまま提供する本格派レストランも続々。今回は、そんな絶品チーズ料理が自慢の都内のレストランをご紹介します。

オービカモッツアレラバー六本木ヒルズ店

3種モッツアレラ盛り合わせ80g 3,500円。左からクラシカ、アッフミカータ、ストラッチャテッラ

こちらは、本物のフレッシュモッツァレラチーズが食べられるお店。イタリア・カンパーニャ州の水牛モッツァレラチーズを週3回空輸。冷凍していないフレッシュモッツァレラチーズのミルクの甘みや弾力感は感動ものです。

本物のおいしさを体験するため、まず注文したいのが「3種モッツアレラ盛り合わせ80g」。モッツァレラチーズを食べ比べできるメニューです。クラシカは、水牛のミルクでつくられた「モッツァレラ・ディ・ブッファラ・カンパーニャ」。DOPというイタリアの特定地域の製法や基準にしたがってつくられたベーシックなタイプ。角(つの)があるのは、手作りされた証です。

真ん中のアッフミカータは、クラシカを藁で燻製して熟成させたもの。独自の燻香がついて香りがひときわアップします。ストラッチャテッラは、袋状のブッラータチーズの中身と同じもの。生クリームのうま味が加わってミルクの甘さが増した味わいはこたえられません。それぞれ口に入れた瞬間、ミルキーさがとろける至福の時間が訪れるでしょう。

トラディッショナルラザニアオービカミートソース水牛モッツァレラ 1,900円

イタリアのモッツアレラチーズを使った料理の多彩さを味わえるのもオービカのポイント。モッツアレラチーズの素材の良さを引き立てるメニューが揃います。どこまでも伸びそうなビジュアルが魅力のラザニアは、写真におさめたい一皿。見た目どおりの弾力感にパスタやミートソースが絡まれば、おいしくないはずがありません!

そのほか、チーズを使ったフリットやピザ、パスタはもちろん、生ハムやミラノ風カツレツ、ビステッカなど伝統の郷土料理のおいしさも抜群。イタリアの食文化が育んだ、本場のチーズと料理をいただきたいなら、出かけたいお店です。

オービカモッツァレラバー 六本木ヒルズ店

住所:東京都港区六本木6-4-1 六本木ヒルズ ハリウッドビューティープラザ1F
TEL:050-3139-1216
営業時間:日~木曜・祝日 11:00~23:00(L.O. 22:00)、金曜・土曜・祝前日 11:00~24:00(L.O. 23:00)/無休

SHIBUYA CHEESE STAND(代々木公園)

「街に出来立てのチーズを」をコンセプトに、渋谷の工房で毎日手作り。チーズは保存料などの添加物を使用せず、ミルクそのものの新鮮なおいしさが届けられています。

テイクアウトもできますが、おすすめはイートイン。店内の中央にチーズ工房があり、目の前でチーズができる様子を眺めながら、できあがったばかりのチーズをいただくことも。職人ならではの手さばきで、チーズが高く伸ばされているのは、まるでエンターテイメント。それだけでワクワク感が止まりません。

出来たてモッツァレラ&リコッタ 660円(税込)

SHIBUYA CHEESE STANDにきたら先ずはこれ!「出来たてモッツァレラ&リコッタ」は、出来たてフレッシュなチーズを食べ比べられる人気メニュー。ミルクの豊かな味わいをシンプルに楽しみましょう。ここだけの味わいをかみしめてみてはいかがでしょうか。

のびるチーズケーキ 450円(税込)

出来たてのチーズ以外にも、チーズ工房ならではのメニューが勢ぞろい。サンドイッチは、できるだけ無農薬や有機栽培の野菜を使用。ピッツァはイタリアの食材を多く使い薄軽いグラハム粉の生地を使用し、チーズを味わうための工夫があります。

カフェタイムにいただきたいのが、のびるチーズケーキ。その名のとおり、フォークで引き上げると、チーズがみるみる伸びていきます。こんがり焼かれたチーズの香りもたまらず、あとを引くおいしさです。

そのほか珍しいのが、牛乳がチーズになる過程で分離するホエーを使ったドリンクやアルコール。季節のフルーツやリキュールで割ると、新しい味わい。栄養価が高く、乳酸菌飲料のようなさっぱり感があります。

SHIBUYA CHEESE STAND

住所:東京都渋谷区神山町5-8
TEL:03-6407-9806
営業時間:11:00~22:30(L.O. 21:30)、日曜 11:00~20:00/月曜休

DAIGOMI南青山(表参道)

厚切りベーコンのラクレットがけ 1,600円

日本のチーズの可能性を追求した、チーズ好きのためのお店。日本各地のチーズを取り寄せ、国産の食材や飲み物にこだわって仕入れられています。こちらのお店は、めくるめくチーズ体験の仕掛けとして、金曜・土曜・日曜はコース料理のみ、平日はコース+アラカルトとなっています。

コース料理といっても、全5品に乾杯用スパークリングワインが付く「酪コース」は、3,500円と利用しやすい値段。チーズ入りの生麩から始まって、カプレーゼ、カマンベールのアヒージョ、厚切りベーコンのラクレットがけ、焼醍醐ケーキと、前菜からメイン、デザートに至るまで、すべてチーズが入ったコースになっています。

チーズ屋さん本気の石焼チーズリゾット 2,800円

コースでも単品でも、インパクトある写真が撮れるのが、ラクレットがけのメニューやチーズリゾット。ラクレットの断面からとろりと重量感たっぷりにとけ出すチーズは、迫力満点。もちろん、そのおいしさも笑顔がとろけてしまうほど。

たとえば、「チーズ屋さん本気の石焼チーズリゾット」は、3種類のチーズを使ったリゾットが、石焼用の器にグツグツした状態で運ばれ、さらに目の前でラクレットチーズをたっぷりかける贅沢さ。食べてみると、中には鹿児島の幸福豚のベーコンも入って、うま味と塩気、チーズの濃厚さが絡まり、絶品。チーズの魅力をこれでもかと感じさせてくれる気合が感じられるでしょう。

DAIGOMI南青山

住所:東京都港区南青山6-15-4 プラウドフラット南青山B1F
TEL:050-5571-9260
営業時間:17:00~23:00(L.O. 22:30)/月曜休

ライター:Nozomi Okamoto(verb)

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

ライフ特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る