コンテンツへ

    掲載日:2020.11.26

    行列せずに食べ比べ! 全国の人気餃子店のお取り寄せ5選

    日本全国にはご当地を代表する餃子の名店がずらり。予約困難で、行列必至の人気店もあります。今回は人気餃子店ながら、通販でお取り寄せできるものをセレクト。おうちでホットプレートを囲んで、餃子パーティーで食べくらべするのもおすすめです。それぞれ取り寄せて、みんなでそのおいしさを味わってみましょう!

    宇都宮みんみん(栃木県)

    宇都宮は、全国で1、2を争う餃子の街。そんな中でも、超有名店としてまず名前があがるのが「宇都宮みんみん」です。宇都宮市内に何店舗かありますが、本店は休日に1時間待ちの行列ができるほどの人気ぶり。昭和33年の開店以来、創業者が北京で覚えた味に工夫が加えられて、みんなに愛される餃子が完成しました。

    宇都宮みんみんの凄さは、シンプルに餃子の味だけで勝負しているところ。店内でいただけるメニューは、焼餃子、揚餃子、水餃子がベースで、あとはごはんや飲み物のみ。それほど、シンプルに餃子の味わいが店の人気の秘訣なのです。

    宇都宮餃子は、野菜が多めなのが特徴です。宇都宮みんみんの場合は、白菜をふんだんに使用した野菜たっぷりのあっさりした味付け。にんにくはうま味だけを残すオリジナルの製法により、においはほとんど気になりません。ビールと一緒に味わえば、何個でもパクパクといけてしまうおいしさがクセになります。これが宇都宮まで行かずとも食べられるのは、なんともありがたいです。

    餃子5人前 1,150円
    餃子5人前 1,150円

    宇都宮みんみんでお取り寄せできるのは、冷凍の生餃子。2人前(12個)460円、3人前(18個)690円、5人前(30個)1,150円です。

    それぞれ人数分の餃子は、調理法次第で焼餃子にも、水餃子にも、揚餃子にもできるのもうれしいポイント。焼餃子や揚餃子は、冷めてもおいしいと評判です。お好みでいくつか使い分けられるのもお取り寄せならではの楽しみ方。焼餃子は、サラダ油を引くか、ごま油を引くかでも味わいが変わってくるので、お好みで油を変えるのもおすすめです。

    宇都宮みんみん

    URL:http://www.minmin.co.jp/store/products/list.php
    TEL:0120-62-3030(受付8:30~17:30/1月1日~3日をのぞき無休)
    FAX番号:0120-88-3216

    ホワイト餃子 高島平店(東京都)

    千葉県野田市発祥のホワイト餃子は、地元では“ホワぎょう”の愛称で親しまれる人気店。テレビで行列のできる店として紹介されていることも多い餃子専門店です。現在、野田本店は餃子の製造が間に合わないため、通信販売が中止されていますが、のれん分けした支店では、受け付けている店舗もあります。本店からおすすめしてもらったのは、東京・高島平店。親子三代で力を合わせてホワイト餃子の味を受け継がれています。こちらの店も人気店で土日は18時ごろには売り切れで閉店してしまうほど。通信販売されている餃子は、お店で毎日手作りされたものが発送されています。

    こんもりとした小判型をした「ホワイト餃子」は、上質の小麦粉を使用し、皮づくりから行い、厳選した材料で真心込めて作られています。具材は、キャベツや白菜、玉ねぎ、ニラの野菜のほか、豚肉が入った具沢山のおいしさ。皮は、こだわりの焼き方でもちもちなのにパリパリ。ごはんを食べなくてもお腹いっぱいになるくらい、食べ応えもあります。

    冷凍焼餃子2人前 650円、冷凍水餃子2人前 960円
    冷凍焼餃子2人前 650円、冷凍水餃子2人前 960円

    ホワイト餃子は、餃子の合計が6人前以上の注文から取り寄せることが可能です。冷凍で届くので、そのまま冷凍庫に入れておけば保存もできます。

    餃子の作り方は、餃子と一緒に説明書がついているので、それに従えばOK。焼餃子は、フライパンに冷凍のまま並べ、多めのお湯を入れて一気に蒸し焼きにすることで、独自の食感を再現することが可能。おうちでもお店の手作りの本格的な味わいが楽しめます。おすすめの食べ方は、付属のラー油とご自宅の醤油を7:3で。おいしさがいっそう引き立ちます。

    ホワイト餃子 高島平店

    注文方法:電話
    TEL:03-3559-1009(木曜・年末年始休)

    元祖浜松餃子 石松(静岡県)

    全国的に知名度が高まっている「浜松餃子」。その特徴とされる、焼餃子を円形に並べ、もやしを添えるスタイルの元祖として知られるのが、「石松」です。昭和28年に浜松駅前に創業以来、餃子激戦区で変わらぬ人気を誇っています。

    その人気の秘訣は、近隣から取り寄せる素材を生かし毎朝、餃子を1つ1つ丁寧に包むこだわりから。お店は1店舗のみ、しかも石松餃子1種類で、ひと月に13万個の餃子を提供しています。土曜・日曜・祝日には長くて2時間待ちになるほど。多数のメディアで取り上げられた実績もさることながら、芸能人がプライベートで来店することもあるそうです。

    石松の餃子は、コク旨なのにあっさりジューシー。男性も女性も一人20個はペロリと食べられるほど、食べ始めたら止まらない味わいです。その魅力は、キャベツの甘みと豚肉のうま味がマッチしているから。

    キャベツは季節ごとに産地を変え、甘みのある素材だけを厳選。あわせる豚肉は、地元・遠州産の豚モモ肉を使用。くさみの少ない部位を使うことで具材のうま味を最高潮に引き立て、深みのある味わいを作り出しています。それを包むのは、なめらかでモチモチ感のある皮。食べてみると、皮と具材、タレが一体となって、おいしいハーモニーを生み出しています。

    石松餃子(1袋20ケ入)×3袋セット 3,240円(税込)
    石松餃子(1袋20ケ入)×3袋セット 3,240円(税込)

    お取り寄せの餃子は、もちろん店舗で販売しているのと同じ製法。お家で元祖・浜松餃子をいただくことができます。配送の際は、冷凍で届けられますが、中の餡がジューシーに仕上がるように急速冷凍で鮮度をキープしています。フライパンで円形に焼くのがおすすめです。

    おうちで食べるときは、石松の自家製タレとラー油に柚子胡椒を混ぜて、ゆずの香りと一緒に食べるのもおすすめ。石松餃子の味わいに爽やかなアクセントが加わります。ぜひ、お店と同じように、もやしを添えて浜松餃子の味わいを楽しんでみましょう。

    元祖浜北本店の内観
    元祖浜北本店の内観
    元祖浜松餃子 石松

    注文方法:オンラインショップ
    URL:http://www.ishimatsu-gyoza.jp

    ぎょうざ処 亮昌(京都府)

    京都生まれの「亮昌」は、地産地消にこだわった餃子で知られています。キャベツは伏見・中島農園、豚肉は京の都もち豚、京の伝統野菜の九条ネギがたっぷり。中華調味料は使わず、かつおだしに味噌を加えた京風。通常の餃子とは違う「和の餃子」が楽しめます。

    そんなこだわりのおいしさがあって、メディアでも頻繁に登場。「ミシュラン京都2020」ではビブグルマン、食べログでは「百名店2019」に掲載されています。そのほかテレビ番組でも取り上げられているほど。和風の味わいで店内も上品さがあるので、女性客も多いお店です。

    京都産の素材が使われた亮昌の餃子は、京料理のような上品で繊細な味わいが魅力です。素材の味を引き立てるために使われている調味料は、かつおだしをベースに京の料亭御用達「山利」のまろやかな味噌を加えたもの。餡にはにんにくが使われていますが、しょうがのほうが多く使われており、爽やかな味わいで食べた後のにおいも気になりません。餃子のタレにもこだわっていて、地元・村山造酢の「千鳥酢」がベースになった酢醤油。店内では黒炒り七味をかけるのが定番。京風和餃子だけに、ごはんとお味噌汁、漬物と一緒に、和定食のようにいただくことができます。

    亮昌ぎょうざ20個 1,760円。贈答用には、木箱入りのセットもある
    亮昌ぎょうざ20個 1,760円。贈答用には、木箱入りのセットもある

    お取り寄せできる餃子は、2種類。20個入りで特製タレが1個のレギュラータイプと、50個入りであげこんぶ和ラー油1瓶と特製タレ3個の木箱入りの贈答用セット(5,500円)が用意されています。

    亮昌の冷凍餃子は、製造後にプトロン凍結機という急速冷凍できる機械を使用。食材のうま味や鮮度を損なわない作り立ての味が楽しめます。豚肉にもキャベツにも九条ネギにもこだわりの素材を厳選した味わいが、そのまま自宅に。シンプルにごはんで食べても、ビールや日本酒に合わせても、ホッとするようなおいしさが楽しめます。

    ぎょうざ処 亮昌

    注文方法:オンラインショップ
    URL:http://sukemasa.kyoto

    高知名物屋台餃子 安兵衛(高知県)

    高知で愛される餃子といえば、酒のアテにも締めにもなる「屋台餃子」。小ぶりで食べやすいおいしさは酒好きから火がつき、女性や子どもにも人気に。一躍、高知名物になりました。その代表格と言えるのが、今年で創業50周年を迎えた「屋台安兵衛」です。高知県内に4店舗あり、2010年に東京に進出。「えびすの安兵衛」は今でも毎日行列が絶えない人気店となっています。

    安兵衛の餃子は、揚げ焼きにした黄金色の見た目とパリパリとした食感がポイント。通常の皮の半分程度の薄さのなかに、餡がぎっしりと詰まっており、アテにも締めにもごはんのおかずにもぴったりで食欲が止まりません!

    餃子の餡に使われているのは、豚肉、キャベツ、ニラ、にんにく、生姜。オーソドックスな組み合わせですが、ニラと生姜は高知の名産で、品質の良い野菜がたっぷり入っているのもおいしさの秘密です。揚げ焼きというと、油っこいのかなと思われがちですが、軽い食感でいただけます。

    手作り生餃子セット中 3,600円
    手作り生餃子セット中 3,600円

    安兵衛の餃子は、お取り寄せでは珍しく、皮と餡を自分で手作りするキットタイプ。レシピが同梱され、冷蔵の状態で届くので、家族や友人たちと手作りできるのもお楽しみポイントです。コツは餡を入れすぎないこと。最初はうまくいかないかもしれませんが、手作りならではの感動も味わえます。

    できあがったら、特製のタレで頂きます。子どもでも食べやすいサイズなので、家族で楽しむもよし、大人だけで屋台風に盛り上がるもよし!

    高知名物屋台餃子 安兵衛

    注文方法:オンラインショップ
    URL:https://www.umaitosa.com/yasubee/

    宇都宮、東京、浜松、京都、高知と、それぞれご当地の魅力が詰まった餃子のお取り寄せ。中国から伝わった餃子がいろいろに変化していったのがおもしろいですね。ぜひご自宅でその味わいを試してみてください。

    • ※記載の内容は2020年9月現在のもので、変更となることがあります。
    • ※税抜価格を表示しております。
    ライター:Nozomi Okamoto(verb)

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る