コンテンツへ

    掲載日:2020.06.04

    あなたは何級?世界遺産検定に挑戦してみよう!

    旅をするたびに訪れて、気づけばいくつも見学していた世界遺産。古都京都の文化財や日光の社寺、フランスのモン・サン・ミシェル、アメリカのグランド・キャニオン……。あなたがこれまで訪れた世界遺産はいくつですか? そして、その世界遺産についてどれだけ知っていますか? 世界遺産検定とは、「人類共通の財産・宝物である世界遺産を通して、国際的な教養を身に付け、持続可能な社会の発展に寄与する人材の育成を目指した検定」です。2006年にスタートして以来、これまで20万人超が受検し、認定された人は10万人以上。資格を得てから旅立てば、世界遺産をより楽しく、よりディープに味わえることでしょう。そんな世界遺産検定から、今回は例題を難易度順に出題。ぜひチャレンジしてみてくださいね!

    まずは日本と主要なものから! だれでも受験可能な4級

    世界遺産検定で受験資格が必要なのは1級から。2~4級には受験資格はなく、だれでも受検することができます。対象となるのは国内の世界遺産すべてと、海外の主要な世界遺産32件。世界遺産の基礎知識と、日本の世界遺産について理解を深めておくことがポイントです。

    例題:北海道東部にある世界遺産『知床』とほぼ同じ緯度にある世界遺産として、正しいものはどれか。

    1. フィレンツェの歴史地区
    2. パリのセーヌ河岸
    3. ロス・グラシアレス国立公園
    4. サガルマータ国立公園
    2005年に世界自然遺産として登録された知床
    2005年に世界自然遺産として登録された知床

    解答:1.フィレンツェの歴史地区

    知床半島は、気候が穏やかなイタリアのフィレンツェとほぼ同じ緯度。ところが冬でもめったに氷点下になることのないフィレンツェとは異なり、知床半島沿岸では、1月下旬になるとオホーツク海から流氷が接岸し、一面が氷に覆われます。

    出題範囲が100件を超す3級

    3級では対象となる海外の世界遺産が100件に拡大。世界遺産委員会の開催国や、審議された日本の遺産も問われるようになります。

    例題:エジプトの世界遺産『メンフィスのピラミッド地帯』にある三大ピラミッドに含まれないものはどれか。

    1. クフ王のピラミッド
    2. カフラー王のピラミッド
    3. ツタンカーメン王のピラミッド
    4. メンカウラー王のピラミッド
    世界遺産の代表格ともいえるエジプトの三大ピラミッド
    世界遺産の代表格ともいえるエジプトの三大ピラミッド

    解答:3.ツタンカーメン王のピラミッド

    ナイル川西岸のメンフィス周辺には、約30基のピラミッドが点在しています。ギザの三大ピラミッド(クフ王、カフラー王、メンカウラー王)のなかでもっとも大きいクフ王のピラミッドは、平均2.5tの石が約230万個も使われ、建造時には高さが約150mありました。

    例題:ギリシャの世界遺産『アテネのアクロポリス』にある、女神アテナを祀る神殿として、正しいものはどれか。

    1. タルシーン神殿
    2. パルテノン神殿
    3. アスクレピオス神殿
    4. アルテミス神殿
    地理だけでなく世界史の知識も要求される
    地理だけでなく世界史の知識も要求される

    解答:2.パルテノン神殿

    紀元前8世紀頃、ギリシャの人々はアクロポリスと呼ばれる丘に神殿を建て、そこを拠点に集住して都市国家(ポリス)を各地に形成しました。ペルシア戦争に勝利して築かれたのが、戦いと知恵の女神アテナを祀ったパルテノン神殿です。

    合格したら自慢したい! 難易度の上がる2級

    対象となる海外の世界遺産が300件と、3級の3倍にも増える2級。文化的景観、地球の歴史などのように、テーマごとの特徴を押さえて勉強することがポイントです。

    例題:スイスの世界遺産『ラヴォー地域のブドウ畑』で、11世紀頃にブドウ畑を作る指導を行ない、ワイン生産を定着させた修道会として、正しいものはどれか。

    1. シトー会
    2. フランチェスコ会
    3. イエズス会
    4. パウロ会
    丘陵地帯に美しいブドウ畑が延々と広がる
    丘陵地帯に美しいブドウ畑が延々と広がる

    解答:1.シトー会

    レマン湖に沿うように広がるラヴォー地域では、カトリック修道会のベネディクト会とシトー会の指導のもと、11世紀頃からワイン生産が続いていており、現在でも美しい文化的景観を見ることができます。

    例題:メキシコの世界遺産『テオティワカンの古代都市』のピラミッドなどで見られる、傾斜壁と垂直壁を組み合わせた建築様式として、正しいものはどれか。

    1. マヌエル様式
    2. ゴンダール様式
    3. メスティソ様式
    4. タルー・タブレロ様式
    メキシコシティの郊外に巨大なミラミッド群が佇む
    メキシコシティの郊外に巨大なミラミッド群が佇む

    解答:4.タルー・タブレロ様式

    メキシコのテオティワカンは、4~7世紀頃に栄えた古代都市です。遺跡には、タルーと呼ばれる傾斜壁とタブレロと呼ばれる垂直壁を交互に積み上げた建築様式からなる600基ものピラミッドが立ち並んでいます。

    1級は難関! 世界遺産全部が出題範囲

    2級の認定が受検資格となる1級は、すべての世界遺産が出題範囲。細かな登録基準や、世界遺産委員会の審議結果も問われることがあります。それぞれの世界遺産を覚えるだけでなく、横のつながりまで意識しておくことが重要です。

    例題:フランスの世界遺産『タプタプアテア』にある「マラエ」とはなにか。

    1. 狩猟場
    2. 療養施設
    3. 祭祀場
    4. 闘技場
    2017年に世界文化遺産に登録された、タヒチの古代宗教祭祀殿
    2017年に世界文化遺産に登録された、タヒチの古代宗教祭祀殿

    解答:3.祭祀場

    フランス領ポリネシアの『タプタプアテア』は、マラエ(祭祀場)群のあるライアテア島の文化的景観と美しい海、ラグーンやサンゴ礁、森で覆われたふたつの谷の景観で構成されています。

    正解は何問でしたか? 1級に認定された旅の賢人は、その上の難易度である「マイスター」に挑戦できます。解答形式が選択から論述になり、合格することができればだれもがうらやむ世界遺産検定マイスターに。4級から目標に応じて試してみれば、旅の振り返りや予習になって楽しむことができます。

    世界遺産検定の開催は年3回程度。検定日の3~4ヶ月前から申し込み受付が始まります。旅の計画を立てるのもいいけれど、知識を磨くことができる世界遺産検定に申し込んでみるのも、旅のまたひとつの楽しみ方ではないでしょうか。

    世界遺産検定

    • 記載の内容は2020年5月現在のもので、変更となることがあります。
    ライター:Minimal

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る