コンテンツへ

掲載日:2016.10.27

旅をワンランクアップさせる、クアラルンプールの美しいホテル

次の休暇は、アジアの喧騒を楽しみながらも、都会的でおしゃれなホテルにステイしたい…と欲張りな希望を抱く女性は、マレーシアの首都クアラルンプールがおすすめです。 ほんの少しホテルのグレードを上げるだけで、旅は何倍も快適に、そして楽しいものになります。日本ではなかなか敷居が高いラグジュアリーブランドのホテルも、クアラルンプールなら比較的リーズナブルに泊まれるのも魅力。 そこで、ご褒美旅にもおすすめの、クアラルンプールの美しいホテルを紹介します。ホテルステイを楽しむためにクアラルンプールへ。そんな贅沢な旅もいいものです。
ANAオリジナル

究極の癒しを得られるスパが評判 ザ・リッツ・カールトン クアラルンプール

にぎやかなショッピングエリア、ブキッ・ビンタンにありながら、ホテルに一歩踏み込んだとたん、喧騒から遠く離れた優美な空間に包まれます。

ロビーエリア

世界中のセレブが愛するザ・リッツ・カールトンの名にふさわしく、広々とした客室に上質なアメニティがそろい、ゲストへのパーソナルサービスが行き届いています。「世界でもっともリーズナブルなリッツ・カールトン」という噂もあるほどで、思いのほかリーズナブルに最上級の体験を得ることができます。

いちばんグレードの低いデラックス・ルームで33㎡。バトラーサービスも
点心が人気の受賞レストラン「麗苑」
自然素材を使ったスパトリートメントがおすすめ

ザ・リッツ・カールトン クアラルンプールは、スパ施設のよさでも知られています。マレーシアの伝統的なヒーリングアイテムを使ったトリートメントが人気で、スパ目的でゆったりと休日を過ごすのもおすすめです。

きらめくツインタワーの夜景を眺めながら… グランドハイアット・クアラルンプール

クアラルンプールのランドマークとなっているペトロナス・ツインタワー。その高さ452mの超高層ビルの迫力ビューを楽しめるのがグランドハイアットです。

吹き抜けになったロビーからツインタワーを望む

日中の風景もさることながら、ダイヤモンドのように輝く夜のツインタワーは格別な美しさ。39階にあるロビーをはじめ、レストランや一部の客室からも、うっとりするような夜景を楽しめます。

夜景を楽しみながら、夢のようなバスタイム。こちらはスイート
カーテンを開けて眠りたい。グランド・デラックス
優雅なアフタヌーンティーはThirty8で

絶景ビューを眺めながらぜひ楽しんでほしいのが、38階にあるレストラン「Thirty8」でのアフタヌーンティー。のんびりアフタヌーンティーのあとは、夜景の時間まで徒歩10分もかからないツインタワーへ出かけるもよし。ホテル内のスパでキレイを磨くのもよし。大型ショッピングセンターにも隣接しているので、ショッピングにも困りません。

都会にいながらリゾート気分を味わう シャングリ・ラ クアラルンプール

ビジネスユースにも人気があるシャングリ・ラは、都会の真ん中にありながら緑に包まれ、ゆったりとしたリゾート気分が味わえるのが特徴です。

スケジュールを詰め込まないで、プールでのんびりする時間も確保!

アジアを中心にホテルを展開するシャングリ・ラは、高級感あふれるデザインと行き届いたサービスが自慢。レストランの質の高さにも定評があります。

南国らしい開放的な雰囲気のロビーラウンジ
迷路のようになった庭園を散策してみて
落ち着いた雰囲気のデラックス・ルーム

ビジネス客だけでなく、女性同士やファミリーにも支持される、オールマイティなサービスとファシリティを備えています。周辺はバーやレストランが多く、少しおしゃれしてナイトライフも楽しめそうです。

美しいコロニアル建築で優雅な時間を ホテル・マジェスティック・クアラルンプール

1930年代に建築された歴史的価値のあるコロニアル建築のホテル。クアラルンプール駅に面し、多くの観光名所が集中するエリアに位置します。

ノスタルジックな雰囲気の「ドローイング・ルーム」でアフタヌーンティーを

創業当時の建物を丁寧に修復し、さらに背後に15階建てのタワーを新築しました。5階建ての旧館「マジェスティック・ウイング」はスイートが中心。まるでタイムスリップしたような感覚を覚える、優美な雰囲気。歴史を刻んできた空間を生かしながら、モダンな設備がそろっています。
一方、新館となる「タワー・ウイング」はデラックス・ルームを中心とし、スタイリッシュなインテリア。若い女性にはこちらのほうが、人気があるそうです。

マジェスティック・ウイングのコロニアル・スイート
市松模様のタイル床に猫足のバスタブ!
タワー・ウイングのデラックス・ルーム

かつて男性の社交場だったホテルというだけあって、歴史を感じるシガールームやジェントルマンのグルーミングルームなど、一風変わった施設も興味深いものがあります。でも女性には、マレーシアの伝統的なトリートメントを取り入れたスパ「ザ・マジェスティック・スパ」のほうが魅力的ですね。

Hotel Majestic Kuala Lumpur

URL:http://www.majestickl.com

リーズナブルに快適な空間を味わう アロフト・クアラルンプール・セントラル

セントレジスやシェラトンといった高級ホテルを抱えるホテルグループ、スターウッド・ホテルズ&リゾーツが展開するアロフト。スタイリッシュなデザインホテルでありながら、リーズナブルな価格を実現し、女子旅に人気があります。

どこか未来的な雰囲気のロビー

いわゆる高級ホテルに比べるとサービスやアメニティといったところで見劣りしますが、インターネット環境を整え、合理的かつ機能的に造られているので「逆に快適」と、若い人を中心に支持されています。

リゾート気分をたっぷり味わえるプール
早朝から深夜まで営業するレストラン「nook」
シンプルだけど、遊び心あふれるインテリアの客室

KLセントラル駅に隣接し、すぐ近くにショッピングセンターもあります。観光の拠点にも便利ですし、プールでのんびり過ごしてもOK。自分だけのクアラルンプール旅行を気ままに楽しめるのがいいところです。

高級ホテルもほかのエリアに比べてリーズナブルなクアラルンプールですから、少し背伸びして憧れのホテルに泊まってみてください。
きっとこれまで知らなかった新しいホテルの楽しみ方、新しい旅のスタイルが見えてくるはずです。

ライター:Hikaru Arasawa
Cover Photo by Grand Hyatt Kuala Lumpur

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

ライフ特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る