コンテンツへ

掲載日:2016.06.30

飛行機好きが目指す清澄白河のhane-cafeってどんなとこ?

ブルーボトルコーヒーや、オールプレスエスプレッソなど、海外の人気コーヒーショップが相次いで日本第一号店の出店地として選び、お洒落カフェエリアとして注目を浴びている清澄白河。この土地に、日本全国から飛行機好きたちが訪れるカフェがあると言います。その名も「hane-cafe」。果たしてどんなカフェなのでしょうか。ある昼下がり、「hane-cafe」を訪れてみました。
ANAオリジナル

店先に貼られた注意書きにドキドキしながら扉を開ける

清澄白河駅のA3出口から徒歩3分。大通り沿いにある目的地らしき店先の、ガラス張りの入り口には様々な注意書きが貼ってあってちょっとどきっとします。

営業時間や今月の定休日などのお知らせから、なにやらお達し的な物まで。例えば、

  • 店内撮影は許可を得てから
  • 店内では静かにお過ごしください
  • 3名以上の来店には対応できませんので何卒ご了承くださいませ
  • 乳幼児(未就学児童)のご同伴はご遠慮下さい

など。ちょっと敷居の高い店なのかなとどきどきしながらドアを押してみます。すぐに、店内奥にあるカウンターの向こうから「お好きな席にどうぞ」の声。広々とした店内に、ゆったりと配置された席の1つに座ります。「撮影は許可を得てから」ということだったので、「写真を撮ってもいいですか?」と尋ねると、快く「どうぞ!」との返事。身構える必要は全くありませんでした。

店内入り口から店を見たところ。ゆったりとした座席配置

店内を見回すと、航空関連の懐かしいポスターや、モデルプレーンのあしらわれた壁時計、飛行機関連の各種雑誌が目に入ってきます。

hane-cafe風にアレンジした投影型の壁時計

狙うは平日のみ提供の機内食風ランチメニュー

さて、今回のお目当てはこれ。hane-cafeの名物の「ハネカフェプレート」1000円。メイン、サラダ、デザート、飲み物がまるで機内食のようにワンプレートで提供されます。メインは日替わりで、この日はハンバーグ。

一口サイズのチーズとクラッカーが付いているのも機内食風

そしてもう一つの人気メニューが、飛行機のシルエットが描かれた「ヒコーキラテ」。

カフェラテの上に飛ぶ飛行機がとってもキュート!

単品でオーダーすると500円ですが、ランチセットのドリンクを「ヒコーキラテ」にする場合、プラス200円で変更できます。その他、キッシュプレート900円やオーナーが自らブレンドしたコーヒーハネカフェブレンド450円も人気。なお、食事メニューは平日のみ・数量限定なので注意して。

私設ミュージアムを作りたくてオープン

hane-cafeは、2009年3月、オーナーの守屋明さんが、長年自分で集めた航空関連のコレクションを展示する場を作りたいという思いでオープンしました。

飛行機関連グッズや飛行機関連資料のスクラップが並ぶ

膨大なコレクションは、守屋さんが小学生の頃からコツコツと集め続けたもの。当時テレビで観た「アテンション・プリーズ」というドラマをきっかけに飛行機に興味を持ち、日に日に飛行機にのめりこんでいったとか。想いは日々募り、お母さんに「飛行機に乗りたい」と頼んだところ「お小遣いで乗るならいいわよ」という返答。それ以来、必死でお小遣いを貯めてついに12歳の春、ANAの羽田=小牧線で飛行機デビューを果たしました。

当時子供運賃で2350円。これが記念すべき搭乗券です。

守屋さんの記念すべき初フライト。搭乗券のデザインが愛らしい

「当時は今のように1人で旅する子供のためのサポートがありませんでした。3人掛けの席の真ん中で、両脇を大人に挟まれて、心細いのとわくわくが一体となった感じで。念願の飛行機、初めての冒険。今でもあの興奮は強烈に覚えてますね」と語る守屋さん。

店内に置いてあるスクラップブックで、守屋さんが集めた搭乗券のコレクションを見ることができます。

スクラップブックで搭乗券のデザインの変遷を見ることができる

守屋さんが初めて国際線に乗ったのは大学2年のとき、航空会社が募集した、航空貨物のキャッチフレーズに応募したところ、なんとそれが採用され、その賞品である台湾旅行がプレゼントされました。ロゴ入りのグッズを目当てに応募した守屋さんにとって、思わぬ初国際線のフライトとなったそうです。

大学を卒業後は航空関連の仕事に関わりつつもやはり「飛行機の中で働きたい」という夢を諦めきれず、30歳のときルフトハンザ航空のキャビンアテンダント職の採用を見つけ応募。見事採用され、それから15年の間、ドイツを拠点に世界の空を飛び回りました。

小さな空間を舞台に、少しずつ夢を実現

当初は老後にのんびりやろうと思っていたカフェですが、体力的にも年齢的にも、リカバリーがきくうちにと思い、47歳のときこの地にカフェをオープン。試行錯誤しながら今に至るといいます。3年前から兼ねてから構想を練っていた食事メニューを開始。現在は、日本各地の航空ファンはもちろん、台湾やフランスからも、お客さんが訪れるそう。

数年前からおひとりで営業しているため、大人数でお客さんがいらっしゃると対応ができなく、やむなく3名以上の来店はご遠慮いただくということにされたそう。また落ち着いた環境で飛行機について思いを巡らしたいと望まれるお客様も多いので、「静かにお過ごしください」という張り紙をしていますが、守屋さんご自身は、手の空いたときにお客さんと飛行機談義ができるととても嬉しいそうです。

しかし、これだけ飛行機に乗ることを愛する守屋さん。カフェを営んでいると、実際に自分が乗る暇がなくて、ストレスなんじゃないでしょうか。そう尋ねるとにこりと笑って「トイレに行ってみてください」との言葉。トイレのドアを開けると……

マスターが撮影した機窓の写真が飾られる

トイレの壁には、機内の窓からみた空の写真が飾られています。これは、守屋さんご自身が撮られたもの。

去年あたりから定期的に休みを取り、極力飛行機に乗るようにしているということ。以前は、フライトログにサインをもらうため通路側に座ることが多かったけれど、今は窓際に陣取り、写真を撮り続けるのが専らの過ごし方だといいます。季節によって違う空の色、雲の様子を眺めたり、ときには高速ですれ違う飛行機を見つけたりして、1人興奮するとか。

最後に守屋さんに、今後の夢を訊いてみました。不可能に近いんだけど、と前置きをした上で教えてくれたのは、店全体を機内のようなデザインにするという構想。保安上の理由から最近では市場に出回る中古の飛行機のシートがとても少なく、実現するのは難しいということですが、その空間を想像するだけでもワクワクします。
もうひとつ、「これも全く不可能なんだけどね、ボーイング727やダグラスDC8など、もう日本の空を飛んでいない飛行機に乗りたいですね。今の飛行機は、素晴らしいことなのですが、快適過ぎて、少し物足りないんですよね。エンジン音や振動、気流の動きなど、昔の飛行機には飛行機との一体感がありました。もっとあの時代に乗っておけばよかった」。

懐かしそうに夢を語る守屋さん。でもここに来れば、守屋さんが飛行機とともに歩んだ歴史を一緒に感じることができます。それこそが、このカフェの最大の魅力かもしれません。

hane-cafe

www.facebook.com/hanecafe/
東京都江東区三好1-8-4 1F
03-5620-0387
11:30~18:00
定休日はFacebook確認のこと。
ランチメニューは平日のみ数量限定。土日祝日は飲み物とお菓子のみ。
3名以上の来店での対応は不可。未就学児童の来店はご遠慮ください。

ライター:Naoko Sumita

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

ライフ特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る