コンテンツへ

    掲載日:2020.09.10

    幻のワインに出合える!札幌・空知ワイナリー巡り1泊2日

    【2日目 9:00】札幌から三笠に移動

    2日目は、北海道の空知エリアのワイナリーを巡ります。1軒目のワイナリーのある三笠市までは、鉄道・レンタカー・バスともに札幌から1時間程度です。

    【2日目 10:00】タキザワワイナリーで畑散策&テイスティング

    タキザワワイナリーは、オーナーの滝沢信夫さんが50代の頃に一念発起して2006年にブドウ栽培をスタートさせたワイナリー。「北海道でもっといいワインが造れるんじゃないか」という強い思いがあったそうです。ワイン造りは、ブドウについた野生酵母だけで仕込むナチュラルなワイン造りを実践。自社畑のピノ・ノワールとソーヴィニヨン・ブランは高く評価されています。

    20年近く耕作放棄地だった現在の畑を買い取って、3haのブドウ畑に。この辺りの土壌は一般的な粘土質ですが、それほど固くなく、海底が隆起してできています。そのため、ワインはミネラル感のある風味に。近隣の宮本ヴィンヤードやKONDOヴィンヤード、ヤマザキワイナリーと共に空知を代表する銘醸地です。なかでもタキザワヴィンヤードは、南向きの斜面で生育に申し分ありません。近年、農地を広げ、自社畑の比率も5割に高まっています。

    「ワインは地酒。その土地ならではの味わいを出しているものが一番。地の食とのマリアージュができれば、それ以上の幸せはありません。ワインを飲んだことのない人にも、もっと身近にワインを感じて欲しいですね」と滝沢信夫社長。ワインラベルに花の絵が描かれたシリーズは、食卓向け低価格ライン。食卓に花をというイメージがあるそうです。

    事前に予約しておけば、ワイナリー見学も可能です(1,000円)

    ワイナリーでは、日替わりの「テイスティングセット」(3種各50cc、550円)と「グラスワイン」(120cc、440円)が用意されています。テラスや白樺に囲まれた木陰のベンチでいただくのが最高! ここで1時間くらい過ごす人もいるそうです。

    タキザワワイナリー

    住所:北海道三笠市川内841-24
    TEL:01267-2-6755
    営業時間:10:00~16:00/火曜休
    URL:https://www.takizawawinery.jp/

    【2日目 11:30】ヤマザキワイナリーで畑見学&テイスティング

    ヤマザキワイナリーがブドウ栽培をスタートしたのは1998年。元々、米や小麦農家でしたが、ブドウ栽培やワイン造りに活路を見出し、転換。空知の家族経営ワイナリーの先駆けとして、100%自社畑でブドウを育てています。ワインは、シャルドネやピノ・ノワール、ソーヴィニヨン・ブランといったヨーロッパ系品種のみ。どの銘柄も評価が高く、アベレージの高いワイナリーとして評価され、日本ワイナリーアワードでは最高の五つ星を獲得しています。

    タキザワワイナリーとは反対側の斜面にあるのがヤマザキワイナリーの畑です。三笠ジオパーク認定のブドウ畑で、メインとなる畑には1枚の畑の中に、7層の母岩があり、8割が海洋性土壌で、地層によってワインを造り分けているそう。周りに高い山がないので、日照時間が長く、ブドウの垣根の間を通り抜ける乾燥した南風が吹く、好条件が揃っています。

    ヤマザキワイナリーの高品質なワインの理由を栽培担当の山﨑太地さんに聞くと「自社ブドウにこだわっているからだと思います。僕たちは、造りたいワインに向けてブドウを育てているので、結果としてかなりの差が出てくると思います」と教えてくれました。太地さんはいつも畑に出られているので、運が良ければワイナリーショップで見かけることがあるかもしれません。

    今年、生まれ変わったワイナリーショップは、天井がより高くなりました。ワインショップに先駆けていち早く発売されるワインを求めて、土日には地元・空知や札幌からたくさんの人が訪れます。

    2020年いっぱいはテイスティングが中止されていますが、再開後はグラスによる有料試飲をスタートさせる予定だそう。

    ヤマザキワイナリー

    住所:北海道三笠市達布791-22
    TEL:01267-4-4410
    営業時間:土曜・日曜・祝日のみ営業10:00~17:00
    URL:http://www.yamazaki-winery.co.jp

    【2日目 13:00】くりやまアンド・アムでランチ

    くりやまアンド・アムは、岩見沢市栗沢町に隣接した栗山町にある本格イタリアンレストラン。空知のワインと食事を楽しめる店として、オープンしました。こちらでは、抽選販売だけで売切れてしまう人気のKONDOヴィンヤードのワインがグラスでいただけるのがポイント。ワイナリー巡りをした人の巡礼ポイントとしても知られ、ワインメーカーズディナーやワインフェアが行われることもあります。

    前菜、スープ、パン、パスタorピザ、デザートのランチセット 1,870円(税込)に+800円でメイン料理をつけることが可能。この日のメインは、栗山産夏鹿のグリル。大喜多シェフの料理は、ユニークなひと工夫があります
    前菜、スープ、パン、パスタorピザ、デザートのランチセット 1,870円(税込)に+800円でメイン料理をつけることが可能。
    この日のメインは、栗山産夏鹿のグリル。大喜多シェフの料理は、ユニークなひと工夫があります
    左からKONDOヴィンヤード「tap-kopピノノワール2016」「tap-kop ブラン-z 2015」「moseusiロゼ2017」。KONDOヴィンヤードのワインはグラス700円~
    左からKONDOヴィンヤード「tap-kopピノノワール2016」「tap-kop ブラン-z 2015」
    「moseusiロゼ2017」。KONDOヴィンヤードのワインはグラス700円~

    KONDOヴィンヤードは、ナカザワヴィンヤードと同じ栗澤ワインズで醸造。完熟スタイルのワインが魅力で、ソーヴィニヨン・ブランからは白トリュフの香り、ピノノワールからは畑のうま味が凝縮した味が楽しめます。運が良ければ、熟成したワインが出ることも。「moseusiロゼ」は、このエリアだけに出荷される限定ワインなので、出合えたらラッキーです!

    くりやまアンド・アム

    住所:北海道夕張郡栗山町湯地22-64
    TEL:0123-76-7558
    営業時間:11:00~15:00、17:30~20:00/水曜休

    【2日目 14:30】宝水ワイナリーで畑散策&ワイナリー見学

    2004年に設立された宝水ワイナリーは、映画『ぶどうのなみだ』(主演:大泉洋)の舞台になったことでも知られています。ワイナリーの建物は小樽の鉄工所から移設した貴重なもの。映画のセットに使われた風車や室内の様子を見学しに、九州からファンが訪れることもあるそう。ワインは、自社畑のRICCAシリーズと生食用ブドウで造られた宝水シリーズがあります。なかでもラベルに雪の結晶があしらわれた「RICCA雪の系譜シャルドネ」は、人気ワイン漫画『神の雫』に取り上げられたこともあるほど。冷涼地ならではの、伸びやかできれいな酸が魅力です。

    映画『ぶどうのなみだ』の主人公・アオの部屋は、映画そのままに残されています

    1階のワイナリーショップでは、毎日2種類程度のワインが無料で提供されています。ワインのほか、札幌近郊や地元作家のアートグッズや絵葉書、キーホルダーなどのおみやげも買えます。

    ワイナリーの醸造設備は、ワイナリーショップの2階からガラス越しに見学することができます。もっと詳しく知りたい場合は、予約をすればワイナリーを説明してもらえます(100円)。写真は、倉内武美社長がスパークリングワインの製法について語っている様子。宝水ワイナリーでは瓶内二次発酵というシャンパンと同じ手間のかかる方法で造られたスパークリングワインもあります。

    ワイナリーショップの向かいに広がる畑は、映画『ぶどうのなみだ』のポスターの背景にもなりました。自由に見学できますが、収穫時期は立ち入り禁止です。訪れた7月中旬はちょうど花の時期でした。

    「ブドウの花や実は、上向きに線香花火みたいになるのがかわいいでしょ。でも、実が大きくなると垂れ下がっていくから不思議ですよね」と倉内社長。ブドウをやさしく見守っているのが伝わってきました。

    宝水ワイナリーのもう1つの名物ソフトクリーム。「赤ブドウ 450円」をおやつにいただきました
    宝水ワイナリー

    住所:北海道岩見沢市宝水町364-3
    TEL:0126-20-1810
    営業時間:10:00~17:00/無休
    URL:http://housui-winery.co.jp

    【2日目 18:30】新千歳空港発の便で帰路に

    宝水ワイナリーを後にして、夕方~夜の便で新千歳空港へ向かいます。鉄道で岩見沢駅を利用する場合は、駅前にあるクラモチコーポレーションや空知ワインステーション、天狗まんじゅうでおみやげを買うのもおすすめです。

    札幌と空知で地元、北海道のワイン三昧の旅はここまで。ブドウがどんな畑で育っているのかを知ると、自然と畑の景色が思い浮かぶようになります。ワイナリー巡りをした後は、帰ってからのワイン時間が、いっそう豊かになるはずです。

    • 記載の内容は2020年7月現在のもので、変更となることがあります。
    • 税抜価格を表示しております。

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る