コンテンツへ

掲載日:2016.12.01

今だからこそ楽しめる!冬の北海道の魅力はこれだ!

冬の北海道は寒くていや……そう思っていませんか?でも冬の北海道には楽しみがいっぱいなんです!今回は、冬だからこそ楽しめる、北海道の魅力をご紹介いたします。

ANA's tweet

冬のイベントでぜひ訪れてほしいのが「支笏湖氷濤まつり」。
ダイナミックな氷像とカラフルなライトアップが冬の北海道ならではで目新しいです。
ぐっと気温が冷え込む中で飲むホットドリンクは格別。
新千歳空港からもバスで1時間程度と、比較的アクセスしやすいのも魅力的です。
ぜひ支笏湖温泉と合わせて訪れてみてください。

ANAオリジナル

冬ならではの北海道のアクティビティを満喫!

冬の北海道の楽しみはアウトドアにこそあり!本州とは桁違いの寒さになる北海道ではウィンタースポーツだけでなく、流氷や氷の上でのアクティビティなどが豊富です。

スキー

スキー

言わずと知れた冬のアクティビティの代表格。新千歳空港からなら、スケールの大きさとパウダースノーで外国人スキーヤーにも大人気のニセコスキー場や、洞爺湖と羊蹄山を一望する眺望が自慢のルスツスキー場、旭川空港からなら、ドラマ『北の国から』で知られる富良野にある富良野スキー場や、星野リゾート直結のトマムスキー場、十勝平野を望む解放感たっぷりのサホロなど、ダイナミックなパノラマと滑降が楽しめるスキー場が目白押し。ゆったりとしていて、ピーク時でもスキーヤーで混み合わないのが魅力です。札幌ステイも楽しみたいと言う方は、札幌国際スキー場はいかが?札幌駅からバスでおよそ90分でふかふかのパウダースノーが。札幌観光とスキー、両方楽しめるのが北海道の魅力です。

スノーシュー

スノーシュー

近年人気のスノーシュー。いわゆる“かんじき”を履いて、雪の上を歩くアクティビティです。草が生えていたり急勾配だったりで普通では歩くことのできない山の中でも雪の上なら歩くことができるので、いつもとは違う森の表情を見ることができます。辺り一面白銀の世界なので、野鳥や動物が見つけやすいのも特徴。フクロウやキツネなどを見ることができるかもしれませんよ!

ワカサギ釣り

ワカサギ釣り

ワカサギ釣りも冬ならではの楽しみ。凍った湖に穴を開けてワカサギを釣り上げます。釣ったワカサギはその場で天ぷらにして召し上がれ。氷点下の世界もこの楽しさの前にはなんのその。気がつくと1日経っていたなんていうこともあります。シーズンは1~3月、網走湖や阿寒湖、糠平湖、大沼公園などで体験できます。

流氷クルーズ

流氷クルーズ

北海道の冬の風物詩、流氷。毎年2月頃、ロシアのアムール川河口でできた氷が海流に乗って北海道沿岸に押し寄せます。その流氷を見るのに最適なのが流氷クルーズ。道東の紋別や網走、羅臼から流氷クルーズがでています。氷上では、羽根を休めるオジロワシの姿も。日本全国の中でも北海道でしか見ることのできない光景です。

流氷ダイビング

流氷ダイビング

氷上の絶景を堪能したらこの氷の下の世界も見てみたくなりませんか?冬の北海道の究極のアクティビティといえば、流氷ダイビング!ダイビングの認定証は必要とはいえ、氷上とは全く違う幻想的な世界は一生の思い出になりそう。水温は0℃~−1℃とかなり冷たいですが、ドライスーツを着ているのでなんとか大丈夫。運が良ければ、北の海の妖精、クリオネも見ることができます。

アクティビティ以外にも冬のイベントも必見です。

層雲峡温泉 氷瀑まつり

旭川空港からクルマで2時間ほどのところにある層雲峡では1月下旬から3月中旬まで「層雲峡温泉 氷瀑まつり」が開催されます。

層雲峡氷瀑祭り

この季節、流れ落ちる滝は凍り付き氷瀑となります。夜にはこの滝や、石狩川沿い造られた氷の建造物が神秘的にライトアップされます。週末には花火も。寒い季節ならではのイベントです。

層雲峡氷瀑祭り

URL:http://www.sounkyo.net/event/detail.php?id=3

ロマンティックな冬の森を散策

雪に包まれた冬の森はとてもロマンティック。新富良野プリンスホテルに隣接されたニングルテラスは、森の中に点在するログハウスタイプのショップやカフェは遊歩道で結ばれ、森を散策しながら巡ることができます。夕方からはライトアップされ雰囲気満点です。ショップでは富良野ならではのクラフト製品を販売。富良野ならアフタースキーも楽しみが満載です。

写真提供:トリップアドバイザー

雪見露天風呂

札幌市内から車で片道約30分と、アクセス至便な定山渓温泉。「定山渓鶴雅リゾートスパ 森の謌」の露天風呂は豊かな森に包まれています。深緑あふれる夏の風景から一転、冬は一面の雪化粧。純白の世界を眺めながらの入浴タイムは、リラックス効果が一層高まりそうです。宿泊はもちろん、ランチやエステプランが含まれた日帰り入浴が可能(要予約)なので、札幌から足をのばすのもいいでしょう。

写真提供:トリップアドバイザー
定山渓鶴雅リゾートスパ 森の謌

URL:http://www.morino-uta.com/

アイスバー&氷上露天風呂

大雪山国立公園の南端に位置する然別湖には、冬季限定で「幻の村」しかりべつ湖コタンが登場します(2017年1月28日からオープン予定)。建物は湖上に降り積もった雪を固めたアイスブロックを積み上げてできており、毎年異なるデザインで訪れる人の目を楽しませています。なかでも注目はアイスバー。こちらも建物は雪と氷だけでできたイグルー内で営業します。

写真提供:トリップアドバイザー

昼は温かいドリンクが飲めるカフェ、夜は20種類以上のカクテルが楽しめるバーとして営業するアイスバー。カクテルは氷でできた器に入れて、キンキンに冷えた状態で楽しめますよ!

写真提供:トリップアドバイザー

世界にひとつだけの絶景が楽しめる氷上露天風呂も、しかりべつ湖コタンの名物。湖畔の源泉から温泉を直接引き込んでいます。結氷した氷の上で楽しむポッカポカの露天風呂は、ここだけで楽しめる不思議体験です。

写真提供:トリップアドバイザー
しかりべつ湖コタン

URL:http://www.nature-center.jp/kotan/

いかがでしたか?冬だからこそ楽しめるイベントが満載の北海道。これを機に北海道旅行の計画を立ててみてはいかがでしょうか?

ライター:Yuki Morimoto

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

ライフ特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
ページの先頭に戻る